ポイント: 8pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 10月23日 土曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
10 時間 50 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 返品が可能な商品です
お届け時の状態で商品を返品いただくと、返金を受けられます
噂は噂 壇蜜日記4 (文春文庫) がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
お届け日 (配送料: ¥250 ): 10月24日 - 28日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 使用感ありますが、古本にしては状態良好です。基本的に書き込みが無い商品を提供させていただいております。商品や発送に万が一の事がございましたら14日以内保証させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

噂は噂 壇蜜日記4 (文春文庫) 文庫 – 2018/1/4

5つ星のうち4.2 36個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥847
¥847 ¥52

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 噂は噂 壇蜜日記4 (文春文庫)
  • +
  • 泣くなら、ひとり 壇蜜日記3 (文春文庫 た 92-3)
  • +
  • 壇蜜日記2 (文春文庫)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

メディア掲載レビューほか

壇蜜が私生活“そのまま"を書くとこうなる

「書いた物を本の形にできる機会が多いことは有り難いです。でも同じくらい、大きな責任を感じますね」

タレント業のかたわら文筆の才を開花させ、書き続けて早数年。壇蜜さんの日記帳、第4弾が上梓された。

「テレビのように前に出るお仕事と書き物のお仕事の割合は2対1くらいになりました。いつも思っていることがあるんです。この状態はいつまで維持できるんだろう、って」

凡百のタレント本といえば、個性を強烈に主張し、ギラついたものと相場が決まっているが、壇蜜さんの文章には、肩肘張った前のめりのにおいがない。日常は淡々と過ぎ、ややもすればある種の倦怠感が漂う。

「それは当たっている気がします。いちばん難しいことって、何かを劇的に変えることよりも、今のままの姿勢を維持して、マンネリを続けていくことなんじゃないのかと考えるようになりました。日記なんて、まさにその意味で継続の難しさの象徴かもしれませんね」

日記の体裁はシンプルそのもの。日付、天気を書きつけ、日常を記していくだけ。

「随筆やエッセイとは違うんだと思って書いています。心がけているのは、あったことを書くということです。〇〇についてどう思った、何を感じたか、は極力書かない。やっぱり日記は日記で、スタイルブックとは違いますから」

飼っている生物、仕事、通い詰めるサウナ、男のこと――。私生活の暴露、という下卑た感じがしないのは上品な筆致の賜物だ。

「自分で読み返して思うのは、毎日眠そうにしている女だなあってこと(笑)。皆さんの中にある私のイメージ通りではないと思うんです。孤独な独身女を想像されている方もあるかも知れませんが、全然孤独じゃない。純潔とか潔癖なんて演出をしていないし、人様からお叱りを受けても一向に直そうとしない。ウソをつかないように気をつけているので、自分の中の気持ちが昇華されることもありません。裁縫で言う運針みたいな日記ですよね」

毎日決まった字数で記されるが、7日に1度、短い分量の日記がある。

「それは日曜日ですね。私、日曜があまり好きじゃなくて。カレンダーによって週の始まりが日曜か月曜か違うことがあるでしょう? 『このどっちつかずめ』って意地悪したくなって」

三日坊主になりがちな新年の日記。ありのままを心がけ、ほんのちょっとの悪意があれば、かくも長続きすることを教えてくれる。

評者:「週刊文春」編集部

(週刊文春 2018年1月18日号掲載)

内容(「BOOK」データベースより)

くしゃみの止まらない猫のために空気清浄機を買い、「不条理の利用」を女子に説き、寿司屋の看板を見て「寿司良いなぁ」と涙し、男の優しさの先にある苦くて甘い「取り返しのつかない何か」をかじりたくなる…“壇蜜”の日常を瑞々しくも不穏な筆致で綴って大反響を呼んだシリーズ、これがまさかの読み納め!?書下ろし日記第四弾。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 文藝春秋 (2018/1/4)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2018/1/4
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 文庫 ‏ : ‎ 314ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4167910055
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4167910051
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 36個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
36 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年6月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年4月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年8月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年7月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年1月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年2月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年1月5日に日本でレビュー済み
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年1月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告