四月は君の嘘 DVD 通常版 がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,104
1pt
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

四月は君の嘘 DVD 通常版

5つ星のうち 3.3 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,143 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 961 (23%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 3,143より 中古品の出品:1¥ 3,899より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 四月は君の嘘 DVD 通常版
  • +
  • 怒り DVD 通常版
  • +
  • デスノート Light up the NEW world [DVD]
総額: ¥8,963
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 広瀬すず, 山﨑賢人, 石井杏奈, 中川大志, 甲本雅裕
  • 監督: 新城毅彦
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2017/04/12
  • 時間: 122 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01N32DT6Y
  • JAN: 4988104106513
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 579位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

一つの嘘が奇跡を起こす、切ない青春ラブストーリー待望の実写映画化!
彼女の嘘に隠された切ない真実に、誰もがきっと涙する

★累計発行部数500万部を超える大人気漫画「四月は君の嘘」が実写映画化!
★今、最も旬で透明感あふれる二人、広瀬すず×山﨑賢人が青春ラブストーリーで初共演!
★さらに、石井杏奈や中川大志と最高にフレッシュな組み合わせが実現! !
★淡く揺れ動く心情を丁寧に描くことで知られる恋愛映画の名手・新城毅彦監督!
★主題歌は、いきものがかり!


【収録内容】
(本編ディスク)
DVD/カラー/片面2層/16:9LBビスタサイズ /本編122分+特典/2016年/日本
音声)1)日本語ドルビーデジタル 5.1ch 2)日本語ドルビーデジタル 2.0ch
字幕)1)日本語字幕

【映像特典】
(本編ディスク)
■予告編集(特報/予告/TVスポット)

【ストーリー】
「君と出逢ったその日から世界が色付き始める」
完全無欠、正確無比、ヒューマンメトロノームと称された天才ピアニスト・有馬公生(山﨑賢人)は、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまう。
高校2年生となった4月のある日、公生は幼馴染の澤部 椿(石井杏奈)と渡 亮太(中川大志)に誘われ、ヴァイオリニスト・宮園かをり(広瀬すず)と出会う。
勝気で、自由奔放、まるで空に浮かぶ雲のように掴みどころのない性格―
そんなかをりの自由で豊かで楽しげな演奏に惹かれていく公生。
かをりの強引な誘いをきっかけに公生はピアノと“母との思い出"に再び向き合い始める。
ようやく動き出した公生の時間。
だが、かをりの身体は重い病に侵されていて…。


【キャスト】
広瀬すず 山﨑賢人
石井杏奈 中川大志/甲本雅裕 本田博太郎
板谷由夏 檀 れい

【スタッフ】
原作:新川直司「四月は君の嘘」(講談社「月刊少年マガジン」所載)
脚本:龍居由佳里 音楽:吉俣 良 監督:新城毅彦
主題歌:「ラストシーン」いきものがかり(EPICレコードジャパン)
挿入歌:「君なんだよ」wacci(EPICレコードジャパン)
(C)2016フジテレビジョン 講談社 東宝 (C)新川直司/講談社
発売元:フジテレビジョン 販売元:東宝

※商品仕様・デザインは予告なく変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

新川直司の人気コミックを映画化した青春ラブストーリー。天才ピアニスト・有馬公生は、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまう。高校2年生になった4月のある日、公生は幼馴染みの澤部椿と渡亮太に誘われ、ヴァイオリニスト・宮園かをりと出会う。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
この物語、自分は大好きで、マンガを読んでいましたが、アニメは観ていません。
この映画は、特に演奏シーンを実写でどう表現するのか?実写化って、難しいよね?。。そこが気になって劇場に足を運びました。
結果は、Good!
原作のイメージを崩さず、音楽素人にも解りやすい、満足できる映像表現でした。
ストーリーも、原作の中から必要最小限だけを集めて、コンパクトにうまくまとめられています。
主人公の二人も実力者で、もちろん演技は秀逸。最後のシーンは、原作と同様に、ホロリとさせられました。
この作品、もっと評価されるべきだと感じます。
もう一度観たいので、もちろん買います!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
私は原作から入りました。
原作と比べるのはどうかと思いますが、気になるのがヒロインの性格が酷い。
原作の「かをり」はわがままな所もありますが、それを許してしまいたくなるような儚さや可愛げがありましたが、この映画の「かをり」はなんか見ていてイライラする感じの女の子でがっかりしました。
演奏シーンはいっぱい練習したと聞きましたがやはり違和感を感じてしまう演奏でした。私はヴァイオリンもピアノも弾くのでここは手首の動かし方が不自然でおかしいななどと演奏には集中できませんでした。
ただこの演奏の違和感は音楽関係の映画を作成するにあたって一番難しい所だと言うのはわかっているので、そこまで深く考えないように見れば良いんですけど、やっぱり音楽映画を作るならきちんとやっていて欲しい所だと思います。
日本の音楽映画はそこら辺の甘さが私は気になる所です。
海外の映画だと「オーケストラ!」のヒロインの女優さんのヴァイオリンは本当に弾ける人みたいで素晴らしかったです。
そういうものが日本の音楽映画にも反映されるともっと良くなると思います。

内容的には基本的に原作寄りで変に変えられていない所は原作が好きな私的には嬉しかった所です。
時間の関係上全く持って忠実という訳ではありませんが、そこまで気にする程の変化で
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
主演女優に興味があるので観ました。

一応コミックは全巻読んでいました。

コミックの筋は、予定されていた悲劇が本当のものとなってしまうという、本来なら私は否定する内容でしたが、表現が画もコトバも擬音語も緊張に満ちていて抜群のものであったために、肯定せざるを得ないものでした。

つまり、コミックの世界はそれのみで完結していました。

古くは、『トーマの心臓』に明確に示された、再生のドラマでもあります。あるいは再生への献身のドラマとも言えるでしょう。

ここに実写化があって、どういう味付けがなされるのか、とても楽しみでした。

伴奏あるいはピアノとヴァイオリンとの共演が成立した場面で、映像としては成功したのではないでしょうか。

春は四月、映画の初めにも終わりにも桜の花が咲いています。

そして、声が聞こえるのですが、あとになって考えてみると、それは、既にこの世の人ではない女性のセリフなのかも知れません。

かをりの言葉には、病者の、死に直面するものの絶望と恐れの意味が含まれています。

これが、コミックの画ではなくて、生きた女優の声となるならば、どうなるのか。

その問いに対する答えがあります。

切なさと、愛らしさと。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原作マンガと比べると色々足りな過ぎて、急な展開に何が何だか…
本当にコレで泣いた人いるの⁇
出演者のファン以外は見る価値ないな
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告