中古品
¥ 390
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品になりますので、多少の使用感、経年による傷み(ヤケや折れ等)がございますが、 本文に書き込みや重度の傷みはございません。アルコールクリーニング済み。週4~5回、日本郵政のゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

和宮御降嫁―久世・安藤執政時代 (講談社学術文庫―近世日本国民史) 文庫 – 1992/7

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 390
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

井伊大老横死後幕府の実権を握った久世・安藤は、大老の遺策となった和宮降嫁を朝廷との軋轢緩和の一とするも、乾坤一擲、外夷掃除の大力量はなかった。時に公卿岩倉具視、御降嫁を公武合体の楔子とすべく天皇の諮問に答えて上書。はじめ忌避していた和宮もついにこれを承諾。「惜しまじな君と民とのためならば身は武蔵野の露と消ゆとも」と詠じて東下。自ら将軍家茂の御台所としてその生涯を捧ぐ。

著者について

文久3年(1863年)熊本県生れ。名は猪一郎(いいちろう)。熊本洋学校に学び、後、同志社に入りて新島襄の教えを受く。明治20年民友社を設立、「国民之友」「国民新聞」を発行、社長・主筆として健筆を揮う。その間貴族院議員・学士院会員となり、畢生の名著『近世日本国民史』によって学士院恩賜賞を得。昭和18年文化勲章受章。明治・大正・昭和を通じわが国の最も代表的な言論人であった。昭和32年11月2日没。


登録情報

  • 文庫: 488ページ
  • 出版社: 講談社 (1992/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061590340
  • ISBN-13: 978-4061590342
  • 発売日: 1992/07
  • 梱包サイズ: 15 x 10.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,114,243位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

ベスト500レビュアー2016年12月16日
形式: Kindle版
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告