通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
和菓子のアン (光文社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

和菓子のアン (光文社文庫) 文庫 – 2012/10/11

5つ星のうち 3.7 137件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 73
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 和菓子のアン (光文社文庫)
  • +
  • アンと青春
  • +
  • 切れない糸 (創元推理文庫)
総額: ¥3,398
ポイントの合計: 103pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

デパ地下の和菓子屋で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)。プロフェッショナルだけど個性的な同僚と、歴史と遊び心に満ちた和菓子に囲まれた、忙しい日々が始まります。謎めいたお客さんたちの行動の真相をさぐるミステリー的面白さと、青春小説の瑞々しさが同居した、著者待望の最新作! --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの十八歳。プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々の中、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていく。謎めいたお客さんたちの言動に秘められた意外な真相とは?読めば思わず和菓子屋さんに走りたくなる、美味しいお仕事ミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 405ページ
  • 出版社: 光文社 (2012/10/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334764843
  • ISBN-13: 978-4334764845
  • 発売日: 2012/10/11
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 137件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 31,374位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 アコ 投稿日 2016/3/13
形式: 単行本 Amazonで購入
店頭に在庫がなくて、たまたま検索したら発見して購入。発送や対応には満足していますが、表紙の汚れが新品なのに目立っていたので残念でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
デパ地下のお菓子売り場の世界を垣間見ることが出来た店で、面白い小説でしたが、ちょっと地味すぎました。
何も大騒動が起きる必要は無いのですが、もう少し、主人公が懊悩しながらも成長する姿のような展開があっても良かったのではないかなと思いました。

主人公の姿を思い浮かべていくうちに、お笑い芸人さんに思えてきてしまうのも減点要素かな。
容姿だけではない魅力も追加して欲しいものです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
前シリーズの引きこもり探偵に続き、現代社会を映すのがうまい作者だと思います。高校出てなんとなくの進学も嫌で就職といっても何を仕事にしていいのか分からない、そんなニート一歩手前の18歳女子。しかも、体型はかなり太め。最近は少女時代マンガでも「ぽちゃまに」のように太っている女の子(マンガ表現でも、ちゃんと太っている子に描かれている)が出て来ています。婦人服の市場もLLサイズ以上の販売分野が伸びているとか。現代の女の子像として、太めの子というのはある意味凄くリアルだと思います。引きこもりに続き、そういう形で世の中の負の部分を前面に押し出しているなと感じます。

他の方のレビューで、登場人物にリアリティーがないというのを複数見かけましたが、私は逆に前述の太め女子を主人公とした件にしろ、他の登場人物にしろ、あー、いるいる、こういう人達、いるよね、と思いました。今の世の中、これくらいの変な人、いるでしょ。実際、この話の上司が変とされてる件位だと(勤務時間のバックヤードでは、、、)、私の回りにもリアルにいます。男性社員の方も、これ位は別に、、、、豹変とも思いませんが、、、?
「ぽちゃまに」を例に引きましたが、「○トメン」も最近は割りといますよね。

文体がアニメぽいと書かれているレビューも見ましたが、私は特に感じませんでした。私もミステリは本格、
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
和菓子の話というので どんな珍しい和菓子が出てくるのだろうと読んでいたら 単なる和菓子の名前のいきさつや その名前に関する薀蓄を中心にすえた内容で2話目で読むのをやめてしまった。小説としても会話中心で解決して行ってる部分が多く 客が買った和菓子の種類に関する決め付けも そこまで推理するのは行きすぎだろう と感じてしまう たぶん驚くほど面白いことはこの後も書かれてはいないだろうと思い やめてしまった。 和菓子でこういったテーマに絞ったということは たぶん心の底で 和菓子のおいしさこそ最高ーーーーーーーって 思ってはいないんだと思う 残念。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
言葉のとらえ方は人それぞれですが、「ミステリー」という言葉は、この話を指して使うには違和感ありますね。
和菓子の知識が色々書いてあるのは、勉強になりましたが。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2014/8/29
形式: 文庫 Amazonで購入
評判が良いので読んでみました。
私を含め、販売の仕事をしている人は楽しく読める作品だと思います。
一般的に小説などにでてくる主人公の仕事は大抵企業のOLや出版社勤務が多いように感じます。
しかし、この物語の主人公は
デパートでの和菓子販売、しかもフリーター?という設定もとても身近に感じられました。
デパ地下でのアルバイト経験がある私は、そうそう!と思う事が多く、頭の中に絵が浮かびやすく、働いていた頃の懐かしさに浸れました・・・でも、ただそれだけでした
小説というより、まるで少女漫画を読んでいるような錯覚を起こします。
昼ドラになりそうな作品だな、と思いました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
和菓子についてもっと知りたくなり本気の和菓子を食べたくなりました!続編も気になります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ママモステ トップ1000レビュアー 投稿日 2016/3/7
形式: 文庫
キャラクターやプロットなど見ると、決して悪い本ではないのですが、あまりに「文章」が「マンガ」っぽいです(そして、皆様お気づきのようにすでにマンガ化されています)。これから「和菓子のアンワールドに入る」という方には、文章による芸術というこだわりがなければ、マンガ版をお薦めいたします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ハメ次郎 投稿日 2017/2/6
形式: 文庫
高評価を付ける方が多いのが非常に疑問。

漫画のようなキャラクター設定、中学生レベルの稚拙な文章、なんか読んでいてイライラします。

ランキング1位なんて絶対おかしいかと。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー