通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
噂 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s6046_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

噂 (新潮文庫) 文庫 – 2006/2/28

5つ星のうち 3.8 112件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 391
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 724
¥ 724 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 噂 (新潮文庫)
  • +
  • 13階段 (講談社文庫)
総額: ¥1,424
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。

内容(「BOOK」データベースより)

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 492ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101230323
  • ISBN-13: 978-4101230320
  • 発売日: 2006/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 112件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,724位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
登場人物や会話、設定がステレオタイプですが、洋書の翻訳本や設定が詰め込まれている物、専門知識が詰まっている系のサスペンスから離れてライトな刑事物を読みたい人にはいいと思います。登場人物もいい意味でお約束ですし。
やはり古い本なので時代や世相などが読んでいて気になるタイプの人には向かないですが、そういう世界観の物語として読めれば問題ありません。
また、ストーリー自体にもそれほど期待しない方がいいです。つまらないのではなく古い本なので、今のサスペンスを読んでいる人には物足りなさがあるという意味です。あれ?これだけ?みたいな感じです。
よく言われる最後の1行についてですが、あまりにそこを宣伝しているせいで現代的な視点で期待していると肩透かしになります。
あまりその部分にフォーカスせず、ライトな古き良きサスペンス刑事物をサラッと読みたい人には満足いくと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
自分は古い人間なので、今時の女子高生の言葉遣いに馴染めなく、特に前半は読むのがしんどかったのですが、読みやすい文章ではあるので後半にいくにつれどんどん読めるようになってきました。
登場人物も、主人公が実は警察官で、相棒が美人女性警察官で、恋愛に発展しそうで…というお馴染みのおもしろ要素たっぷりなので、またそれかぁと思いつつも、やっぱり面白さが保証されたような安心感がありました。
自分の場合、帯の「衝撃のラスト一行・・・」を見ていなかったので、叙述という先入観なしで読んだのですが、それでも2人怪しい人物がいて、1人はやっぱり犯人。もう一人は・・・。敢えて書きませんが、ミステリ好きには分かり易いと思います。確かに最後の一行は面白かったので、帯を捨てておいてよかったです。
全体的に、登場人物の魅力もあり、緻密な構成が施されたよい作品だったとは思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『最後の一行に衝撃のラスト!!』
どの書評を読んでもこの言葉が書いてあるので読んでいる途中もとにかく気になって気になって仕方なかった。

内容的にはかなり読みやすかったかも。
中だるみすることもなく、続きが気になる内容。
都市伝説って今でも色々あるみたいだしそういうことを考えるとフィクションで済ませられないような。
そんなちょっと怖い感じ。

犯人は意外っちゃー意外だったけどもある程度予想範囲だったかも?

そして、最後の一行はまさにすごかったです。

意外な内容、と言うよりも、や、確かに意外ではあるんだけども
なんとなく予想がついていないわけでもない、みたいな。
ただ、うまい表現の仕方だなぁ…と。

これから読もうと思ってる方
間違っても最後のページを開いてしまわないように気をつけて下さいませ☆
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
うたい文句の最後の一行がそれほどでもないとのレビューが多かったので、過度な期待をせずに読みましたが…自分は最後の一文で驚愕しました!

内容にふれるとネタバレしてしまいそうなのであえて伏せますが、描写も素晴らしく、トリックもこれみよがしではなくさりげなく使ってくるので読了後の、やられた感はハンパなかったです。

ただ、後味はいいわけありません(笑)
殺戮にいたる病と雰囲気がにてました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 平和 投稿日 2011/7/7
形式: 文庫 Amazonで購入
WOM(Word of Mouth)とは口コミのことです。十数年前、まだ携帯電話が普及していない頃、渋谷駅の掲示板に記載したことが高校生を中心に口コミで広まって流行を生むという話を聞いたことがあります。また、以前から政治家の会話で前後の脈略を無視して、問題発言ぽいところだけを切り取り何度も放送することで政治家を辞職させることはマスコミのよく行う手法ですが、これも一種の口コミでの影響を意識した手法だと思います。それが分かっていながら踊らされているのは人間の弱さなのかもしれません。そんな心理状態を上手く利用したミステリーです。題材も面白いし、それを解決するために走りまわる巡査部長の小暮とエリート女性刑事名島警部補のチームワークも抜群でとても爽やかな感じの本です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
サイコサスペンスではあるが、なかなか骨太のタッチで犯罪とその背景をたくみに描いていく。渋谷の間で伝わる「レインマン」
の噂。広告会社が香水のプロモーション用に流した嘘ではあるが、やがて本当の犯罪に結びついていく。犯人も意外、
さらに最後の2ページではドンデン返しを思わせる意外な犯人たちが出てくる。ここら辺の理解がやや難しく、西崎との
関係も分かりにくい。面白い作品だけにもう少し分かりやすくして欲しかった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック