日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

哭声/コクソン(字幕版)

 (235)7.52時間36分2017G
平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男についての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く…(C)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

体験期間後はAmazonのスターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS- (¥990/月額)の会員特典

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
Amazonオリジナル『シンデレラ』9月3日独占配信開始

「ピッチ・パーフェクト」の脚本家ケイ・キャノンが、有名なおとぎ話を大胆に作り変えた現代風ミュージカル映画「シンデレラ」。大きな夢を抱く野心家のヒロイン(カミラ・カベロ)が、ファビュラス・ゴッドマザーの魔法の力を借りて、夢を実現させようと奮闘。共演者は、イディナ・メンゼル、ミニー・ドライヴァー、ジェームズ・コーデン、ニコラス・ガリツィン、ビリー・ポーター、ピアース・ブロスナンと豪華な顔ぶれ。
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
チョン・ウヒ
提供
クロックワークス
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち3.5

235件のグローバルレーティング

  1. 35%のレビュー結果:星5つ
  2. 25%のレビュー結果:星4つ
  3. 12%のレビュー結果:星3つ
  4. 9%のレビュー結果:星2つ
  5. 19%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

shinchan2019/03/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ホラーの皮を被った宗教映画
確認済みの購入
 本レビューは結末や細部にも触れています。鑑賞後に読まれる事をおすすめします。
 悪魔を呼び込むのは偶然や、何かの現象が手伝うパターンもある。ここで描かれるの悪魔像とは、悪魔自身は勝手にやって来ては災厄を振りまく、というものだ。
 だが時には、人自らが悪魔を呼び込んでしまう場合もある。
 二時間オーバーのランニングタイムであるにも関わらず、本作は緊張感の弛む場面がほとんど観られない。
 緊張の緩急の操作は自由自在だ。それもそのはず。『チェイサー』『哀しい獣』のナ・ホンジン監督作品なのだ。観始めたら最期、クライマックスまで一直線。あなたはこの変則的なノワールホラーの世界に肩までどっぷりと浸かる事になる。
 小さな田舎町を戦慄させる原因不明の奇病。発病した者は謎の湿疹を発現させ、うつろな目をする様になる。最終的には発狂して殺人にまで及ぶ。感染ルートは不明だし、医者に診せたってこの病気が何なのか解明しない。町の中で募っていく苛立ちと他人への不信感。それもこれも、あの日本人がやってきてからである。主人公たちは彼に疑いの目を向け、強制捜査を行うが。
 映画が進むに連れて緊張感は否応なしに増していき、我々を釘付けにしてくれる。
 主人公の娘に取り憑いた悪霊を除霊するシーンは闘病ホラーの傑作、『震える舌』に匹敵する。祈祷師が生贄を痛めつけると少女が反応して背中を弓なりに伸ばすのだ!
 捜査が進まずに苛立ちを募らせた主人公が友人たちに声をかけ、謎の日本人を拉致して暴行しようとするシーンは往年のノワールフィルムを彷彿とさせるし、全編を描写する粘っこくも、淡々としたカメラワークは観る者を引きつけて離さない。
 シンプルな様に思われる構成だが、その実、登場人物に向けて罠が仕掛けられている。
 見た目や言動だけで人を判断してはいけない。
 主人公から助けてほしいと依頼を受けた祈祷師は日本人に向けて「殺」を打つ。これは誤ってした事だと説明される。だがその実、全てはこの祈祷師が企んだ事だとしたら? 悪意を呼び込んだのは第三者ではないとしたら?
 悪魔を呼び込んでしまったのは結局、他者を疑いの目でしか見られない主人公たちだという事になる。
 ここまで意地の悪い展開にした理由は、監督に狙いがあるからなのだろう。自らの日々に悪夢を呼び込むのは運命や偶然などではなく、人――自分自身なのだ。
 真相が明らかになった時、反応は様々に分かれるだろう、神の意地悪さを呪う者、自らの判断を後悔する者。
 隣人を疑い、信じる事を忘れた我々の姿と彼らの姿が被る。
 この作品に描かれた悪夢を次に受けるのは我々かもしれない。強いメッセージを感じさせる傑作である。
58人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazon Customer2019/06/24に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
いびつでカオティック、エキセントリックかつエネルギッシュ
確認済みの購入
ジャンル分けがむずかしい映画です。ある村のなかで猟奇殺人事件が連続して起き、主人公であるダメ親父の警察官が捜査をしていく…というサスペンス・ミステリー的な流れで中盤まで進むのですが、次第に思ってもみなかった方向に向かい、ジャンルの区分けが無意味になっていきます。
そもそも韓国映画は、バイオレンスでシリアスな物語にコメディの要素をくわえたりと、ジャンルの垣根は低めですが、本作のジャンル的カオスぶりは突出しています。ひとつのジャンル的な枠組みに則った物語を望まれる方にはおすすめできません。

物語の整合性を求める方にも不向きです。観終わると、「あのときのあの人物の言動は結局どんな意味があったの?」と消化不良な箇所がいくつもあります。もしかすると、あまりの説明不足に怒る人もいるでしょう。
サスペンスを伸ばすことを優先し、最後のギリギリになるまで怪しい人物たちが怪しい行動をとり続け、誰が何の目的で動いているか謎を引っぱっりすぎたせいか、それら伏線の回収が間に合っていません(もともと「伏線」として用意されていたかも疑問ですが)。「解釈が開かれている」とともとれそうですが、どこまで計算されているのかも謎です。
『チェイサー』『哀しき獣』と、以前からナ・ホンジン監督の作品は多少いびつでしたが、本作は段違い。

それでも、賛否はともかく濃密な映画体験ができることは請け合い。本作の脇を固めるファン・ジョンミンがインタビューで「今後10年はこんな映画は出てこないだろう」と語っていましたが、それだけは断言できます。どこを切り取ってもエキセントリックかつエネルギッシュで圧倒されます。ナ・ホンジン作品なので覚悟はしていたのですが、想定以上のものを食らいました。

強烈な物語に負けず劣らず、どの役者の演技もすごいのですが、そのなかでも一番インパクトがあるのは主人公の娘役。『エクソシスト』の娘役もかくやというくらい、現在ではモラル的に韓国以外で子どもにこんな役は許されないのではと思うほど。
村の外れに住み着く謎の日本人を演じた國村隼もすばらしい。韓国映画ではケレン味ある芝居が主流ですが、本作ではただひとり静的な演技をしており、異物感をかもしだしています。もちろん監督の演出もあったのでしょうが、繰り広げられるオーバーアクトのなかで埋もれてしまわない存在感もさすがでした。

また個人的に興味深かったのは宗教観。現代を舞台にしたフィクションで宗教が描かれるばあい、どんな宗教であっても非合理的なモチーフとして登場することが多いと思います。
しかし本作では欧米由来のキリスト教が合理性=近代性を、シャーマニズム的な土着信仰が非合理性=前近代性を示しています。劇中において司祭は不可知の存在を否定し、ムーダン(韓国版シャーマン)はそれを認めます。日本以上に合理化=近代化=欧米化を急速に推し進めたがゆえに、社会的にいきづまり、非合理的なもの=前近代的なもの=非欧米的なものに回帰しようとする。それが宗教観にも表れているように感じられました。

とにもかくにも、よくわからないけど、すごいとしか言いようがない映画でした。観た後は絶賛か酷評の二択しかない。そんな作品を観たい方に是非おすすめしたい一作です。
40人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ともとも2019/06/29に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
物語の捉え方は1つでなければいけませんか?
確認済みの購入
 まず私は大好きです。
批判があるのは答えは1つしか認めない人なのかなあと思います。まあ無理な人はあまり考えず途中でやめた方が良いかと思います。
 この映画の難しく楽しいところは、映像に現実と憶測(妄想)と夢とが混在しているところと、決定的なカギになるところが抜けているところです。なので解釈がそれぞれになるのだと思います。
 2回目3回目以降は、私は初めてメモを取りながら何度もストーリーを追いましたので、ネタバレ?というか私の解釈を少し。
 ある村で欠陥のある健康食品が出回ってしまい、幻想を見た患者は人をも殺してしまう事件がありましたので、注意して下さい。というのが事実。事件の当事者ではない人物の言葉を集めるとそれだけの事なのです。
 あとの調査に来ていた日本人や祈祷師はグルで、詐欺師だったのかもしれません、が、毒キノコ健康食品事件に巻き込まれ、大変な事に・・・
 この話は、思い込みによって、その人の見たいように出来事が解釈され、それが行動にまで影響するところが怖いぞって事だと私は思います。「なぜ疑うのか、」の言葉にある通り、最初はニュースや病院の発表した事実を信じていて、日本人の噂を聞いても信じてはいなかった主人公が、身近な家族に何かが起こる度に冷静さを失い、疑い、疑う度に思い込みが事実を捻じ曲げ、妄想は膨らみ悪夢を見て、やがては行動にまで影響して日本人宅へ殴り込み、人殺しにまで発展していってしまう。「どうせ言っても信じないだろう?」状態になってしまうのは想像できるだけに怖い!
 という風に、発端は疑う事。
 我々の日常でも、ネットニュースなどの噂レベルの記事を見て、冷静な時は信じない人も、一度疑ってしまうと、何もしっかりとした事実確認をしていないのに、噂の関連にばかり目がいってしまい、次の段階である妄想が膨らんでしまい、こうなると、その妄想が何の根拠も無いのにその妄想を確信してしまい、そうなると最終段階の行動に影響してしまう場合がある。そして行動は現実。さてその行動とは何?大丈夫ですか?・・・
 悪魔はまさに象徴で、それはいつの間にか自分かもしれないという怖ろしさです。
しかしこう書きましたが、他にもこの映画には色々な解釈があり、それぞれの考えを話し合うのが楽しいのだと思います。私の解釈も、私がそれが怖いと思っているから、そう思うのかもしれません。
 さあ、あなたの解釈は・・・・
40人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
予想2018/10/20に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
これ、なんなんでしょう
確認済みの購入
見ましたが、苦痛でしたね。私の2時間以上を無駄にした作品でした。
実に訳のわからない作品でした。これってホラー作品なんですよね。
この作品怖いですか?いや、まぁこんな作品よく映画にしたなって恐怖くらいしか感じません。
例えば、人間の心の闇とか、受け入れ難い不条理とか暴力とか(あー暴力はこの作品にありますか)
なにか見終わって余韻とか考えさせるもの全くありません
この作品はハズレです。それらしい雰囲気をまいてますがまったく不毛です。
時間を無駄にしないで見る方法は、最後までシークしてラストシーンだけ見てください。
この作品のくだらなさを理解して頂けるでしょう
49人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
スパイナルパップ2020/04/28に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
<!ネタバレ!>町山智浩に騙された!最低、デタラメ、ムナクソ、いい加減なゴミ映画、いい加減にしろ!
確認済みの購入
オカルトとサスペンスを混ぜたゴミ映画。

真犯人の悪霊は誰だ?

そんな筋書きで映画の最後までグロ画像見せながら、
主人公の警察官Aの身の回りで起きる問題の解決で気をもませるのがこの映画のメインディッシュ。

映画最大の欠陥は警察男子達の想像絶する無理やりこじつけた無能っぷり。
主人公と相棒の主人公は悪霊の真犯人を突き止める。
真犯人が留守の時にその家に乗り込んで、殺人の証拠の様なものを目の当たりにするのだ。
この時の警官のリアクションは理解できない無理矢理のもの。
帰宅してきた真犯人の迫力に押されて何もせずにその場を引き下がるのだ。
しかも証拠を目のあたりにした警官Bは主人公の警官Aに、
自分が証拠らしきものを見た事をその場で伝えない。
警察署に連行して証拠品について尋問するとかいう普通の警察官が
容疑者に対して行う通常の手続きのような事を一切しないのだ。

話を思いついたいい加減な造り手の馬鹿げたサスペンスを持たせるために、
物語を駆動させる駒たるキャラの
アクションとリアクションが無茶苦茶なものになっている。

でたらめな映像の断片が散りばめられてサスペンスをそれらしく仕上げているが、
もうデタラメすぎてふざけすぎていてついていけない。

この荒唐無稽でアホらしい物語の本質を少しでも理解したくて
映画評論家による200円の有料音声解説にヒントを求めてみれば。
キリスト教とでもある監督が創造した
若い女性の姿を借りた神と、
國村隼の姿を借りたキリスト=村人を殺しまくる悪霊
の間で板挟みになるか弱い主人公の物語であり、
主人公の信じる力の無さが、悪霊國村隼(=キリスト)の勝利を導いたとの事。

監督はアホなのか??
何が面白いんだこの映画??!

他にも色々あるが到底容認できない映画の展開がこれ
1.神は何でいつもムカつくほど思わせぶり何だ?
2.どうして村人が片っ端からバカスカ死にまくってる状況で、
  その解決に当たる担当者が村の無能なボンクラ警官の主人公しかいないのか?
3.どうして警官はほぼ國村隼が犯人な状況で「容疑者として逮捕する!話は署で聞く!」
  ではなくて「俺の村から出ていけ!」しか言えないのか。
アホか!

この映画には辻褄が合わない要素がたくさんある。町山智浩いわく。
「現実世界は辻褄の合わない事ばかり。だからこの映画がそうだとしてもいいじゃん」
だと!
だと!?
良かねーよ!アホらしすぎてついてけねーから!
監督はこんなの作るな!
評論家はこんなのススメるな!

たくさんのツッコミどころに満ちている。
あなたがそれに耐えられるかどうか、
自分に見つけられなかったこの映画の良さをあなたが見つけられるか
どうか試してみて欲しい。
自分は本当にこの映画はこの世にある限りの全てのソフトをゴミ箱に入れるべきだと思う。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
orange62019/01/27に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
とりあえず星セロで
確認済みの購入
どこに面白さを感じれば良いのか判らない映画。
食人する悪霊が日本人だという。(正直これが韓国映画でなければ、この設定もフムフムと思って観れそう)
一応最後まで観た。
もっと深い意味が、聖書が、と云うレビューもあるけど、観てて普通に不快に感じたので意味はどうでも良いかな。
犬本当に殴ってるだろ、まじで動物殺してるだろ、って観て思うとこが一番不快でしたが。
38人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
F.sota2018/09/17に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
疑うという呪い
確認済みの購入
映画好きの友人から薦められて視聴。
閉鎖的な村で死人が続出する割とありきたりな展開に「またパンデミックか?どうせゾンビでしょ?」といった予想や、犯人は日本人かもという「反日映画なのか?」といった展開に嫌気が差し途中で見るのをやめようかと思いました。
ですがその視聴者が「疑う」部分を含めてこの映画の魅力なのだと最後まで見てわかりました。
嫌な思いをしてでもきちんと最後まで見ないとこの映画の価値は分かりません。
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
kaorin♪2019/01/23に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
日本の俳優さんもこの役柄をよく受けた事。。
確認済みの購入
批判的なレビューが多々あったけれど、個人的にとても面白かった。
背景の薄暗さも〇、宗教が絡んでいるのも〇、カルト好きな自分にとってはとても中身が濃く感じられました。1つ疑惑を持つとまるで伝染病に罹ったかのように、周りに移りだし、そして、そう謂えば、そう言えば、とその疑惑が真実味を帯びていく、そんな世の中を如実に表しているのも〇、ついでに自分も惑わされてしまった現実(笑)
こういう作品は何度も見てるんだけど、いつも自分は騙されてしまうんだよなぁ、情けないけど。それも含めて、やっぱり、面白かった。祈祷師がなぁ・・・まさかの展開で、全然、読めなかったし(笑)上手に最後の最後まで悔しいけど騙されてしまいました。
でも、何故、あの役を日本人を起用したのか、別に日本人じゃなくても、と正直な感想。日韓関係があまりよろしくない状況で、何となくその部分が引っかかるので☆マイナス1(笑)
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示