購入オプション

読み放題。200万を超えるタイトル。

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

または
読み放題対象
シェアする
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

[清水 一行]の器に非ず (光文社文庫)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

器に非ず (光文社文庫) Kindle版

5つ星のうち3.9 13個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥550
文庫 ¥1
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

清水/一行
1931年東京都生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

エンジン開発に心血を注ぐ五十島繁哉と、会社経営の実務に辣腕を振るう神山竜男の運命的な出会い。この二人の男を軸に「本州モーターズ」は、小さなオートバイのメイカーから、世界的に有名な自動車会社へと飛躍する。だが、企業理念の差異、感情の行き違いから五十島と神山の間には、越えがたい溝ができる…企業の“虚”と“実”、経営者たちの夢を描いた長篇。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B009KZ5HCM
  • 出版社 ‏ : ‎ 光文社 (2006/2/16)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2006/2/16
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 322 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 344ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.9 13個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

1931年東京向島生まれ。週刊誌記者などを経て、’66年に証券界の内幕を抉った『小説兜町』でデビュー。一躍ベストセラー作家となる。’75年『動脈列島』で日本推理作家協会賞受賞。経済小説、犯罪小説、ミステリー、サスペンスなど、幅広いジャンルで活躍。著書多数(「BOOK著者紹介情報」より:本データは『 密閉集団 (ISBN-13: 978-4334742713 )』が刊行された当時に掲載されていたものです)

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
13 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年1月8日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2016年5月2日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 本田技研藤沢武夫の静かなる野望
2016年5月2日に日本でレビュー済み
本田技研の副社長藤沢武夫のモデル作品である。
最近大下英治著「人間・本田宗一郎 夢を語る」を読んだ直後の作品だったので両者の違いと類似点がよくわかった。
同じ伝記ものでも作者、人物の視点を変えると随分人間の性格にも違いがあることがわかる。
大下作品は本田と藤沢を生涯のパートナーとして二人の関係を好意的に扱っているが、清水作品は藤沢が一種の野心をもった人物に描かれている。
表面上はパートナーであるにも関わらず本田はいわゆる名ばかり社長、藤沢は実質社長を強く打ち出している。
決定的なところは最後に本田が次期社長を藤沢にしなかったことである。
すなわち藤沢はエンジンのことはわからない、本田の夢を継げないということであった。
このことが題名の「器に非ず」すなわち後継社長にはできない理由であったとは。
本田の時代錯誤も甚だしいとか言いようがない。
一般文学通算1639作品目の感想。2016/05/02 20:25
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
2014年11月12日に日本でレビュー済み
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
問題を報告

この商品には、不適切な内容が含まれていますか?
この商品は、著作権を侵害していると思いますか?
この商品には、品質または書式設定の問題が含まれていますか?