中古品:
¥200
お届け日 (配送料: ¥330 ): 6月29日 - 7月1日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 商品の画像や商品名に記載がありましても付属品や付録をお付けする保証はございません。 また、中古商品の性質上、折れや破れ、書込み、日焼け、水濡れ跡や若干の汚れなど、一部瑕疵のある商品であっても、お読みいただくのに支障がない状態であれば、販売をしております。なお、シリアルコード、プロダクトコードの使用有無は保証しておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

商業界2018年06月号 (お客を“神様”から“応援者”へ 顧客熱狂計画) 雑誌 – 2018/5/1


価格
新品 中古品
雑誌
¥200
¥163
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

滔々と流れる河の岸辺に立つとき、「この河をさかのぼっていくと何があるんだろうか?」と思うのは、どんな大河も一滴の湧水から始まるからです。

商業界という河は1948年、倉本長治という男の澄み切った一滴の熱意から始まります。
当時の日本経済は混乱の只中にあり、商業のモラルは地に落ちていました。そのとき、「店は客のためにある」と、お客のための正しい商売のあり方を提唱したのが倉本であり、その道具として誕生したのが小誌「商業界」でした。
しかし、生まれたばかりの小川の流れはか弱く、多くの人たちを潤すことができませんでした。そこで自らの熱い思いを直接伝える手段として倉本は、商人たちが集う“学び場”の開催を呼びかけます。

こうして商業界創刊から3回目の冬、箱根で百余名を集めて始まったのが商業界ゼミナールでした。その意味で小誌と商業界ゼミナールは同じ親から生まれた兄弟であり、同じ志を共有する友でもあります。
この小さな流れはやがて毎回数千人を巻き込み、日本の商業を導く大河へと成長していきました。ここから日本を代表する商人が排出され、たとえ小さくとも心温まる商いに徹する商人が育まれていったのです。
こうして86回を数えるまでになった商業界ゼミナールの目的は、今も変わるところはありません。商人にとって商いとは生きることと同じであり、良き商人とは良き人間のことである――その在り方を伝えることが使命です。

ただ最近、その水量が衰えつつあります。多くの講演会が各所で開かれる今日、商業界ゼミナールの役割が問われているのでしょう。
だからこそ、この河の源流にある“澄みきった一滴の熱意”を取り戻し、そこに立ち返るときなのです。

店よし客よし世間よし
三方よしに一つ加えて
未来よし
四方よしをめざそう


【月刊「商業界」編集長 笹井清範】

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B07BZC5KPM
  • 出版社 ‏ : ‎ 商業界 (2018/5/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2018/5/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません