通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
命のバトンタッチ 障がいを負った犬・未来 (イワサ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■送料無料■◆代引決済可能◆◇安心・丁寧・迅速対応のAmazon配送センターより発送致します。◇ 【商品状態】中古本商品になります。比較的綺麗な状態ですが、若干のヤケ・ヨゴレ・書き込みなどの使用感がある場合もございます。ご了承ください。※付属品などは記載がない限りないものとお考えください。※カバーがAmazon搭載のイメージと異なる場合もございます。◆お急ぎ便対応可◆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

命のバトンタッチ 障がいを負った犬・未来 (イワサキ・ノンフィクション) 単行本 – 2006/12/4

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 135

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 命のバトンタッチ 障がいを負った犬・未来 (イワサキ・ノンフィクション)
  • +
  • しあわせのバトンタッチ 障がいを負った犬・未来、学校へ行く (イワサキ・ノンフィクション16)
  • +
  • 捨て犬・未来と子犬のマーチ もう、安心していいんだよ (ノンフィクション・生きるチカラ6)
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 125pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

捨て犬の里親探しをしている麻里子は、右目が切られ、後ろ足首のない子犬と出会う。はたして、これだけの大ケガを負った子犬の里親が見つかるだろうか……。

内容(「BOOK」データベースより)

右目が切られ、足首のない子犬がとどけられた。はたして、この子の里親は見つかるだろうか…。捨て犬たちを殺処分から救う里親ボランティアの活躍を描く感動のノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 143ページ
  • 出版社: 岩崎書店 (2006/12/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4265042783
  • ISBN-13: 978-4265042784
  • 発売日: 2006/12/4
  • 商品パッケージの寸法: 1.5 x 16 x 22 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 100,994位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ヤマボー 投稿日 2007/6/8
形式: 単行本
生後1ヶ月足らず、右足の足首から下と左足のほとんどの指を切断され、右目も切られた状態で千葉県動物愛護センターに収容された仔犬。捨てた本人が虐待したのか、捨てられたのちに虐待を受けたのか、真実はわかりません。センターに収容されてはいても、生きていられるのは1週間だけ。期限が来れば殺処分されてしまいます。センターにいることだけでも厳しい状況なのに、この仔犬が背負わされた運命の過酷さに誰もが目を覆いたくなるでしょう。

そんな仔犬を救おうと立ち上がったのが、千葉で犬の保護ボランティアをしている山口麻里子さんでした。「未来」と名づけたその仔犬は、人間によってひどい目に遭わされたにもかかわらず、強い生命力とお転婆ぶりでたくましく成長していきます。体の不自由さなどみじんも感じさせないほどです。しかし里親を探すのも、未来の体が不自由なことを考えると一筋縄ではいきません。ただ「かわいそうだから」という気持ちだけでは、この先の10年以上の犬との暮らしを続けるのは難しいからです。

名乗りをあげた里親さんのなかで、麻里子さんの気持ちを動かしたのは九十九里海岸の近くに住む女性でした。理由は「砂浜なら未来の足に負担をかけずに走らせてやれる」。試行錯誤の末、やっと本当の家族を見つけた未来。まさに命のバトンタッチでした。

未来を捨てたのも人間、虐待
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本に登場する、殺処分される運命の犬を動物愛護センターから救い出す活動をしている
山口麻里子さん、「千葉わん」の方々、そして里親となった人たちは、
年間約40万頭もの犬猫が殺処分されている日本では僅かな力でしかないのかもしれない。
しかし、彼女たちの活動がどれだけ救われた犬たちだけでなく、日本人の救いとなっていることか。

「解説」を読み、阪神淡路大震災の時の被災動物の救護活動において動物たちがいかに
被災者を救ったかを考えるとき、「命の尊さ」と「人と動物との共生」が今の日本に必要なのだと思う。

この本を読んで一番の感想は、「解説」の文末に書かれた
「動物が生涯安心して幸せに暮らすことのできる社会は、人間も幸せに暮らすことができる社会である。
そんな社会が1日でも早く来ることを心底願うばかりである。」
という言葉である。この言葉と本書を一人でも多くの人に伝えたいと思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
年間何十万頭もの犬や猫が殺処分されている現実。でも殺されていい命なんてひとつもない。この本は一頭の傷ついた子犬が奇跡的に救われたノンフィクション。この本の未来ちゃんを見ると、本当に命のきらめきや尊さを感じる。傷ついて明日は殺される運命にあった子犬がこんなに元気になって砂浜を走っている。人によって捨てられた命、そして人によって救われた命。まさに命のバトンタッチ。感動しました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
子供たちにも読みやすいのではないかと思い購入しました。とてもよかったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告