この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

四つのいのち [DVD]

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 13,550より 中古品の出品:3¥ 477より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: ジュゼッペ・フーダ
  • 監督: ミケランジェロ・フランマルティーノ
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アメイジングD.C.
  • 発売日 2011/12/02
  • 時間: 88 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005J3HZ8I
  • JAN: 4580189024227
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 99,220位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

地球が丸いのは、ぜんぶ繋がっているから。

人間、動物、植物、炭。
死にゆく牧夫、生を受ける仔山羊、そそり立つ樅の大木、その大木が炭に変わるまで。
セリフを廃しながらも映画的興奮に満ちた演出がカンヌで大絶賛された自然と人間の物語。

【ストーリー】
人間、動物、植物、炭。サークルを描き続ける、オーガニックな生命たち。
南イタリア・カラブリア地方。草原に、山羊の群れを追う年老いた牧夫の姿があった。ある晩、牧夫は病に倒れ、静かに息を引き取った。翌朝誕生する仔山羊。初めての放牧で溝にはまり、群れからはぐれた仔山羊は、山中の大きな樅の木の下で眠りに就いた。冬から春。その大木は切り倒され、村の祭り“ピタ”の象徴に。そして、祭りが終わると、伝統的な手法で、炭焼き職人の手によって、木炭に生まれ変わる。こうして人間、動物、植物、炭、すべての生命は形を変えながらサークルを描き続ける・・・。

【製作国】
イタリア・ドイツ・スイス

(C)Vivo film,Essential Filmproduktion,Invisibile Film,ventura film.

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ミケランジェロ・フランマルティーノ監督の長編第2作。南イタリアのカラブリア地方を舞台に、人間、動物、植物、炭の自然の中で繰り広げられるそれぞれのドラマを綴る。一切のセリフを廃し、地球上に共に生きることの意味をシンプルかつ力強く表現。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 生命の連環をテーマにしたドキュメンタリーだろうと想像していましたが、それは大きな誤りでした。
これは恐ろしいまでに計算しつくし、作りこまれた映像世界。カメラの主観が巨木だったり、風だったりする映画はこれまでも観たことがあります。しかしこの作品では、もっと冷徹な視線と完ぺきなシンクロナイズ---計算による視線の移動が徹頭徹尾被写体を追いかけます。この主観は誰なのか?わたくしはそれは「時」そのものではないかと思います。支配者である神でもなくただそこに存在し続ける「時」です。連環をじっと観続ける「時」です。
タイトル「四つのいのち」は原題を意訳しているので、ちょっとずれているように思います。ル・クアトロ・ボルテ=4つの転換つまり4つの連環というところでしょう。そうしないと4つ目の映像はいのちではくくれませんから。
 この作品はドキュメンタリーではなく完ぺきなディレクションによるアートです。ドキュメンタリーも意図的誘導映像であって、報道ではない作品ですね。この作品はおそらく観る者を選ぶでしょう。徹底した演出が耐えられない人もいるでしょうし、気付かずに自然っていいな、雄大だなと思う人もいるでしょう。そして新しい映像芸術の開拓に目を輝かせる人もいます。どれでもいいし、どんな風に観ても、好きになっても嫌いになってもきっと心に深くて大きなテーマを残してくれるに違いあ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
風変わりな映画である。ストーリーと呼べそうなものはない。以前、「ニーチェの馬」というモノクロ映画を見たが、似たような印象を覚えた。いらないものをそぎ落とし、あるがままの姿を映し出す。「ニーチェ」の場合、そこにあるのは自然ではなく世界観なのだが、最低限のものだけで映画が成り立つ、という点では共通しているように思う。

いかにも美しい風景が、定点カメラによる無意思の主体を通して広がる。同じ場所から見る、同じ景色が幾度と無くループされる。全体のテーマでもあるのだろう。すべては受け継がれ、繰り返され、そして変化していく。

一度も会話が出てこず、人々の声すら自然音として描かれる。人々の生活、家畜の日常、そして木と、炭。移り変わる命の螺旋。なにを強調するでもなく、しかし、強く心に響く音楽がある。
終始のんびりしていて、寝てしまうかと思ったが、くすりと笑えるシーンもあって、意外に面白かった。
こういう映画も、なかなか悪くないものです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
おだやかで、凛として、神秘的にもかんじられるのはなぜかと思うほど
全体の流れはゆるやかな映画です。
起承転結や見せ場があるわけでもなく、ともすれば睡魔との闘いです。
けど、眠れないのです。
ひき込まれて目が離せなくなり、途中、身を乗り出して観ている時もありました。

映像が美しく、そこに響く自然の音に、身をゆだねると、
なにものでもない、自然の音や景色がとても幻想的にひろがっています。
スクリーンの感動は素晴らしかったです。

ちりばめられた“つながり”が、輪廻や生命循環という言葉を連想させ、
噛み砕こうとしたくなる衝動にかられてしまうのかもしれませんが
難しい解釈は必要ない心地よさも感じました。

邦題は“いのち”となっていますが、
原題(イタリア語)では“LE QUATTRO VOLTE”
英題が“THE FOUR TIMES”、直訳してしまえば“4回”
“いのち”というと大げさに聞こえるのかもしれません。
4つの時の流れがめぐりめぐる物語、と捉えたほうがしっくりくる気がします。
けれど、その時の流れは、いのちの流れでもあるのも、ある意味真理で・・
興味深い作品です。
<
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す