通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
問題児たちが異世界から来るそうですよ?YES! ウ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付きです。特に目立つ傷もなく状態は良好でございます。店舗にて併売しております故、売り切れの際には全額返金させていただきます。ご了承下さいませ。商品は日本郵政のゆうメールにて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

問題児たちが異世界から来るそうですよ?YES! ウサギが呼びました! (角川スニーカー文庫) 文庫 – 2011/3/31

5つ星のうち 3.8 32件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 問題児たちが異世界から来るそうですよ?YES! ウサギが呼びました! (角川スニーカー文庫)
  • +
  • 問題児たちが異世界から来るそうですよ?  あら、魔王襲来のお知らせ? (角川スニーカー文庫)
  • +
  • 問題児たちが異世界から来るそうですよ?  そう……巨龍召喚 (角川スニーカー文庫)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

世界に飽きた逆廻十六夜に届いた招待状を開けたら、完全な異世界にいました!そこには無口な少女と高飛車なお嬢様、そして呼んだ張本人の黒ウサギ。彼女が異世界を説明した瞬間「魔王を倒そうぜ!」と十六夜が告げ!

内容(「BOOK」データベースより)

世界に飽きていた逆廻十六夜に届いた一通の招待状。『全てを捨て、“箱庭”に来られたし』と書かれた手紙を読んだ瞬間―完全無欠な異世界にいました!そこには猫を連れた無口な少女と高飛車なお嬢さま、そして彼らを呼んだ張本人の黒ウサギ。ウサギが箱庭世界のルールを説明しているさなか「魔王を倒そうぜ!」と十六夜が言いだして!?そんなこと黒ウサギは頼んでいないのですがっ!!超問題児3人と黒ウサギの明日はどっちだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 295ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404474839X
  • ISBN-13: 978-4044748395
  • 発売日: 2011/3/31
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 316,242位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
シリーズの何巻目なのかわかりづらい
買う側のことを少しは考えてもらいたい
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
俺tueeee系は好みではないので敬遠していましたが、
俺tueeeeというよりは昔からの王道ヒーロー系だから、との解説を受け手に取りました。
うん、面白いです。詳細はまだ一巻しか読んでいない(アニメも見ていません)のと、たくさんの方々が触れていらっしゃるので省略しますが、
舞台設定やコミュニティの存在や思惑、そして忘れてはならないギフトなど、
様々な要素が絶妙に交錯しており、噂の黒ウサギもとても可愛くて満足です。
ただ残念に思う点もなかったわけではありません。タイトル通り一巻の〆の部分です。

ここからはネタバレになりますが、
話の最初から終盤までは箱庭に存在するコミュニティ同士の関係性や、
主人公と同じくギフトを持ったヒロインたちがルールに沿いながら試行錯誤して戦う形だったのでとても楽しめたのですが、
一巻の〆を飾るバトルは完全に主人公補正による勝利でした。
強い。ただ単純に主人公が強いだけ。そして敵の攻撃もすべて無効化して呆気なく勝利です。
そんな最後の最後でやってきた俺tueeeeな無双展開にがっかりを隠せません。
それまでの戦いがすべて茶番に見えてしまいました。

ただそれを含めても全体的にかなり楽しめたので、とりあえず二巻を買ってみたいと思います。
1 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 らくらっく 投稿日 2013/1/28
形式: 文庫
感想は色々述べられてるので割愛します。合う人には合う、自分は文句なく面白かったです。 一応低評価の方のレビューで突っこんだほうがいいかな?と思った点を補足します。

1.主人公達の設定が中二レベル、俺Tueeeee!!したいだけという類の感想

黒ウサギは崩壊したコミュニティを再建するために、『人類最高レベルのギフトホルダー』という条件で召喚を行いました。 いわば危機に陥った企業が再生の専門家を呼ぶのと同じ状況。寧ろ最強設定の主人公達でなければわざわざ召喚される理由がありません。普通に有能といったレベルのキャラ、やれやれ系のような受け身主人公では一組織の立て直しなど不可能、その時点で物語は終了です。この土台を理解するかしないかで作品の印象も変わると思います。

2.バッググラウンドが薄いという類の感想

自分も一巻を読んだだけでは確かに説明不足感がありましたが、二巻以降ちゃんと書かれてます、寧ろ物語の根幹にも関わってきそうな点があるので、あえて一巻で書かなかったのだと思います。 問題児は魔王とのギフトゲームが始まる二巻からが本番なので、一巻を楽しめ方はぜひ先の巻も読んでみてください。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タイトルで地雷かと思ってたんですが、実際読んでみるとかなり面白いです。
主人公最強設定と言えば、色んな理由をつけて力を出ししぶるのが多いものですが、この作品では最初っからぶっ飛ばしてます。
ギャグみたいに強い主人公+別ベクトルで強いもう二人の主人公+黒ウサギの掛け合いも面白い。
それにして弱小コミュニティの復興、箱庭の世界、魔王という災厄、作り込まれた世界観に燃える展開など、異世界ファンタジーとしてもかなりのハイレベル。
久しぶりに「当たり」を読めました。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
初めてレビュー書くことにしましたがそれくらいおもしろかったです!!
最初にあらすじみたときは「うわー、地雷っぽいな」でしたが
表紙の黒ウサギのエロさにまけて買ってしまいました。

でいざ読んでみるととっても面白かったです!!
最近読んだラノベの中でも上位に入りました!!

とりあえず公式のあらすじが分かりづらいので要約すると

1 ”ギフト”と呼ばれる能力を持った主人公+二人の少女は平行世界から「箱庭」と呼ばれる世界に黒ウサギに呼び出される。

2 その世界では「コミュニティ」と呼ばれる集団があり「ギフトゲーム」というゲームでコミュニティ同士で戦っている。

3 黒ウサギは自分たちのコミュニティに入ってくれと頼むが実はコミュニティは「魔王」と呼ばれる存在によってギフトゲームで敗北し崖っぷち状態で、「ノーネーム」という名無しになっているがそれを隠している。

4 しかしそれもバレ、主人公一行がノーネームを打倒魔王のコミュニティとして復活を目指す。

こんなところでしょうか。

で主人公一行ですがとにかく強いです!!
三人とも強いですが特に主人公の強さがもうデタラメレベルで爽快です!!
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック