中古品:
¥ 2,420
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 個人で所有していたセル版の商品です。 レンタル落ちではありません。 ディスクにもほとんど傷はなく、きれいです。 挿入物のアンケートハガキ、チャプターリスト、カタログなども付いております。 また、こちらの商品はAmazonの倉庫で管理されており、 Amazon配送センターからの発送となりますので 迅速確実な対応且つ安心安全なご利用が可能です。 お急ぎ便などの各種発送オプションもご利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

四十七人の刺客 [DVD]

5つ星のうち 3.0 13件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 9,980より 中古品の出品:12¥ 1,990より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 高倉健, 中井貴一, 宮沢りえ, 岩城滉一, 宇崎竜童
  • 監督: 市川崑
  • 形式: Black & White, Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2005/01/21
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0006GB020
  • JAN: 4988104032119
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 143,830位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1701年(元禄14年)の春、江戸城内での刃傷の罪で赤穂藩主・浅野内匠頭は切腹、お家は断絶。憤った赤穂藩家老・大石蔵之助(高倉健)は家臣たちとともに主君の仇・吉良上野介(西村晃)の命を狙う。一方、大石の思惑に気づいた色部又四郎(中井貴一)は、陰謀を阻止すべく暗躍するが…。
   池宮彰一郎のベストセラー小説を巨匠・市川崑監督が鋭利な映像美で映画化。おなじみ忠臣蔵の世界を暗殺計画として合理的に描いていくあたりは新味である。高倉健としては久々の時代劇出演だったが、さすがにカツラ姿はなじまないといった難点はあるものの、刺客のボスを貫禄で演じきった。また、対する色部役の中井貴一はキネマ旬報などその年の助演男優賞を総なめした。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

池宮彰一郎原作小説を映画化。従来の忠臣蔵を、現代的な情報戦・経済戦争という視点で実証的に描いた、映画誕生100年記念作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
実際の歴史の謎な部分はやはり謎として描かれています。高倉健の大石内蔵助がガツンと来るより、静かにジーンと感じられる映画です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
11月18日の信じられないニュース。高倉健さんが・・・・。あの健さんが・・・・。

でも、私は信じません。よく外国にフラッと一人旅をしてきた健さんのことです。きっと、あの意外な茶目っ気を発揮して、黙って日本を離れて、遠い遠い外国でひっそりと暮らされているのです。そう思いたい。いや、きっとそうなんです。あの高倉健がこの世にもういないなんて、あり得ませんよね。健さんファンの方々。きっと、そうですよね。

さて『四十七人の刺客』。市川崑監督がおっしゃっていた通りですね。皆さん。「健さんは、やっぱり健さんでした。」いい言葉です。その通りの映画でした。もう映画には出ることはできなくても、どこかで(特に我々の心の中で)健在の健さん。崑さんのコメントに苦笑されているでしょう。ありがとうございました。健さん。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
×「義士」     ○「テロリスト」
×「討ち入り」     ○「やくざの出入り」
×「忠臣蔵」     ○「吉良義央殺人事件」
×「時代劇」     ○「やくざ映画」

そう割り切ることができるのであれば、この「四十七人の刺客」はたいそう面白い映像作品といえる。市川崑監督が「溜息が出そうな物語」を「鳥肌が立つほど美しい映像」で巧みに描写している問題作。

池宮彰一郎の原作があまりにも素晴らしいので是非とも書籍でもこの作品を堪能していただきたい。

毀誉褒貶が激しいようだが、私は中井貴一の外連味たっぷりの怪演が好きである。きもい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
忠臣蔵を情報戦という観点から描き出した異色作。原作は「十三人の刺客」の脚本を執筆した池宮彰一郎(脚本家としては池上金男名義を使用)の同名小説。そのため、本作には「十三人の刺客」からの引用が多く為されている。監督は「ミスター様式美」市川崑。主演は「不器用ですから」高倉健。映画誕生100年を記念して製作された作品であるからキャストは豪華だ。しかし駄作である。

まず、市川監督と高倉健の食い合わせがここまで悪いとは思わなかった。市川監督の世界に全く馴染んでいない(それは健さんに限った話じゃないが)。策謀を巡らす策略家として大石内蔵助が描かれているが、それが高倉健ってのはどういうことだ。健さんがそんな汚い真似するわけないだろうが。愛人を作るというのも健さんのイメージに全く合わない。力みかえった中井貴一や石橋蓮司の芝居が浮き上がっているが、彼らの芝居が自然に見えるようにした方が、作品的には面白くなったように思う。

映画の中でどんな事が起きてもテンションは変わらない。ただただ淡々と物語が進んでいくだけだ。どんなに盛り上がるべき場面でも感情の高ぶりといったものは起こらない。だから観客にも、登場人物の感情が全く伝わってこない。演出が冷め切っているを通り越して凍りついているようだ。緊張感に満ちた知能戦なども一切ない。討ち入りの準備も、監督は適当に流してしまう
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
市川昆監督は健さんでないとこの映画を撮らないと言ったそうだが、健さんを活かしきれていない中途半端な映画になってしまった。最大の原因は市川昆監督の「脚本」にあるのではないだろうか?原作はともかく映画にした場合、時間的に「おかる」の話が余計で、作品全体にどんな意味があるのだろう。20年後に制作された「最後の忠臣蔵」はそこに絞った作品でそれなりの成功をおさめたように、これは淡白になってしまった<討ち入りまでのプロセス>に徹底して絞った方が良かった。

しかし二度目からは面白く見れる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 討ち入りを「合戦」或いは「暗殺」劇と捕らえる点では原作に沿っているが、原作が張り巡らせていた伏線をことごとくオミットしているので、良く言えばハードボイルドタッチと言えるかもしれないが、非常にあっさりした出来でなんとも物足りないものになっている。原作の大石内蔵助は見た目は冴えない中年だが、その軍略は精緻を極めていて、討ち入りのみならずその後のことまで含めて非常に緻密に準備を進めていく。その点において高倉 健の大石は余りはまり役と言えない。ストイック過ぎて軍略家らしくはなく、己が信じるもののためには思いつめた挙句、たった一人になってでも討ち入りしてしまいそうなイメージである。高倉 健を大石に据えるならば、従来の忠臣蔵に沿った内容でもう少し情の部分を出したほうが良いと思う。不正義や不条理に耐えて耐えて耐え抜いて最後に爆発するのが、健さんの真骨頂なのだから。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す