通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
哲学 (図解雑学) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙(表裏背)には軽微なスレやキズ汚れは見られますが、状態は良好です。中身の状態も書き込み・破れ等もなく良好です。クリーニング後クリスタルパックで防水対策をし、埼玉県から2営業日以内に発送致します。安心の全古書連組合員です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

哲学 (図解雑学) 単行本 – 2001/6

5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 261

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 哲学 (図解雑学)
  • +
  • 社会心理学 (図解雑学)
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 86pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「自分はいったいどこから来たのか?」「自分は一体何なのか?」哲学者たちが問題にしてきた事柄を煎じ詰めれば、ほぼそのような問いに落ち着きます。現実の自分のあり方が把握しきれずにもどかしい思いをしている人は、同じような問題について頭を悩ませてきた哲学者たちが何を考えていたかを、知りたいと思うことでしょう。本書は、「哲学とは何か」といった問いをはじめ、西洋哲学史、東洋思想史において重要な哲学者や思想家の考えを、できるだけ明快、公平、平易かつコンパクトにまとめました。専門用語はほとんど使いませんでした。本書を通して、自分の哲学を考える手がかりを見出してください。

内容(「MARC」データベースより)

「哲学とは何か」といった問いをはじめ、西洋哲学史・東洋思想史において重要な哲学者や思想家の考えを、できるだけ明快、公平、平易かつコンパクトにまとめる。専門用語はほとんど使わず、イラストを用いて解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 274ページ
  • 出版社: ナツメ社 (2001/06)
  • ISBN-10: 4816330267
  • ISBN-13: 978-4816330261
  • 発売日: 2001/06
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 150,382位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
  はじめに、著者はこのように明記している。
 p2「本書は哲学や思想についての初心者に、重要で有益ないくつかの考え方をコンパクトに理解していただき、全体像を把握できるようにという目的で書かれている」
p2「西洋哲学史と東洋思想史において重要と思われる哲学者や思想家の考えを、レベルを落とすことなく、可能な限り、明快公平平易かつコンパクトにまとめたものである」
 p2「紙数や字数上の制限のためそれぞれの記述が不完全なものにならざるをえなかったことは、あらかじめお断りしておかなければならない」

 通読してみると、上記の通り、この書は「全体像の把握」に力点が置かれていた。
 非常に分かりやすかった。
 哲学をパズルに例えると、この書は先ず、パズルの「枠」を形作ってくれる。
 闇雲にピースを漁ってパズルを完成させるよりも、先ず、枠を作ってからの方がパズルの完成は楽だろう。
 (闇雲にピースを漁るとは、いきなり哲学者の難解な著作物にあたることを意味している)
 
 また、p273には、さらに哲学の枠を強化したい方や、ピースをお探しの方向けの「読書案内」が記されている。
 これは、本書の不完全さの補完のためであると思われる。

 ちなみに自分はp264・265に感動した。
 
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 とてもわかりやすく、スラスラ読めて面白い。二日くらいで一気に読んだ。

 特に高校の世界史では習わなかった、近代以降の哲学の流れが、一通り簡潔にまとめられているのがありがたい。

 「ポスト・モダン」「構造主義」「複雑系」などなど、聞いたことはあるけど、実はよく知らないような単語の意味も、一応わかったような気分にはなる。

 東洋哲学にも触れており、入門書として最適であろう。本書を読めば、きっと誰もが哲学に興味を引かれるに違いない。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 非常に分かりやすい説明ですし、必要最低限の知識は身に付くと思います。
ただし、あくまで『必要最小限』ですし、『このことを入れておかなくてもいいのかな?』と思う部分もあります。
 しかし、入門編には最適でしょう。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2010/8/27
形式: 単行本
古今東西の代表的な哲学者とその思想についてコンパクトにまとめてある本。左側ページに説明、右側ページに図解という構成になっている。どれかに強く偏った内容ではなく、様々な思想のエッセンスをまとめた小辞典的な内容である。

また、ソクラテスやカントやニーチェはもちろん載っているが、それだけでなく、比較的新しい20世紀以降の哲学思想についてもかなり丁寧に書かれているのが特徴だと思う。入門用だから易しいかというといと必ずしもそういうことはないが、それはこの本の問題というより、哲学というものがそもそも易しいものばかりではないということに起因していると考えた方が良い。

小事典的な使い方だけでなく、古代から現代に到る様々な哲学思想や人物を歴史的な流れを意識しながらざっと把握するにも好適である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
数冊の哲学史関連の本を読んでいる。この本は、それらのうちでも、とりわけわかりやすく、特にホッブス、ロックの社会契約に関する著述、カントとヒュームの関係が良かったと思う。ほかの本だと、明確にならないところが捉えられて、良かった。哲学史関連の本なので、興味があれば、原典に当たるなりして、詳細に読めば良いと思う。ただし、こんな本で哲学史関連のことが分からないと、的確に把握できない。この本を含めて、数冊を読んだ方が良いと思う。著者によってかなり違った捉え方をしているものもある。この本は、他の著者とも共通したところも書いている。とてもよくできた本だと思う。著者の別の本も持っているが、まずこの本を読むことで、外観が捉えられる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を求めた動機は、学生時代に哲学や思想を学んだが、学んだ時期の制約から最近の(現代)思想家の説への知識不足を補う為でした。
ソシュール、レヴィ=ストロース、アルチュセール、ラカン、リオタール、フーコー、デリダ、ドゥールズなどについて大まかな知識を得ることができます。もちろん、この本ではソクラテスから解説されているので古代からの流れを把握できるようになっています。他のレビュアーの方も書かれていますが、記述の明快さは特筆できるものです。
 
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー