通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
和解 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

和解 (新潮文庫) 文庫 – 1949/12/7

5つ星のうち 4.1 16件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,644 ¥ 2,200
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 和解 (新潮文庫)
  • +
  • 小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)
  • +
  • 暗夜行路 (新潮文庫)
総額: ¥1,955
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

主人公順吉は父の京都来遊に面会を拒絶し、長女の誕生とその死をめぐって父の処置を憎んだ。しかし、次女に祖母の名をかりて命名したころから、父への気持も少しずつほぐれ、祖母や義母の不断の好意も身にしみ、ついに父と快い和解をとげた……。肉親関係からくる免れがたい複雑な感情の葛藤に、人間性に徹する洞察力をもって対処し、簡勁端的な手法によって描写した傑作中編。


登録情報

  • 文庫: 120ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1949/12/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101030014
  • ISBN-13: 978-4101030012
  • 発売日: 1949/12/7
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 142,658位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 第一子の早すぎる死による絶望感と、第二子の誕生による生に対する喜びという対照的な経験が、主人公の父親に対する姿勢の変化と時を同じくしている。前者の経験が父を始めとする家の者全てに対する憎悪を高めたのであり、逆に後者の経験によって「自分には何か感謝したい気が起った」(69頁)のだった。
 言うまでもなく本書の中心テーマは父子間の反目と和解だが、第一子が死に至るまでの過程の生々しい描写は、同じ年頃の子供を持つ親なら涙なしには読むことができない。また、絶望感に苛まれた時に、周りにいて気遣ってくれる親友たちの存在は、この主人公に限らず生の喜びを支える重要な要素となるものだろう。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 書記長 投稿日 2003/7/4
形式: 文庫
少しずつずれて行く父親との感情。父親から逃げ続けながら、我が子の死に直面し、逃げてばかりはいられない自分と、どうしていいか分からない自分との間で苛立ち続け、葛藤する。そして第二子の誕生と共に父親と歩み寄り、ついに和解をする。志賀直哉の作品の中でも一番自伝的要素の強いこの作品は、文豪志賀直哉を一番身近に感じることのできる作品です。時代を超えても理解できる、親子間の微妙な心の動きが共感できます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みむら 投稿日 2006/12/10
形式: 文庫
 志賀直哉氏が父親との和解までの道のりを書いた作品。

 昔からケンカをしても、次の日には何の気なしに話をしている。そんなガキだった自分。まあ男子なんてみんなそんなもんだった気がするけどw

 それに反して、この志賀直哉氏は父親と仲違いして、ずいぶんと長い年月をかけて和解した。

 なんかすごいかっこいいなぁ。ケンカしても仲直りしなけりゃいけない縁(仲直りしたい縁)というのがあるんだなぁ。

 若干、自分の「きちんとしたケンカ」をするような相手もいなかった人生は、少し寂しいなぁ。と少しうらやましく思ってみた。

 むっちゃよかった。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アラヤタロウ 投稿日 2014/4/12
形式: 文庫 Amazonで購入
「和解」は作者をモデルとした主人公順吉と父との葛藤を描いた作品です。
お互い反目しあい、袂を分かつ父と子。実の親子であるがゆえに許すことができず、また素直になれない両者。多かれ少なかれ誰もが経験したことのある親子間の微妙な感情が手に取るように分かるだけに、この作品は多くの人々の心を捉えるのでしょう。
また、幼い我が子の死、そして新たな生の誕生と、様々な辛苦を乗り越える順吉とその妻、順吉を取り巻く人々の姿が克明に描かれています。それが父子の和解場面を一際感動的にしているように思えます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
(内容ネタバレにすこし注意して下さい。ネタバレしないほうが面白い作品と思います。)

ちょっとしたことに「謝れ」「謝れない」という状況からタイトルどおりの和解につながる作品です。 この本は、読書が嫌いな若い人にも年配の方にも読みやすいと思う理由は、「どこの家族にもおこりうる状況」を描いている点にあります。どうやって和解したのか?という興味だけでも読みすすめられかつ、最後に感動できる点で、志賀直哉さんの腕の凄さを実感できる名作です。 
 買ってから何年もたちますが、本棚の最も目立つところに保管しています。タイトルをみるだけで家族のことを思い出せます。(最近読み直していない、という点、何度も読み直したいとまでは思わない、という点で星5つはつけませんでした。) ご参考になれば幸いです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
第一子の祥月命日から始まり、最近の父親との争いの発端を探っていく回想じみた展開は読者を引き込ませるようでさすがにうまいと思った。志賀直哉らしく情景描写力、人間性の表現力は抜群で、この作品でも充分に滲み出ているのが第一子の危篤場面である。第一子の死による絶望から第二子の誕生による歓喜は、主人公の父に対する憎しみから調和への気持ちというコントラストと重なっており、生命のもたらす神秘的な力と意義を謳いあげているように思われる。半面、父と和解しようという気持ちの推移はあまり書かれておらず不徹底であるが、それはかえって生命の神秘的力を印象づける効果を高めていると言える。ただ、個人的には主人公の父への憎しみやそれから解放されるときの和やかな気持ちがグロテスクに表現されているのを期待していたばかりに少し残念だった。父子の血縁関係は絶対的なもので、それは決してなくなりはしない。どんなに嫌いになろうがその関係の強固さはゆるぎないということを改めて考えさせられた。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック