通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
哺乳類の卵—発生学の父、フォン・ベーアの生涯 がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ゆずの木書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【帯付き】■使用感少なく、キレイで良好な状態です。■記載のない場合、帯・ハガキ・特典など封入物の付属は原則ございません。■中古品のため気を付けておりますが、見落としによる多少の傷み等はご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

哺乳類の卵—発生学の父、フォン・ベーアの生涯 単行本 – 2019/5/21


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/5/21
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,600

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

進化論もiPS細胞も、ここから始まった。

現代の生殖医療では、人工授精などで人間の卵子を取り扱うことが日常的に行われている。
しかし、ここに至るまでには発生学の長い歴史があった。
そもそも哺乳類の卵というものが知られるようになったのは、わずか200年ほど前のこと。
その発見者こそが、カール・エルンスト・フォン・ベーアであり、近代発生学の始祖と言ってよい人物である。
『種の起源』でも、ダーウィンが尊敬をこめて言及している。
再生医療や進化発生学の原点を創出したベーアは、
現代においてこそ、もっとも注目されるべき科学者の一人である。

【目次より】
ロシア生まれのドイツ人
子供時代
大学卒業と遍歴修業の旅
ヴュルツブルク大学―パンダーと発生の研究
ケーニヒスベルク大学―はじめの数年間
発生の研究
哺乳類の卵の発見
ペテルブルク科学アカデミー―ロシアでのベーア
現代に続くベーアの仕事

内容(「BOOK」データベースより)

現代の生殖医療では、人工授精などで人間の卵子を取り扱うことが日常的に行われている。しかし、ここに至るまでには発生学の長い歴史があった。そもそも哺乳類の卵というものが知られるようになったのは、わずか二〇〇年ほど前のこと。その発見者こそが、カール・エルンスト・フォン・ベーア(Karl Ernst von Baer:1792‐1876)であり、近代発生学の始祖と言ってよい人物である。『種の起源』でも、ダーウィンが尊敬をこめて言及している。再生医療や進化発生学の原点を創出したベーアは、現代においてこそ、もっとも注目されるべき科学者の一人である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: 工作舎 (2019/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4875025084
  • ISBN-13: 978-4875025085
  • 発売日: 2019/5/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 225,802位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう