通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
哀しみの終着駅―怪異名所巡り〈3〉 (集英社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 微やけ 本文、カバー、表紙は非常に良質   包装にチラシなどを再利用してお送りする場合があります ご了解のうえご注文をお願いします
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

哀しみの終着駅―怪異名所巡り〈3〉 (集英社文庫) 文庫 – 2009/9/18

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 464
¥ 464 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 哀しみの終着駅―怪異名所巡り〈3〉 (集英社文庫)
  • +
  • その女の名は魔女―怪異名所巡り〈2〉 (集英社文庫)
  • +
  • 厄病神も神のうち 怪異名所巡り4 (集英社文庫)
総額: ¥1,393
ポイントの合計: 36pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

霊感バスガイド町田藍が怪異名所にご案内!
〈しゅうちゃく駅〉という駅のホームで、別れを言い渡された男が女を絞め殺す事件が起きた。別れたいカップルを募って〈愛の終着駅〉ツアーに繰り出した藍たちは、そこで哀しい真実を知る……。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

大手観光バス会社をリストラされ、超弱小(すずめバス)に再就職したバスガイド町田藍。彼女には幽霊が見える特殊な能力があった。それを利用した「怪奇ツアー」は大当たり。今回は、「終着駅」という名の駅のホームで男が女を絞め殺す事件が起こる。早速、社長は「愛の終着駅ツアー」を企画するが…。(『哀しみの終着駅』)。他四篇を収録する、“霊感バスガイド”が大活躍する異色シリーズ第三弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 238ページ
  • 出版社: 集英社 (2009/9/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 408746475X
  • ISBN-13: 978-4087464757
  • 発売日: 2009/9/18
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 352,024位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2006/3/5
形式: 単行本
町田藍が活躍する「小手」バス会社「すずめバス」の<幽霊ツアー>シリーズの三冊目。

ホラーと言うでもなく、ミステリーと言うのもちょっとぴんと来ない。でも、間違いなく楽しめるエンターテイメント作品である。会話主体の短編五編からなるが、どの作品も面白い。

・忠犬ハチ公と「ナナ」に置き換えての「忠犬ナナの伝説」。

・別れ話から人の死んだ「終着駅」での物語「哀しみの終着駅」。

・平凡なサラリーマンが丸の内のビルで行方不明になった「凡人の恨み」。

・大統領を迎えての晴れ舞台での失敗に自殺した警察署長の話「地獄へご案内」。

・昔の栄光にすがる元タレント議員を扱った「元・偉人の生涯」。

どの一編を取っても、ユーモアの中に悲哀を感じさせてくれ、それでいて人間の温かさを感じさせてくれる本当に楽しい短編集である。それと、何よりも気楽に、時間をかけずに読みきれる。まさにエンターテイメントである。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
登場人物の会話が目立つ赤川氏の小説を低俗と評する向きもあるが、会話のみで情景を見事に表現できるところが赤川氏の天才的な技能ではなかろうか。今回のツアーは、死んでなお霊として主人に寄り添う「忠犬ナナの伝説」等、計四話。筒見社長と町田藍の掛け合い漫才の如き会話も前作に引き続き活きています。難しいことは考えずに、純粋に楽しい心霊ツアーをお楽しみいただきたい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
リストラにあい、零細企業「すずめバス」に転職した藍は
幽霊と話したりできるという特技を持っていた。
それに目をつけた社長は、幽霊がらみの企画を次々立ち上げて……。
不思議なミステリ短編集、第3作。

忠犬「ナナ」を亡くした男が知りあった女子高生「ナナ」。
二人は急速に親しくなるが……「忠犬ナナの伝説」

ただの別れ話のはずだった、だが……その駅は「特別」な場所だった。
「哀しみの終着駅」

ツアー中、偶然に入ったビルには幽霊が出るという。
ツアー客たちの推薦で、藍が話を聞くことになる「凡人の恨み」

社員旅行で、温泉旅館に宿泊する藍たち。
しかしそこには幽霊が出るという「地獄へご案内」

今は忘れられた元タレント議員。
彼の田舎では銅像の除幕式が行われるといい、藍たちはガイドを務めるのだが。
「元・偉人の生涯」

はっきりしっかりなバスガイドの藍をはじめ、
零細である自社を守るため、なりふり構わない企画を立てる社長や
マイペースな美形運転手などが活躍するコミカルな不思議ミステリです。
でも事件の主軸は、人間の弱さや脆さを描いた
ちょっとしんみりしたお話が多めです。
怪異系人情モノ、ミステリのようになってきています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
5つの短編集。
忠犬ナナの伝説
哀しみの終着駅
凡人の恨み
地獄へご案内
元・偉人の生涯

やや悲しい物語が多い。結末も幸せではなく、哀愁がただよう。

忠犬ナナの伝説が、いちばん味わい深かった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告