中古品
¥ 24
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【商品状態】概ね綺麗な状態ですが中古商品ですので若干のスレ・ヨゴレがある場合がございます。ご了承ください。【発送について→】☆当方受注確認後、迅速に発送行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

商品先物市場のしくみ (PHPビジネス新書) 新書 – 2010/2/19

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書, 2010/2/19
¥ 24
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「怖い」「騙される」「手を出したら人生終わり」――。
そんなイメージが先行する商品先物市場の世界。
しかし、それは市場の役割やしくみを理解していない人が多いために生じる誤解である。
企業でも個人でも、リスクを減らすために商品先物市場を活用すべきなのだ。

そして、あなたが思っている以上に商品先物市場は私たちの生活に影響を与えている。
金や石油、とうもろこしは、私たちの財布に実際どのような影響を与えるのだろうか。

そこで本書では、30年ぶりの活況に沸く先物市場の基礎知識をわかりやすく解説。
取引の際の注意点はもちろん、リスクヘッジなどビジネスマンなら知っておきたい活用方法も指南していく。

この一冊で、あなたの経済観がさらなる広がりを持つこと間違いなし!!

内容(「BOOK」データベースより)

「怖い」「騙される」「手を出したら人生終わり」―。そんなイメージが先行する商品先物市場の世界。しかし、それは市場の役割やしくみを理解していない人が多いために生じる誤解である。企業でも個人でも、リスクを減らすために商品先物市場を活用すべきなのだ。本書では、30年ぶりの活況に沸く先物市場の基礎知識や、取引の際のアドバイスをわかりやすく解説。「売りヘッジ」「買いヘッジ」など、具体的なリスクヘッジの方法も指南する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 252ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2010/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569776590
  • ISBN-13: 978-4569776590
  • 発売日: 2010/2/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 531,577位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
本書では、業界での経験のある著者が、商品先物を全般的に丁寧に書き下ろしたものです。

すでに江戸時代から米価格のリスクヘッジとして、現在に近い制度が出来上がったというところから、商品価格の変動により、企業がどのようにリスクをヘッジしているか…といった実際の内容までカバーされています。

もちろん、どのようにして投資をするか(口座開設に至るまで)や、貴金属を現受けする方法、さらには投資のスタイルについても解説されており、「基本的なところを幅広く扱った」という印象です。

あとがきに、企業のリスクヘッジの手助けをしたことがないため、脱稿まで2年かかったと書かれていますが、私としては内容を丁寧に書くがゆえに時間がかかったのではという印象を持ちました。

投資目的ではなくとも、経済の全般を知りたいという人にも役に立つ書籍だと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 著者は、商品先物会社で投資勧誘の営業を行っていた人物である。本書の目的は、商品先物市場が企業の商品価格の変動リスクを回避する役割があることを一般読者に伝えることにある。本書は、非常に基本的なことが書かれた作品である。
 欲を言えば、2001年1月1日に施行された商品先物取引法に関して、もう少し突っ込んだ説明がほしかった。世界初の商品先物市場であった大阪堂島の米会所については、その成立の過程を端的に説明しており、解りやすかった。蛇足だが、その伝統を受け継いでいるという大阪の関西商品取引所が、2011年3月、農林水産省にコメ先物取引の申請を行った。今後、その行方を注目したい。
 本書の中で紹介されている、いくつかの相場用語が遊郭で有名な吉原の影響を受けていることは、目から鱗である。「ザバラ」「寄付」「引け」が吉原と深い関係がある言葉だそうだ。
 視点を変える。商品先物取引では、高い手数料で高齢者に対して執拗な営業活動を行い、勧誘を受けた高齢者が取引の詳細(リスク)を理解できないまま取引を行い、大きな損失を被る場合がある。訴訟事案に発展して、社会的な問題となるケースもある。これらの影響により、日本の商品先物取引の取扱量が減少したという。世界全体の商品先物の取引高は急増し、直近10年間で取引量は約5倍に膨らんだ。にもかかわらず、日本における商品先物市場の取引
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
企業活動における価格変動ヘッジ機能として
先物市場をどう使えば良いか?
そのリスクは?
注意点は?
基本的な仕組みは?

そんな事が実務家の視点で書かれています。
勿論、資産運用についても書かれていますが、
「今から1、2年」の要請に最もマッチする部分が、
上記の価格変動ヘッジの解説と考えます。
また、この部分については、
類書がほとんどないと思います。

先物取引についても、
かなり具体的に書かれているので大変分かりやすい。
失礼ながら、女性が書いたとは思えないほど
内容が論理的でもあります。

それと、これは私の個人的見解ですが、
先物取引はあらゆる投資の基本だと思います。
鞘取り、うねり取り、季節変動、材料の価格変動など。
これらが比較的ダイレクトに感じられる先物市場を
理解していないプロはいないと思っているのですが...

少なくとも、ここ1、2年は為替も物価も変動の波が
明確なトレンドを形成しないと思いますし、
デフレを脱却して金利が上がったとしたら、
それこそ変動の余地は広がる訳で
本書の活用範囲はますます大きくなって
いくことでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告