この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

哲学、女、唄、そして…―ファイヤアーベント自伝 (日本語) 単行本 – 1997/1/1

5つ星のうち4.5 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,900
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は類い稀な人生の記録である。ポール・ファイヤアーベントという、今世紀最も独創的で、最も影響力の大きかった知識人の一人が自ら綴ったこの物語は、その死の僅か数週間前に完成した。物理学と天文学の素養を持ったファイヤアーベントは、科学哲学者として最も著名な人物だった。しかし、この一般によく知られた人物の個人的な生活についてはほとんど誰も知らなかった。彼は、ヴィーンの中流の下の階層に生まれ、国際的な学問の世界に名をなすまでの自らの軌跡を跡付ける。彼は、抑え難い熱意と徹底した誠実さで、ナチ時代の生活や、ロシア戦線でのドイツ陸軍での体験を書き綴る。その戦場で彼は3発の弾丸を浴び、その結果、生涯の障害を負い、不能に悩まされ、死を迎えるまで続く苦痛と戦わなければならなかった。オペラ・テナーとしての約束された才能と音楽への自らの不朽の熱情、ヴィトゲンシュタインからブレヒトに至る様々な人物との出会い、無数の恋愛事件、4回の結婚、同時に四つの大学から終身在籍権を保証されたほどの圧倒的なキャリアなどを、彼は淡々と振り返る。学問的な自伝として書かれたものではないが、本書は60年に亙る世界の人間、思想、そしてそれらのせめぎ合いを、見事に跡付ける。

内容(「MARC」データベースより)

独創的で、世界的に影響力の大きかった科学哲学者が、死に臨み、自らの人生をあけっぴろげに、喜びをもって書きのこした記録。ナチ時代の生活からドイツ陸軍での体験、4回の結婚と恋愛など鋭く自身を見つめ淡々と描く。

登録情報

  • 出版社 : 産業図書 (1997/1/1)
  • 発売日 : 1997/1/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 281ページ
  • ISBN-10 : 4782801033
  • ISBN-13 : 978-4782801031
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
5 件のグローバル評価
星5つ
55%
星4つ
45%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2012年7月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2007年6月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2005年4月22日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2006年9月4日に日本でレビュー済み
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2002年3月1日に日本でレビュー済み
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告