中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

商いの道―経営の原点を考える (PHP文庫) 文庫 – 2001/1

5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,234 ¥ 1
文庫, 2001/1
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

長引く不況に悩む流通業界にあって、イトーヨーカドーやセブン-イレブンを中心とするイトーヨーカドー・グループは順調に業績を伸ばしている。その秘密はどこにあるのか。
伊藤は、その理由として、「常にイノベーターであり、チャレンジャーとして仕事に邁進してきたこと」を挙げている。
しかし、本書を読んで印象的なのは、戦後、東京下町の焼け跡で母と兄との三人で「羊華堂」という洋品店を再スタートさせ、一店、二店と増やしていく過程で、母や兄から学んだ「商売に王道なし。ただ(客に喜んでもらいたいという)心あるのみ」だという、「商人・伊藤」の言葉である。その後、伊藤は60年代に渡米し、いち早くチェーンストアー時代の到来を察知し、実際にイトーヨーカ堂チェーンとして成功する訳だが、いまでも伊藤の心の中にあるのは母と兄の教えのようだ。順調な成長発展も「商いの心」を忘れていないグループの総帥である伊藤の存在と無縁ではないだろう。

内容(「BOOK」データベースより)

消費が冷え込み、ものが売れないのは、どこの家庭もものが有り余っているからだ…。そんな声がかまびすしい流通業界のなかにあって、イトーヨーカドーやセブン‐イレブンは順調に業績を伸ばしている。その秘密はどこにあるのか。東京の下町に生まれ、激動の昭和から平成の現在まで、「商売一筋」に生きてきたイトーヨーカドー・グループの創業者が淡々と語る「商いの原点」「経営の指針」とは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 217ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2001/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569575056
  • ISBN-13: 978-4569575056
  • 発売日: 2001/01
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 744,619位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
セブングループの創始者である著者が「商い」について語っている本書は、商売をする人ならば一読する価値があると思う。

まず、プロローグの「商人の原点」では創業時代が語られているが、著者の生涯の師である母と兄の「商い」にかける謙虚で真摯な取り組み姿勢に心をうたれた。

第1章の「商いの心構え」では著者自身の考え方が披露されているが、「誠実を貫く難しさ」「商人は孤独の中に生きる」など、それぞれの節の言葉の一つひとつに深みがあり考えさせられた。

そして第2章の「心に残る出会い」では松下孝之助氏との交流が描かれているが、松下氏の商売人としての凄みが印象的。あとがきでは、著者が松下氏に始めたばかりのセブン・イレブンの話をした際に、松下氏が「この店は一万店になるよ」と言ったエピソードが披露されているが、松下氏の慧眼に感服した。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
内容としては、幼いころから苦労を重ねてイトーヨーカドーを成長させた伊藤氏の自叙伝的な要素が多く、同じ新装版でも読者に対するメッセージ性が強い松下幸之助氏のシリーズをイメージして手にとった人は少し物足りないかもしれませんが、流通・サービス業に携わる人にはぜひ心に刻み込んでほしい言葉が散りばめられています。

グループの経営を引き継いだ鈴木敏文氏の著書とはだいぶ印象が異なります。単品管理の重要性など基本的な商売の考え方は同じだと思いますが、この本からは伊藤氏の顧客や仕入先、金融機関に対する謙虚さ、感謝の思いなどが強く伝わってきます。

鈴木氏の著書と比較してみると、近年の流通業の環境変化の厳しさが、より感じられるかもしれません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まず一番に感動したのが、この著者の文章の書き方でした。
本の大きさがB6判と小さいのに字が大きく、しかも249ページしかないのですが、とても柔らかな温かく丁寧な物言いでかかれています。ということは、普通ならあっという間に読んでしまうはずなんです。
しかし、短く丁寧な言葉の中に実に多くの重要な事柄が含まれていました。要点だけを押さえた無駄のない内容とはこのことでしょうか。これはとても不思議な感覚です。まるで魔法にかけられたような・・・さすがは天下のセブンイレフンを率いるイトーヨーカ堂の創設者、脱帽しました。
この著者、すでにご高齢、現名誉会長。正直、手にとるまでは栄光物語なのかなあって思っていたのですが、どっこい。過去、現在、近未来まで世の中を見通し、これからは「生活を提案する商いへ」と、時代の変化についても語っています。ライフスタイルに合わせた商品の組み合わせ方、またライフスタイル自体も提案していく、そして今までの「なんでもありのよろず屋商売」がとても危険だという警告も発しています。
「ビジネス」という響きに、頑張れ負けるなと意気込んでいた自分に、「商い」という発想が「相手は人、誠実さが重要」ということをあらためて考えさせられた目からウロコの感動の本でした。
と、同時に一流企業の厳しさも知ることができ、これから事業を展開していくにあたり重要な教えを頂いたと感謝しています。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
_
この本は薄いし、活字も大きくて中身が少ない。
しかし、読めばなるほど、びんびんと響く話が満載で、
内容の濃い本でした。
単品管理システムとは権限委譲であり、
モチベーションにつながっているという話には
なるほどとうならせられます。
この一節だけでも呼んでください。
「商いだけでなく、もの作りの道でも、芸術の道でも、
人生に成功する早道を1つだけ挙げろときかれたら、
私は「どれだけ人間が好きか」という事を挙げます。」
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/11/4
形式: 文庫
経営的観点を踏まえた、商い道です。
どの商売にも通じる根底が、自らの生い立ちも踏まえて、商い人の心に迫ります。
起業家を目指す方たちには、長く事業を営む事を望むならお奨めです。
貧困から抜け出したいと望む方々には、この世の真実を知る言葉が詰まっています。
ヒントを自ら見つけてください。見つけやすい1冊です。長期的感覚で受け入れるべし。
『お客様は買ってくださらないもの。お引取り様(商品を)売ってくださらないもの。銀行はお金を貸してくださらないもの。』
この言葉の重さが今では痛感してます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー