通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
喪失とともに生きる―対話する死生学 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯あり、カバーも中も概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

喪失とともに生きる―対話する死生学 単行本 – 2016/4/27

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,706

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 喪失とともに生きる―対話する死生学
  • +
  • どう生き どう死ぬか―現場から考える死生学
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 83pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



159回芥川賞&直木賞 大賞作品発表!
芥川賞受賞 『送り火』 高橋弘希。直木賞受賞 『ファーストラヴ』 島本理生。 特集ページへ

商品の説明

内容紹介

かけがえのない親や子ども、伴侶との死別、住む家を失った人々などの悲嘆に触れ、その喪失と向き合う救急医、助産師、緩和ケア医、僧侶らが体験を綴る。
生きるとは何か、死とは何か。試行錯誤と自問自答する中で手にした思い、気づきが深く語られる。さらに学問的なコメントを哲学、宗教学、民俗学、
社会学といった多彩な研究者らが添える。「喪失を抱えて生きる」意味を、物語的・対話的に浮き彫りにしながら、希望に至る道へと読者をいざなう。

内容(「BOOK」データベースより)

グリーフケア×死生学。“死別に限らず、人生は多くの喪失体験に満ちている”

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 310ページ
  • 出版社: ポラーノ出版; 1版 (2016/4/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4908765006
  • ISBN-13: 978-4908765001
  • 発売日: 2016/4/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 177,219位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2016年7月22日
形式: 単行本|Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年3月5日
形式: 単行本|Amazonで購入
2017年2月28日
形式: 単行本