嘘と煩悩 (通常盤)(CD) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,141
3pt
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

嘘と煩悩 (通常盤)(CD)

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,141 通常配送無料 詳細
ポイント: 315pt  (10%)  詳細はこちら
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 2,780より 中古品の出品:12¥ 1,430より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の KREVA ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 嘘と煩悩 (通常盤)(CD)
  • +
  • THE KIDS(通常盤)
総額: ¥5,841
ポイントの合計: 585pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2017/2/1)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 45 分
  • ASIN: B01MYPZPDW
  • JAN: 4988002728176
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 73,008位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:25
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
3:13
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
4:13
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
4:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
2:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
5:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
3:40
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
3:30
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
3:39
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
5:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
3:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

HIP HOPシーンのみならず、日本音楽界における最重要人物のひとりである“KREVA"のSPEEDSTAR RECORDS
移籍第一弾にして、前作「SPACE」から約4年ぶりとなるファン待望のオリジナルアルバム完成!

【CD収録】
1. 嘘と煩悩
2. 神の領域
3. 居場所
4. 思い出の向こう側 feat. AKLO
5. FRESH MODE
6. Sanzan feat. 増田有華
7. ってかもう
8. あえてそこ(攻め込む)
9. タビカサナル
10. もう逢いたくて

君に夢中

【SPECIAL封入特典 *通常盤は初回プレス分のみ】
■NEW ALBUM『嘘と煩悩』リリース記念ライブリハーサル招待&オリジナルポスタープレゼントキャンペーンチラシ封入
Album『嘘と煩悩』購入者の中から抽選で『KREVA CONCERT TOUR 2017 「TOTAL 908」の札幌・神奈川・名古屋・
神戸・福岡公演のライブリハーサルに各日10組20名様をご招待、または「オリジナルポスター」を108名様にプレゼント!

メディア掲載レビューほか

HIP HOPシーンのみならず、日本音楽界における最重要人物のひとりである“KREVA”のSPEEDSTAR RECORDS移籍第一弾にして、前作『SPACE』から約4年ぶりとなるファン待望のオリジナル・アルバム完成! (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
Kick The Can Crewからのファンです。

個人的には「心臓」以降、ポップフィールドとアンダーグランドシーンの間、丁度いい塩梅の作品を作り続けていたと思います。
今回も久しぶりのアルバムということで期待したんですが、個人的にはハズレでした。

ラップのスキルを見せたという「神の領域」も確かに上手いんだけど、曲としては「基準」の方が良いと思います。
あと全般的に歌いすぎかな。

もう少し実験的でも良いので、ゴリっとしたラップして欲しいです。
収録されてないですが、「Under The Moon」とかは攻めてる感じで良いと思います。

ファン故に今回は厳し目レビューです。
あと値段が高めなのも気になるところです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
かつてない日本語「バトル」ラップブームの中、放たれる「かつてのヤングキング」KREVAの四年ぶりのニューアルバム。

般若から仕掛けられたビーフを突っぱねた時は、えーもしかして向かい風?と思ったが、そんなことはまるでなく、むしろ追い風に変えてしまった感すらある、このクオリティ。

まさに、神の領域。

全曲息する暇もないほど最先端でありながら、どこか懐かしい手触りを覚える音作り。
一流のシェフのコース料理のように、この順番でこの流れで聴くからこそやってくる柔らかいカタルシス。

ビートアプローチ、韻の鮮やかさ、ラップの聴き取り易さは、「マイナスのバイブスで茶々入れるヤツはなんもわかっちゃいねぇな」と思わせるに足る、仕上がり。

確かにストリートでラジカセ一個でもヒップホップはできる。

でもカニエやNASのようにプロダクションがしっかりしたものも最高だと思う。

そういう意味で今作は最高です。

最高はひとつじゃない?
でも、KREVAさん、ちょっと最高過ぎです。

余談ですが、ジャケは千手観音ですね。そして例の曲は④です。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: MP3 ダウンロード Amazonで購入
相変わらず、いい歌ばかりだわ♥♥♥♥。
今回のアルバム、「SANZAN」が一番好き♥♥♥♥
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
先行シングルであるトランキライザーとUnder The Moonが収録されていないのをどう受け取るかでこのアルバムの評価は変わるような気がする。
「心臓」で一度リセットされて、ここへ来てまたリセットされたような感じもするが、文字通りここがターニングポイントなのかどうかが今後の行く末を占う鍵となるのではないだろうか。
個人的にはトランキライザーとUnder The Moonの2曲はぜひ収録してほしかったような気もするが、あえて収録しなかったのだとしたら何故なのかは今後の楽曲を聴いてみないとおそらくわからないと思う(聴いてもわからないかもしれないがw)

それからこれは以前からずっと思っていたことだが、KREVAのCDのジャケはどうしていつもこれほどダサいのか? 本当にジャケだけはそのセンスを疑うようなものばかりなのが正直勿体ないなあと心底感じる。言うまでもなく楽曲の完成度が高いからこそ余計に残念です。
それこそトランキライザーとUnder The MoonのジャケはKREVAにしては悪くないものだったので、今回のアルバムのジャケも多少は期待していたのだが・・・やっぱりこういうものにしてしまうのですね・・・

いずれにせよKREVA自身が現在の日本語ラップの現状を受け止めてこのアルバムをリリースしたことは間違いないだろう。
あと「嘘と煩悩」というタイトルをどのように読むべきかは案外重要なポイントだと感じる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
メロウで適当な歌詞と女子供ウケだけを重点に制作する
わかりやすい人。売れたい、モテたい、金ほしいのバンドマンみたいw
耳障りの良いスカスカビーツと歌詞なら何でも「いいね」的な
日本人リスナーしか購入しない 評価しない フェイクアーティスト。
今じゃ「恥かしい人」「なっちゃいけない見本」「伸びなかった失敗例」
と若い世代からも白い目で見られてるセルアウト芸人クレバ。
キックの再結成とか恥かしいことまでしちゃって裏目に出てましたが
まず、ラップも明らかにラップも声も劣化。
なにより自分がドープで面白いと感じてるのと周囲とのズレが半端ない。
もうライムする内容もキレも完全に失ってる。ただ、歌ってる歌手と同じ。
GO辺りですでに「限界かな」とは感じてましたが、まさかここまでダメダメになるとは・・・
今回レーベル移籍して心機一転 新しい一面 表現見せてくれるかと思いきや
これが「まったく同じこと」しかしてないという手抜き。
ジャケ、トラック、リリックも酷い。とにかく軽い!
「クレバってなんで、あんな軽いの?」ってよく質問飛びますが
ええ、恐らく空っぽなんでしょう。
終始 ニヤニヤ ヘラヘラしてるし 大丈夫かな?
ポップでもい
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す