Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,400

¥ 112の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[鈴木進介]の問題解決のためのセパレート思考
Kindle App Ad

問題解決のためのセパレート思考 Kindle版

5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,400
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 199

紙の本の長さ: 248ページ

商品の説明

内容紹介

■あらゆる問題は、「仕分け」するだけで9割解決できる

「やるべきことが多すぎて、何から手をつけたらいいのかがわからない」
「選択肢を絞れなくて、何を残して、何を捨てればいいのか迷う」
「つい考えすぎてしまって、なかなか行動に移せない」
「一生懸命やっているのに、結果につながらない……」
「アイデアが煮詰まってしまって、出てこない」

こうなってしまうと、
正しい判断ができなかったり、
行動することができないものです。

これらの悩みには、
1つの共通点があります。

それは、「頭の中がごちゃごちゃ」です。

頭の中がごちゃごちゃで整理されていないから、
このような悩みが湧き出るわけです。

問題をいかにシンプルにして、
正しい決断や行動につなげていけばいいのか?

そのためには、
まず問題と頭の中をシンプルに整理する必要があります。

その整理をするときに、
絶大な効果を発揮するメソッドが
「セパレート思考」です。

「セパレート思考」とは、ひと言でいえば、
「問題を仕分けする思考法」です。


混乱した頭の中

選択肢&情報の「仕分け」(セパレート思考)

物事の本質が見える

正しい決断と行動

問題解決


問題の種類によって、
その仕分け方が異なります。

どのような問題を
どのように仕分けていけばいいのか?

その方法を具体的な事例を交えながら、
徹底解説したのが本書です。

内容(「BOOK」データベースより)

あらゆる問題は、「仕分け」するだけで、9割解決できる。「思考の整理整頓」が、仕事のパフォーマンスを最大化する。全ビジネスパーソンに役立つ!「頭の中のごちゃごちゃ」をスッキリ、明快にする技術。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 17813 KB
  • 出版社: フォレスト出版 (2015/7/18)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B018Q2Y6I0
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 42,948位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
悩んだり、頭がごちゃごちゃになった時は考える問題が大きすぎる。
分けて考えればすんなり考えられると著者は主張する。
元ヤンキースの松井秀喜氏やACミランの本田選手などのトップアスリートも、困難に直面した時は「今、自分が変えられることは何か?」に集中するという。
思考停止になりそうになったら分解して考えるが基本だということですね。
よく悩んだり迷ったりしてしまう方におすすめ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書を一言で要約すると、
複雑に考える前に、まずは「分けること」。
それだけで考えの輪郭が浮き彫りになり見えてくるものがあります。

私はロジカルシンキングや戦略系の本をいくつか読んできましたが、
いざ自分事として使いこなすトレーニングしても難しいなと感じることがあります。

それは「軸」の選択でセンスを問われるからです。
どういう切り口で論点を作って問題を行動まで細分化していくのか経験が必要ですし、
王道のフレームワークもすべての事例に当てはまるわけではない。
そんな時にまず第一歩を出すための思考は、本書の「シンプルにまずは2つに分けること」でした

例えば、4P、利益分析などの分析の前に
「今集中すべきこととそうでないこと」
「変えられること、変えられないこと」
と複雑な分類の前に、まずは2つに分類してみるというのが一番の学びかつヒントになりました。

本書では、さらにそこから「引き算」をして「何をして何をしないか」
詳細がかかれています。
代表的な「ロジカルシンキング」など論理性が高い専門書の前の入門書として
広くなじみやすく理解できるものと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自分の思考を整理し、相手に論理的に伝えるには頭の中で考えていることをアウトプットし整理する必要がある。整理の方法には様々なフレームワークがあるが、今回はシンプルなフレームワークの紹介がメインである。シンプルが故に非常に応用性が効くと考えられ、一読の価値はあると考えられる。

お薦め度 ★★★★ (4/5)

★本書のポイント★
自分の思考をシンプルにする(整理する)ことが創造性の鍵につながる。その為の方法として、①仕分け、②捨てるものを決める、③行動に移す ことが挙げられる。
(大切なのは如何にうまく仕分けするか。これが出来れば問題の9割は解決できる)

●概要 (自分が出来ていないところ/本から学んだ点)
・思考の整理は必ず手書きで紙に書きだす。
・分け方の例 (T字型で分ける)
ex)1. 定量目標/定性目標
2. 目的/手段
3. 抽象的/具体的
4. 原因/解決策 (原因は「なぜ」で深堀する)
5. 事実/意見
6. メリット/デメリット
7. 結果目標/プロセス目標 (夢を考えるときに役立つ。プロセス目標で「どうなっていたいか」を考える)
8. 短期目標/長期目標<
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
イマイチ。

『本物の仕分け術』と比べると、どうにも内容のまとまりが欠けてボンヤリとしている印象。

細かい(よくいえば具体的)なテクニックは細かく説明してくれているのだが、どうにも印象に残る内容が少ない。

それから、ジョブズやイチローなど、もう食傷気味の著名人の名前やエピソードを出して説明するところが多く、なんだか説得力に欠ける。

唯一なるほどと思ったのは「変えられること」と「変えられないこと」を仕分けするという考え方。
これだけはちょっと参考にしたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover