この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

四柱推命学入門―偶然と必然を科学する 単行本 – 2008/3/25

5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,240
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 占い| ゲッターズ飯田などの人気占い本やスピリチュアル本、風水、タロット、西洋占星術 など、幅広いジャンルの本をラインアップ。占いの本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

中国運命学の思想と基礎知識、生年月日時の補正のしかた、四柱八字と大運の出し方、具体的事象の推し方など、四柱推命による命運の推し方を手順にそって説明した、理論と実証に基づいた本格的命理解説書。

出版社からのコメント

増補改訂に際し、最新の考え方を反映し、24ページ実例の解説を追加しました。女子フィギュアスケート選手、有名アーティストなど取り上げ解命しています。さらに理解が深まる内容・構成です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 359ページ
  • 出版社: 希林館; 増補改訂版 (2008/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4434105019
  • ISBN-13: 978-4434105012
  • 発売日: 2008/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 824,643位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
日本の四柱推命市場は、とかく、はっきりさせることを恐れることが多く、吉凶をはっきりつけ、不要なものを排除し、レベルの向上に貢献することが少ないものが多くありました。
しかし、本書は命理学の改革に貢献することに間違いありません。
小山内氏やその支持者は「四柱推命」というより、中国の清代まで使われてきた「子平」という言葉を使うのも、改革意識の表れです。
日本の四柱推命でしっくりこなかった方はこちらをお勧めします。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
子平は宋代に、現在の形式に接近した、といわれます。
おそらく、そうでしょう。

年の起点が冬至であれば、漢代の遁甲です。
立春ならば、六壬で、西洋(太陽)占星術とおなじです。
ゆえに六壬の適用期間は一年以内となるわけです。

子平という名称が宋代以降の名称である以上、年の起点は立春です。
鑑定において的中するとは限りませんが、数千の実例の結果、冬至と主張されるのであれば、
「そうですか」といえますが、そうではないようです。

命のみ重視し、卜、相を否定されるのであれば、ついでに子平も否定されてはいかがでしょうか?

著者の見解は、非常にアンバランスで、どうやら、極度の勉強不足のようです。
東洋の学術は、西洋の理系的学術とは違って、幅がなければ、深さは得られないのです。

著者は、研究以前に、学習段階における、学習の方法論、研究の方法論の違いを認識されるべきです。

著者の発言は間違ってはいません。
八字は、子平となる以前には、格などはなかったでしょう。
また、十干の性情が、遁甲と密接に関連したのも、子平以降かも知れません。

しかし、
そんなことは、研究者
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
と内容は重複してますが最初みた時は四柱推命への理解の壁にぶつかってた頃だったのでこの本を通して理解が進んだことを覚えてます
余計なものをばっさり落とした斬新な鑑定方に共感しました。
むろんすべてではありませんが私にとっては得るものが多々あった良書です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
滴天髄の本を出してる人ですからさぞや内容が凄いんだろうと思ってたのですが、残念ながらハズレだったみたいです。役に立ちそうにありません。滴天髄を書いた昔の中国人が神殺星だけでなく支合も否定していたとは初耳で驚きでした。素人でも何年か友人、知人、芸能人、政治家などを調べれば、神殺星はまったく必要無いことに気付きます。既に現地の何百年前の人が神殺星を捨てていた事に感謝と安心感、信頼性が得られました。日本の四柱推命家でも否定してる人もいますが1部分は使います。滴天髄を読んでも神殺星を捨てない四柱推命家が多いのが不思議です。滴天髄の歴史的な話は役にたったのですが著者は帝旺などの地支星まで捨ててますが、自分としては使えると思うのですが、どうなんでしょう。何十年も四柱推命など西洋占星術、宿曜占星術、を注意深くみてきましたけど、著者の変な鑑定のやり方が解りにくいし、しっくりしません、レノン、マッカートニー鑑定の解説も大雑把で、当てずっぽうな内容です。自分はビートルズ、レノン、マッカートニー、小野洋子が好きである程度、解散からソロまでの成り行きを見聞きしてますが、あまり言い当ててるとは思われません。他の専門家の方の解説が役に立ちますし、面白いです。また、血液型に何かこだわってるみたいですけどそんな無駄な事ををダラダラ書いてあり、うんざりする文章も中にはあります。他の事でもさほど鑑定に重要ではないこと...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック