中古品
¥ 1,150
中古品: 良い | 詳細
発売元 ゆめ屋堂書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。多少の使用感(表紙にスレ,少しゆがみ、等)ありますが、お読みいただくには支障ないです。【アマゾンセンターから発送いたします。お急ぎ便、代引き、コンビニ受け取り対応】可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

呪術師と私―ドン・ファンの教え 単行本 – 1974/9/20

5つ星のうち 3.7 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 1974/9/20
"もう一度試してください。"
¥ 597
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 単行本: 307ページ
  • 出版社: 二見書房 (1974/9/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4576000292
  • ISBN-13: 978-4576000299
  • 発売日: 1974/9/20
  • 梱包サイズ: 19.6 x 13.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 146,051位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2001/4/24
我々が知覚している世界は、数ある世界の見方のひとつに過ぎない。この世界で確かなものは精神的エネルギーだけだ。物質はエネルギーの仮の姿に過ぎない。精神世界ブームの先駆けとなった、カルロス カスタネダの最初の著作。メキシコのインディオの呪術師に、人類学者である著者がインタビューし呪術の世界観を実践を通じて体得していく過程が、そのまま、もうひとつの世界の見方の紹介になっている。精神世界に興味のある人には、ぜひ読んでほしい。世界はこんなにも神秘的で奥深いものだということが実感できるだろう。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 edge walker トップ500レビュアー 投稿日 2012/3/17
カスタネダが初めて執筆した本で、ドンファンとの出会いやメスカリトという幻覚性植物の力を借りて異世界への扉を初めて開く様子などが描かれていました。本書ではまだ人類学者として「観察者」としての体を取って分析的に語られているのが印象的で、次作以降では観察者ではなく実践者として、ミイラ取りがミイラになっていることを思うと本作はかなり独特な感じがしました。

本書は連作となっている長いシリーズの第一巻ですが、同じシーンが別な巻で異なる角度から何度も語られ、同様に独自の世界観を含んだ哲学も様々な表現を借りながら何度も述べられています。まだシリーズの半分くらいしか読了できていませんが、全て読んだ後にもう一度この呪術師との出会いを描いた本書から読んでみたい、と思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
人間とは何だ?生きるとは一体なんだ?人生とは何だ?
こうした疑問は必ず誰もが持ち、そして様々な見方が書籍や思想として
世の中に残っている。
しかし、こうした見方(切り口)は今までに見たことが無い。
生命に対しこうした理解方法があることがきっと新たな人生の刺激になり、
そして新たな思考の扉を開く事になるだろうと思う。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 showon VINE メンバー 投稿日 2008/1/3
Amazonで購入
フィクションかノンフィクションかと言う問題はどうでもいいです。とにかく、呪術、メスカリト、トリップと来ればどんな内容なのか気にならないわけがないです。で、読んでみましたが、ぶっ飛びました。ストーリーの進め方や、著者が体験した様々な不思議な事が、淡々と客観的に、そして控えめに語られている点が特に素晴らしいです。

それにしても、ドンファンのカルロスに対する愛情が細やかで、「良い師匠だなぁ」と思わずにいられません。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
なのですが、一作目は幻覚性植物についての話が中心なので、拒絶反応を覚える人もいるかも知れません。
でも、そこでやめてしまってはモッタイナイ。二作目、三作目から読みはじめるのもありでしょう。
実話か創作か、の議論はあまり意味がないと思います。
いずれにしろ筆者は何かに導かれてこの本を書いたのであり、この形が唯一の表現方法だったのですから。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告