¥ 1,944
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
嘉永五年東北―吉田松陰『東北遊日記』抄 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

嘉永五年東北―吉田松陰『東北遊日記』抄 単行本 – 2016/6/14


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 180
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

やみがたい憂国の情から、厳寒の東北を徒歩で旅した吉田松陰。
その日記を読み解きながら、東北各地の人々の意外な日常を掘り起こす。


【目次】

太平洋 鯨と金のフロンティア
亡命 一諾を惜しむ
平戸遊学 発動の機うごく
江戸留学 方寸錯乱す
水戸 志気畏るべし
外夷 文支政七年大津浜
白河 痛哭数声、永訣す
会津 天下に比類なし
新潟 祈る風力柔ぐを
佐渡 これを語るもまた……
羽州浜街道 行歩苦しむ
秋田 家中困窮の義
津軽半島 行き尽くす山河の険
南部 平原広漠を行く
仙台 五郎と道に相会う
萩 新たなる旅へ

内容(「MARC」データベースより)

やみがたい憂国の情から、厳寒の東北を徒歩で旅した吉田松陰。その日記を読み解きながら、東北各地の人々の意外な日常を掘り起こす。


登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: 無明舎出版 (2016/6/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4895442632
  • ISBN-13: 978-4895442633
  • 発売日: 2016/6/14
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 620,240位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。iphone se au