通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい? がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい? (英語) 単行本(ソフトカバー) – 2004/12/10

5つ星のうち 3.9 63件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?
  • +
  • 続弾!問題な日本語―何が気になる?どうして気になる?
  • +
  • 問題な日本語その3
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

へんな日本語にも理由(わけ)がある!
「ご注文は以上でよろしかったでしょうか」「こちら和風セットになります」「全然いい」などの“問題な日本語”を
取りあげ、それがどのような理由で生まれてきたか、どのように使えばよいかを、日本語の達人、『明鏡国語辞典』の
編者・編集委員がわかりやすく解説。一読して言葉の常識がわかる「使うのはどっち?」も収録。

内容(「BOOK」データベースより)

単に「使ってはいけない」「この用法は間違っている」と指摘するだけではなく、どうしてそういう表現が生まれてくるのか、誤用であったとしても、その誤用が生まれてくる「誤用の論理」は何なのかを究明する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 168ページ
  • 出版社: 大修館書店 (2004/12/10)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 4469221686
  • ISBN-13: 978-4469221688
  • 発売日: 2004/12/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 125,180位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 「明鏡国語辞典」でいい仕事をした編集委員たちが、今度は「問題な日本語」でいい仕事をした。誤用辞典には違いないが、本書は、そんじょそこらにあるそれではない。問題意識が明確で、かつ日本語の現状を客観的・学問的に論じ、しかも分かりやすく書かれているところがすばらしい。「コーヒーのほうを~」や「よろしかったでしょうか」の項は、特に勉強になりました。
 上段の面白さは言うまでもないが、下段のコラムは抑制と緊張の産物で、簡潔な表現で日常的な日本語に対する再考を迫る。文法問題を数多く取り上げたところも新鮮。「名誉挽回」「犯罪を犯す」などを読めば、凡庸の誤用辞典の類は真っ青だ。
 マンガがまた笑わせる。いのうえさきこさんの知性が光る。
 面白くて、ためになる。贈り物にも最適。第2弾が待ち遠しい!
 
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 最初は国語文法書のようなお堅い本かと思いましたが実際買って読んでみると、最近よく聞く話し言葉やネット言葉など取り上げ、しかもその内容・説明が難し過ぎず・長過ぎず判りやすい本でした。しかも最後に「ポイント」として簡単な「まとめ」の解説があって要点もしっかり掴むことが出来ます。
 また、良く使う日本語でどっちが正しいか迷うものを「使うのはどっち?」というコーナーが108個あって自分も使うのに迷っていた言葉の説明もあって面白かったです。
 面白さを引き立てるもう一つの要素は本の中にちりばめてある漫画も「問題な日本語」に添った内容で笑わせる内容で堅さが抜けました。
 長い文章ではありませんので電車の中や仕事・学校の休息時間に少しずつ読み進められる本だと私は思いました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
電車の中吊り広告を見て、ものすごく興味があって読んでみましたが・・
”私的には”、一番面白いのは「目次」のような気がしました。
言葉の使い方・言い回しを「国語」「言語」という角度から捕らえてあり、普段意識しないで使っていた言葉の語源や意味などを改めて考えるきっかけとなり面白かったのですが、ただ単に省略しただけの言葉や、わかっていながらわざとはずした表現をする言葉遊びの部分までも、半ば無理やり文法的理由やそこに至った経緯が書いてあるのには、何もそこまで・・・と思ってしまいました。(ちょっと映画「マイ・ビック・ファット・グリーク・ウエディング」に出てくる、どんな言葉もギリシャ語が語源と説明を始めるお父さんを思い出しました。)
あと、下半分の部分は、字数の関係もあるでしょうが「で、結局どっちが正しいの?」と2度読まなくてはならないこともあってわかり難い。
着眼点はとても面白いと思ったし、意外に間違って使ってしまっていた言葉もあったりして(「”なおざり”と”おざなり”」等)、役には立ちました。4コマ漫画も面白かったです。
通しで読むより、疑問に思ったときにその箇所を読むのがいいのかもしれません。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pacman 投稿日 2006/3/1
形式: 単行本(ソフトカバー)
日常使われる日本語の不自然な使い方についての是非をまとめたもの。

若い人たちの使う言葉が乱れていると言われる中で、多くの人がなんとなく不自然に感じる言葉の使い方について述べたものである。この著者は言葉の変遷に一定の理解を示しており、「語源から考えると間違いだ」というように決め付けることはなく、言葉が本来の姿から余程脱していない限り、あくまで人々がそれを聞いたときどのように感じるかという視点で書いている。それゆえに答えを知らなければ気がすまない人にとっては、読んでいてストレスの溜まるものになるのではないだろうか。しかし、私は明確な答えが得れなくても、この本を読んで非常に勉強になったと思う。特に「こと」と「事」の違いについては、今まで全く分かっていなかったことなので、それについてはっきりと理解できて有益だったと思う。ただ、敬語の使い方に対する明確な解答が少ないのが残念に思った。正解や間違いの例を明確に多く示して欲しかった。

「ふんいき」「ふいんき」について。小さい子は「たかしまや」「たかましや」という間違いを起こすことがあるが、それとの関連性はあるのだろうか?
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
日頃、気になる(気に障る)言い回しのうちのいくつかを挙げて解説されている点は面白く読めたのですが、それらの言い回しの生まれた背景をもう少し掘り下げてほしかった・・・解説はあくまでも文法上の解釈に終始し、文例も古い文学作品が中心。文豪も使う言い回しだから誤用ではない、というのではなく、どのような年齢層の人々が、どのような場所で、どのように使われだし、他の人々からどのように感じられているか、社会的な側面から喝破するのに期待しておりました。最近の「日本語ブーム」のおかげで人気ある本ですが、続編に期待します。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック