中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

四日間の奇蹟 (宝島社文庫) 文庫 – 2004/1

5つ星のうち 3.4 186件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 3,043 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第1回(2002年) 『このミステリーがすごい!』大賞受賞

内容紹介

脳に障害を負った少女とピアニストの道を閉ざされた青年が山奥の診療所で遭遇する奇蹟。ひとつの不思議なできごとが人々のもうひとつの顔を浮かび上がらす ....
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 508ページ
  • 出版社: 宝島社 (2004/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796638431
  • ISBN-13: 978-4796638432
  • 発売日: 2004/01
  • 商品パッケージの寸法: 15.5 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 186件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 210,507位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 あらゆる新人賞を辛らつに批評し続けてきた「このミス」の新人賞だけに大きな期待と若干の懐疑が入り混じった気持ちで手に取ったが、不幸なことに後者が当たってしまった。
メインアイデアが有名な先行作品と同じであることは問題ない...と言いたいが、ここまで似ているとちょっと首を傾げざるを得ない。そのアイデアを借りてさらに優れた物語を紡ぎ出すことができているのなら、その点は目を瞑ってもいいし、その心意気に拍手喝采してもいい。しかし、僕にはそこまでの出来とは思えなかった。全体によくできた話ではあるし、最後まで緊張の糸が途切れぬまま読ませる
筆力・構成力は大したものだと思う。しかし、そこでとどまってしまっていて、それ以上に突き抜けるものはない。<以下、ネタばらしとまではいきませんが、物語のプロットについてヒントを与える記述があります。ご注意ください>これが癒しの物語として読者に感銘を与えるためには、癒される以前の登場人物の苦悩がポイントになるはずだ。ところが、その苦悩といったらいかにも作り物めいて深みにかけるし、その描き方一つ取っても声高に叫ぶだけで胸に迫ってこない。(その点「スキップ」や「ターン」の北村薫はほんとに上手い。)さらに、絶望したその人物の取る行動ときたら物語に刺激を与えるための下手な小細工としか思えず、もうそれだけで僕はゲンナリしてしまった。また、結末ももうひと
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
幸いにもほとんど先入観を持たずに読んだのでかなり面白かったです。
序盤はこの話いったいどういう展開していくのかさっぱり先が読めな
かったのですが、中盤から一気に違う小説かと思わされるぐらいの
急展開。そこからは本当にあっという間に読み終わりました。
序盤の静かな雰囲気のまま話が進むと思いながら読んでいたので
あまりの違う雰囲気に少し戸惑いながらも、これもありかなといった
感じです。最後の展開は予想通りといったところですが。
想像していたのと全く違う小説であることは間違いありません。
ミステリーというくくりは確かにどうかと思います。
どう考えてもミステリーではなくファンタジーなのにミステリー大賞
となるとそれを期待して読む読者からすると中身がいくら良くても
大いなる期待はずれとなってしまいます。
せっかくのいい小説がもったいない気がしました。
中身についての批判ではなく、これはミステリーではないとか
帯があおりすぎとか、宣伝仕方ひとつで評価にも左右されると
感じ、つくづく先入観なしに読んで良かったと思いました。
これから読まれる方はあまり先入観に捉われずニュートラルな心で
読まれることをお勧めします。
この小説がミステリー大賞をとってることが一番のミステリーかも
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
このミステリーがすごい!』で大賞を取った、というのに釣られて読みましたが、一般的なミステリとは全く違っていました。どちらかというとファンタジーの分野だと思います。読み終わってみると東野圭吾の『秘密』に似ていました。というか、もろにかぶってます。けれど筆力や物語の運び方、何よりラストシーンの描写がとても心に残る良作です。物語自体に感動はしませんでしたが、この人の物語を構成する能力に感動しました。少しページ数が多いのですが、本をあまり読まない人にもオススメしたいですね。※純粋なミステリ読みには辛いかも。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
それなりに楽しめる作品であった。
(あまりこのことにふれるとネタバレになってしまうのだが)99年版このミス9位で映画化もされた有名なミステリー作品との関連を指摘される向きもあるようだが、このテーマ自体がそもそも、その作品にオリジナリティーがあるものではなく、古今東西多く用いられているので、その点に関しては問題ないと思う。
作品自体も終盤は情景が映像と音で浮かんでくるほどきれいにできている。
難点は、登場人物がしゃべりすぎること。確かに登場人物の語らせるのが、もっとも楽な表現かもしれないが、私自身が相手にあんなに長々と話されたら、途中で10回はつっこみを入れたくなる。
作者や作品の内容とは関係なく、宣伝のありかたについてだが、確かに第一回の受賞作ということもあるのかもしれないが、いくら何でもほめすぎではありませんか?あまり「感動」「感涙」と騒がれると、かえって気持ちが引いてしまう。言うのは勝手だが「ここ十年の新人賞ベストワン」ということは絶対にない。あまりやりすぎると、第二回以降の受賞作の信頼度が落ちる気がする・・・。「この作品だけ売れればいいのか?」と問いたい。
作品の内容が☆4つ 宣伝が☆マイナス2でトータル☆2つ。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー