この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

問題解決プロフェッショナル「思考と技術」 単行本 – 1997/1/1

5つ星のうち 4.2 56件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,516 ¥ 79

この商品には新版があります:


click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

問題解決の理論をチャートと事例を駆使してわかりやすく説明。あなたの市場価値を高めるための実践的教科書!本書は、問題解決のための2つの思考と2つの技術、そして1つのプロセスが紹介し、ビジネスの現場で使えるよう、問題解決のプロセスを体系化したものである。

内容(「MARC」データベースより)

問題解決プロフェッショナルの戦略コンサルタントの基本スキルと理論を、チャートと事例を駆使してわかりやすく説明。


登録情報

  • 単行本: 206ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (1997/1/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478490228
  • ISBN-13: 978-4478490228
  • 発売日: 1997/1/1
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 56件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,673位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 4649 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/4/7
形式: 単行本
ロジカルシンキングに興味があるけど、どう考えるのかよく分からない。
バーバラ・ミントを読んだけれどもさっぱり分からない。
そういう人はまずこの本を読破するのがよい。
網羅的でありながら、コンパクトに、かつ分かりやすく書かれてるからだ。
本の概要を記すと、
第1章でゼロベース(先入観にとらわれず)に、仮説思考することの重要性を説明する。
第2章ではMECE(因数分解)とロジックツリー(因果関係)について解説する。
第3章ではソリューションシステムとして、1、2章の考えを統合する。
第4章は実際の事例を通じてソリューションシステムを実践する。
ソリューションシステム=ロジカルシンキングの具体的手順と考えてよい。
また、いきなりソリューションシステムについていくのは難しいのだが、
1章、2章と順を追って丁寧に解説してくれているため、初学者でも脱落せずに3章に到達できる。
4章は余力があれば読んで損はない。
この本の内容を身につければロジカルシンキングの「基盤」は身につけることはできる。
但し、内容が初歩的なので、この本のみでロジカルシンキングができるようになったと判断するのは危険である。
各章の内容をより深く理解するために、他の関連書籍も読
...続きを読む ›
コメント 121人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書では、問題解決のための様々なアプローチが紹介されています。
特にMECEとロジックツリーについては、その後の、「仮説」、「検証」、「評価」についての大前提となるため、かなり詳しく解説がされています。

これらはビジネスパーソンとして、パフォーマンスを上げるために、MUSTとなるスキルであるわけですが、このスキル(考え方)の使いこなし方は、人それぞれで千差万別でしょう。

この仕組みさえ知っておけば、誰でもパフォーマンスを上げられると言うものではなく、「どれだけ腹に落ちているのか」、そして、「必要な時にタイムリーにポケットから取り出せるのか」が、最初のハードルになりそうです。

その上で、このツールで導かれた解答が、どれだけ現実に即しており、成果に直結するのかと言う、品質面での問題は次のハードルになりそうですね。

ツールは同じでも、出てくる成果物に差があるのは、現在のマーケットではよく見かける事ですから、この考え方を知っただけで満足せずに、如何に品質を高めるかに注力する事、すなわち、繰り返し活用し、精度を上げていく事が重要なんだろうと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
【論理的に物事を考える】というのはどういうことかを、体系的に書いた一冊です。

・"So What?"=「だから何なのか?」を考え抜き、具体的なアクションレベルまで落とし込む

・真の原因を突き止めるためには"Why?"=「なぜ?」を考え続ける

・解決策を具体化するには、"So How?"=「だからどうするのか?」を繰り返し深めていく

・情報量が増えると思考量は減少する【思考と情報のパラドックス】

などなど、

論理的思考における重要な要素が漏れなく書かれていると思います。

ビジネスの現場で応用するためには、具体例でどのように使われるかということをもっと深く学ぶ必要がありそうですが、

入門編としてはおすすめの一冊です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
大石 哲之著 『コンサル一年目が学ぶこと』の中で、推薦されていたため購入。

ロジックツリーの作り方とコツが大変勉強になった。本著のポイントに沿って
早速実務でツリーを作成。実際作ってみると同僚との議論の内容が
構造的に見える化され、効果的である事を実感。

今後も重要な章を繰り返し読んで、ロジックツリー作成スキルを向上させたい。

<本著からの学び>  ロジックツリーの作り方
・ロジックツリーは、同じ階層の項目が「MECE]かどうかをチェックする
・ロジックツリーは、下位の階層が因果関係になっているかをチェックする。
・原因追求のロジックツリーは、「WHY」で下層に落とす。
・解決策具体化のロジックツリーは、「SO HOW」で下層に落とす。
・まず始めは、思いつく項目を全てリストアップする。
・ツリーの深さが十分でないと、アクションに落ちない。
・同階層にモレがありそうなら、一旦「その他???」を入れる
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック