通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
嘘だらけの日中近現代史 (扶桑社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き@概ね良好なコンディションです。中古品につき僅かないたみ、スレ等ある場合がございます。 【通常24時間以内に発送いたします。土、日、休日にかけてのご注文は翌営業日の発送になる場合がございます。予めご了承ください。2017】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

嘘だらけの日中近現代史 (扶桑社新書) 新書 – 2013/6/1

5つ星のうち 4.3 91件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 嘘だらけの日中近現代史 (扶桑社新書)
  • +
  • 嘘だらけの日韓近現代史 (扶桑社新書)
  • +
  • 嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書)
総額: ¥2,463
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

■気鋭の憲政史研究者が日本の中国研究者には書けないタブーを書く!
■嘘つきチャイニーズによるプロパガンダの手口をバラす!

■本書より
そもそも中国は近代国家ではありません。
近代国家の尺度で中国を判断するから見誤るのです。
「裏切り男」孫文のインチキ革命や、「マフィア兼盗賊」が出自の中国共産党など、
嘘にまみれた中国の正体を明かしましょう。

独裁の古代と殺戮の中世を今なお繰り返し、いまだ近代国家ではない「厄介な国=中国」。尖閣諸島に艦船を派遣して挑発したり、
中国国内で働いているだけの日本人をいきなり拘束したり、暴動によって資産を破壊したり……こんな無法が国際法上許されるわけがない、と指摘します。
とはいえ、いくら厄介であろうとも、付き合わざるを得ない。そこで、大正時代の外交官・石井菊次郎の「ノータッチというタッチ」という例を挙げ、
本書によって「腐れ縁の悪女から抜け出しましょう」と主張します。そのためには、まず日中の歴史を知ること。中国にとって不都合な「真実」を詳らかにし、
本書が「歴史療法」となるよう提案します。


■本書の内容
第一章 嘘だらけの古代「中国」史
第二章 欧州に翻弄された「清」と抗った「日本」
第三章 動乱大陸「中華民国」
第四章 満洲事変で騙される日本
第五章 お人よしすぎる日本人
第六章 究極の中華皇帝! 毛沢東の野望
第七章 中国の悪あがき
終章 アベノミクスと中国崩壊の予兆

内容(「BOOK」データベースより)

日本の中国研究者が書けないタブーを書く!嘘にまみれた中国の正体を明かしましょう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 267ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2013/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594068308
  • ISBN-13: 978-4594068301
  • 発売日: 2013/6/1
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 91件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 41,453位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
中国には近代が無い。言い得て妙である。かなり的を得ている。中国4000年の歴史は繰り返しに過ぎない。ある意味学問はパターン認識である。中国という国の歴史を通じてパターン認識を学ぶ。学生の皆さんにはこの点を学ぶメリットがある。2千年にわたり一つの民族が国家を続けてきた例は日本しかない。
嘘つきエセ近代国家の大嘘を暴く歴史解説書である。姉妹本のアメリカ編と合わせて読むと大国イメージが砕かれて心地よい。視野が広がる。著者の明快・簡潔・論理的・ブラックな表現はときにホワイトな爽快感を覚える。北を通じた南の支配で韓半島は赤化するともいわれている。中国の国境観念は伸縮する。伸びることもあれば縮むこともある。本来の中国はモンゴルより南、チベットより南東、ウィグルよりに西、など現在は人民解放軍が占領しているにすぎない
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
嘘だらけの日仏、日英が面白かったので日中も買ってみました
日仏、日英は歴史をなぞりつつ面白エピソードをくだけた感じで紹介したり
していたのが痛快だったので、日中もそんな感じだと思ったのですが。
特に三国時代~清までの時代を大きく端折った上で同じことの繰り返しの
一言で片付ける。唐や清の成立の過程で異民族が漢民族と同化していく
過程が中国の歴史の面白いところなのに。この本の趣旨は近現代史なので
省くのはいいとしても多少はその程度の説明ぐらいあってもいいと思いました

あと本の4分の3を割いた清末以降のページ。やたら日本に都合のいい
記述ばかりでただのネトウヨ本でした。そういうのを読んで気持ちがいい人には
おすすめですがまともに中国の歴史を知りたいという方にはおすすめできません
日仏や日英みたいなコミカルさもないし、個人的にはあまり楽しい本ではありませんでした
おそらく著者的にも黒歴史となる本だと思います。刊行が2013年なのでもうなってるか
わかりませんが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 只、自分の知らない新事実やセンセーショナルな真実とかは無くて、
半数以上が知っている情報の範囲だった。
何も知らない人向けの書籍。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
中国を知れば知るほど面白いが、これらの知識が有るともっと面白くなります。
読んでからのお楽しみでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
膨大な知識に基づいて、中国(シナ)の本質的な姿と問題点を明確に分析している。日本の中国研究者がこれまでひたすら避けてきた中国の恥部を容赦なく暴いた問題作。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 suguregi 投稿日 2017/5/6
形式: 新書
興味深く読み進めることができた。
今までの常識的な見方と異なる
色々な事情が有ったことが伺える。
偏らず様々な視点で物事を見る必要があることを
今更ながら感じる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
複雑怪奇な、あの国の事がよくわかる!!東アジア共栄圏は夢のまた夢か・・
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/1/16
形式: 新書
「中国人は、相手の力が強いからといって、生きることをあきらめたりしません。日本人のような散り際の美学など皆無です。あらゆるきれいごとと言い訳を並べ、強い相手を騙します。命乞いをして時間を稼ぎ、自分のほうが強くなったら、隙をついて裏切ります。相手を怖いと思ったらつぶす、利用価値があると思ったら飼い慣らす。恐ろしく殺伐とした世界です」。

面白いねえ、この本。日本の歌舞伎の「勧進帳」の話を中国人にしたら、「(安宅の関で役人に)賄賂を渡せば一発解決じゃないか」という答えが返ってきたという話は、思わず噴き出してしまった。建前は儒学で、本音は韓非子。孔子の教えは他人を騙すときには使えるなといった程度で、中国人同士では同じように考えるから実用性は無い。そして、中国では「水に落ちた犬は棒で叩け」ということわざがあるという。ただし、誤解の無いように書くと、著者のあけすけな言い方は、中国に対してだけでなく、日本に対しても使われているので、このようなストレートな表現はこの著者の個性である。

中国の歴史は長い。しかし、その歴史は近現代含めて単に以下のようなパターンの繰り返しであると、著者は説く。その上で、中国の歴史を俯瞰し、日本との近現代史をおさらいしている。

1.新王朝設立
2.功臣の粛清
3.対外侵略戦争
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー