¥ 1,512
通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
啓発録 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

啓発録 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ12) 単行本 – 2016/6/30

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/6/30
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,000
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 啓発録 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ12)
  • +
  • 努力論 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ11)
  • +
  • 石田梅岩『都鄙問答』 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ14)
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 163pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

吉田松陰や西郷隆盛など、幕末の志士にも多大な影響を与えた英傑・橋本左内。
26歳という若さでその生涯を終えた左内が、15歳の時に著したのが『啓発録』です。
「去稚心、振気、立志、勉学、択交友」の五項目から成る本書は、自らの志を留め、それを若き武士に訴えかけたもの。
国家や主君の義に応えるためにも己を厳しく叱咤し、学問の道に勉励しようとする左内の言葉には、ただならぬ気迫がこもっています。
他にも、福井藩の家老へ教育の提言を行った「学制に関する意見文書」、
リーダーのあるべき姿を説いた「為政大要」、福井藩主・松平春嶽による「橋本左内小伝」も併録。

若き左内が自らへの戒めとして、また藩や国家のため血を吐くような思いで記したこれらの書は、
現代を生きる私たちの心をも揺り動かさずにはおかないでしょう。これぞ自己啓発の不朽の名著です。

内容(「BOOK」データベースより)

全文をとことん読みやすくしました!『啓発録』は21分で読めます(20代30代10人平均値)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 191ページ
  • 出版社: 致知出版社 (2016/6/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800911141
  • ISBN-13: 978-4800911148
  • 発売日: 2016/6/30
  • 梱包サイズ: 19 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 159,219位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2016年12月9日
Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月27日
Amazonで購入
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。サマーニット 帽