¥2,420
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
哲学者が走る: 人生の意味についてランニングが教え... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

哲学者が走る: 人生の意味についてランニングが教えてくれたこと (日本語) 単行本 – 2013/9/14

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/9/14
¥2,420
¥2,420 ¥1,595
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 哲学者が走る: 人生の意味についてランニングが教えてくれたこと
  • +
  • なぜ人は走るのか―ランニングの人類史
  • +
  • 哲学者とオオカミ―愛・死・幸福についてのレッスン
総額: ¥8,030
ポイントの合計: 198pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

各地でランニング熱が盛んだ。皇居一周、市民マラソン等、話題には事欠かない。ひとはなぜ走るのだろう、何がひとを駆り立てるのか。
ベストセラーとなった前著『哲学者とオオカミ』では、子ども時代から走ることが大好きだった著者はオオカミと起居を共にし、オオカミとの交流を通じて人間にとっての生と死、幸福の意味を考えてきた。本書はその続編ともいうべき快著だ。
本書は、著者がマイアミマラソンのスタートラインに立つところから始まり、ゴールに達するところで終わる。が、マラソンがテーマなのではなく、ランニング体験を軸としてそこに湧き上がる様々な思考が紹介される。そして走ることの本来の意義、何かのために走るのではなく走ること自体が内在的に持つ価値、ひいては生きることを巡る思索が、プラトンやサルトル、村上春樹等を引用しながら、様々な思い出と共にユーモアを込めて綴られる。「本書は生きることを肯定する卓越したスポーツ書だ。走ることのエッセンスを完璧に捉えている」(R・ハービー)、「思考を確実に刺激してくれる楽しい夢想」(P・ニール)。
走りのハートビートがささやく、忘れていたかつてのあなたが蘇る。ランニングファン待望の一冊!


[目次]

はじめに──走り、そして思い出す

1 スタートライン 二〇一一
2 ストーン・マウンテン 一九七六
3 走るために生まれる 一九九九
4 アメリカ人の夢 二〇〇七
5 エデンの園のヘビ 二〇〇九
6 ラ・ディーグ 二〇一〇
7 自由の境界地 二〇一一
8 神々、哲学者、競技選手 二〇一一

謝辞/訳者あとがき


[原題]RUNNING WITH THE PACK: Thoughts From the Road on Meaning and Mortality

内容(「BOOK」データベースより)

すべてのランニングファンたちに捧げる。何のために走るのか。人生では何が大事で価値があるのか。走りのハートビートがささやく…忘れていたかつての私が蘇る…ベストセラー『哲学者とオオカミ』に続く第2弾!

著者について

マーク・ローランズ Mark Rowlands
哲学者。1962年、ウェールズに生まれる。イギリスのマンチェスター大学で最初は工学を学んだが、後に哲学に転向。オックスフォード大学で哲学の博士号を取得。アメリカのアラバマ大学、アイルランドのコーク大学などを経て、2007年から現在まで、アメリカのマイアミ大学で哲学教授を務める。著書には一般向けの哲学の本が多数あり、一部は多数の外国語に訳されている。主な著書に、世界的ベストセラー『哲学者とオオカミ』(今泉みね子訳、白水社)、『哲学の冒険』(筒井康隆監修、集英社インターナショナル)、「Animal Rights: All That Matters」(Hodder & Stoughton Education Ltd, 2013)、「Can Animals Be Moral?」(Oxford University Press, 2012)ほか多数。

訳者:今泉 みね子(いまいずみ みねこ)
国際基督教大学教養学部自然科学科卒業、生物学専攻。フリージャーナリスト・翻訳家。1990年よりドイツのフライブルク市に住み、ドイツ語圏の環境対策に関する執筆・講演に従事。主要著書:「脱原発からその先へ ドイツの市民エネルギー革命」(岩波書店)、「ここが違う、ドイツの環境政策」、「ドイツを変えた10人の環境パイオニア」(以上、白水社)、「みみずのカーロ」(合同出版)、「励ます弁当」(講談社インターナショナル) 主要訳書:「哲学者とオオカミ」、「オオカミと生きる」、「オオカミ──その行動・生態・神話」、「イルカがくれた奇跡」(以上、白水社)、「インフォグラフィクス原発」「インフォグラフィクス気候変動」(以上、岩波書店)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ローランズ,マーク
哲学者。1962年、ウェールズに生まれる。イギリスのマンチェスター大学で最初は工学を学んだが、後に哲学に転向。オックスフォード大学で哲学の博士号を取得。アメリカのアラバマ大学、アイルランドのコーク大学などを経て、2007年から現在まで、アメリカのマイアミ大学で哲学教授を務める

今泉/みね子
国際基督教大学教養学部自然科学科卒業、生物学専攻。フリージャーナリスト・翻訳家。1990年よりドイツのフライブルク市に住み、ドイツ語圏の環境対策に関する執筆・講演に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 250ページ
  • 出版社: 白水社 (2013/9/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560083215
  • ISBN-13: 978-4560083215
  • 発売日: 2013/9/14
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 470,538位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 2
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2015年11月18日
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年10月18日
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告