通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
喧嘩商売(1) (ヤンマガKCスペシャル) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

喧嘩商売(1) (ヤンマガKCスペシャル) コミック – 2005/10/6

5つ星のうち 4.4 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 610
¥ 610 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 喧嘩商売(1) (ヤンマガKCスペシャル)
  • +
  • 喧嘩商売(2) (ヤンマガKCスペシャル)
  • +
  • 喧嘩商売(3) (ヤンマガKCスペシャル)
総額: ¥1,830
ポイントの合計: 43pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



雑誌100円OFFキャンペーン
期間限定でファッション誌など対象の雑誌が100円OFF!9/30(金)23:59まで 対象一覧 へ

商品の説明

内容紹介

格闘技ブーム真っ只中の日本に、”最強”を問うッ!!
宇都宮の大地に降り立った転校生・佐藤十兵衛。その圧倒的ケンカテクニックは転校初日、早くもクラスメイトの知るところとなる‥‥。
十兵衛は普通の高校生活を送りたいだけなのにぃぃ!
今しかできない事、たくさんしたいだけなのにぃぃ!
気がつけばいつも敵だらけ、十兵衛の明日はまだ見えない!

舞台は北関東、餃子の町・宇都宮。そこに名門高校から転校生がやってきた!! その名は佐藤十兵衛(じゅうべえ)。一見普通に見える彼は実は喧嘩の天才だった!! 『泣くよ うぐいす』『幕張』『代表人』などで、日本中に笑いの渦を巻き起こした木多康昭が3年の断筆(←本人談)を破りヤンマガに降臨! 本格的格闘(!?)漫画がここに誕生した!!

著者について

木多 康昭
千葉県出身。代表作は『幕張』、『泣くようぐいす』など。現在はヤングマガジンにて『喧嘩商売』を連載中。


登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2005/10/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063613798
  • ISBN-13: 978-4063613797
  • 発売日: 2005/10/6
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
板垣恵介が中途挫折した餓狼伝の世界を髣髴とさせるような
正統派格闘漫画。

多くのレビュアーが指摘している通り、シモネタ悪ふざけを
受け入れるかどうかで、まず評価が分かれるような気がする
が、格闘漫画好きなら10巻ぐらいまで読んで評価して欲しい。
喧嘩部分に関しては、暑苦しいぐらいに真剣に作者は描いて
いる。それがひしひしと伝わってくるはずだ。

また世界観は各流派、各団体による「最強」をかけた争いで
あり、武器有り、奇襲有り、何でもありながら、基本的には
己の肉体が最強の武器との信念をもっている男たちばかりで
ある。餓狼伝、というか夢枕獏のバイオレンス、格闘小説の
世界観そのままである。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
現行の「喧嘩稼業」の前編に当たる喧嘩商売の第一巻。作者のアクの強さ(?笑)に賛否両論あれど、非常に面白いマンガです。

このマンガの面白い点は、金的・目潰し・毒なんでもありの最強の格闘技は何か?という男性ならちょっと気になってしまうトピックが中心になっていることと、ライアーゲームや嘘喰いに近い謀略・心理戦の部分にあると思います。

主人公・佐藤十兵衛が高校生にして数々の強敵を思いもよらない方法で倒していくので、読んでいて飽きません。また巻が進むにつれ十兵衛以外のキャラの話も並行して進んでいきますが、それぞれ個性が強く、引き込まれます。

「喧嘩商売」の前半は作者の前作「幕張」に近いギャグテイストが強いですが、6〜7巻の宿敵・工藤戦を境に、大きく方向転換していきます。
現行ヤングマガジンで連載している話はその辺りからの続きになるので、新しく読む方や最近の連載だけ読んでいる方には、是非初めから読んでみてほしいなと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
祝復活であります。定期的に休みがもらえ、下ネタも完全にOKな
青年誌に移ったことにより、まさに水を得た魚状態であろう木多先生の
新作であります。マジあり笑いありでバランス的には「泣くようぐいす」に
近いものになっています。木多作品は人によって好き嫌いがハッキリ
分かれるので、未経験の方はその辺を理解の上ご購読を。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
「喧嘩」というものが主軸なので、なんでもありのバトルが見れます
タイトルであるように、主人公のメイン攻撃は目潰し、金的、鼓膜破りです
ヤンキー漫画的な喧嘩でなく、策略、卑劣なんでもありの知的バトル漫画よりです

最初はギャグ漫画家ならではのギャグパートが多いのですが、騙されたと思って
喧嘩師工藤との戦いまで見てください。この漫画の方向性がわかると思います!
なんならギャグパート飛ばしていいから!(僕はギャグパートも好きですが)

喧嘩師工藤の戦いが面白ければ、柔道家金田戦めで読んで下さい
この漫画の集大成。格闘漫画史に残るベストバウトが見れます!是非!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 幕張以来久々に木多作品に触れました。ジャンプ全盛期の頃からスラムダンクなどの人気漫画との差に怒ったりちょっかいを出す姿に笑いながら、すごい作家が出てきたなと思いましたが。もともと少年誌でコードすれすれの限界の漫画を連載していた氏でしたが、今回も1回目から執行猶予がついたあの漫画家S(島袋)氏を思わせるようなキャラの登場と脱線気味なヤバ目ギャグ健在振りをアピールするかのようでした。ジャケットといい題名といいなんとなくギャグから作風を変えて格闘技漫画なのかと思いましたが幕張からのギャグも随所に見られます。でも格闘技部分も手を抜くことなく書いてほしいです。大阪人の発音プラッチックをプラスチックだねとわざわざ直して大阪人に対して強くあろうとする氏の姿勢にかっこよさすら覚えました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
   
木多ワールド復活!
青年初誌連載で木多節は進化を遂げるのか?
「最強の格闘技は何か」というテーマは達成されるか?
私は前作「代表人」で、
タブーを嘲笑し暴露ネタを未承認で掲載する
という木多先生のスタイルの到達点を感じたと同時に、
このようなスタイルで描かれるマンガの限界点を何となく感じてしまっていたので、
次の連載はもうないかもしれないと覚悟していました。
しかしこうして復活してくるた木多先生。
先生の作風は変わるのか変わらないのか、
そして変わるのならば進化するのか退化するのか。
どう転ぶのか分からないので今後の展開が楽しみです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック