通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
呪いの心霊解体新書 (M.B.MOOK) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、多少使用感ありますが中の状態は良好だと思います。エアクッションに包んで迅速に発送いたします。よろしくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

呪いの心霊解体新書 (M.B.MOOK) 雑誌 – 2016/7/8

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2016/7/8
"もう一度試してください。"
¥ 760
¥ 760 ¥ 233
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 呪いの心霊解体新書 (M.B.MOOK)
  • +
  • ほんとにあった! 呪いのビデオ 恐怖の最安値版 DVD BOOK (宝島社DVD BOOKシリーズ)
総額: ¥1,407
ポイントの合計: 44pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 雑誌: 45ページ
  • 出版社: マガジンボックス (2016/7/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4906735983
  • ISBN-13: 978-4906735983
  • 発売日: 2016/7/8
  • 商品パッケージの寸法: 29.2 x 20.6 x 0.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
りゅうあちゃんが可愛いですね♪
投稿映像に関しては、他の心霊モノDVDでは観たことないのが多かったのもあり、なかなか良かったですよ。
ナレーションの声がこもってて聞きづらかったのはマイナスポイントかな。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2016年度初?の心霊ムック。ダイアプレスものではあるが、姉妹会社のマガジンボックスからの発売。今回冊子の版型がA4でグラビア風なのだが大判冊子はMBMOOKの扱いになるのかも。
A4サイズでの特典として、付録DVD用のトールケース用ジャケットが折り込まれている。

ムックの方は内容も写真中心で、DVD解説は6P、あとの6割くらいは古今東西の心霊写真紹介、残りは写真大き目の心霊スポット紹介、心霊まんが2本、お払いの読み物3Pで全体でも45ページほど。

DVDの方は昨年のダイアプレスムックの付録とほぼ同じような構成で、投稿系映像と撮りおろし映像を交互に収録している。
順に『海外心霊動画』『投稿映像1』『心霊アイドルりゅうあと行く心霊スポット』『投稿映像2』『謎の貯水池』『投稿映像3』『女芸人決死の降霊術生き人形遊び(改)』『投稿映像4』『アイドル潜入恐怖の心霊宿泊施設』となっている。

『投稿映像』の1,3は新作だと思うが他は再録、1のドライブレコーダー映像は霊の姿が鮮明すぎるかもしれない。

『りゅうあと行く~』は今回のメインで時間も30分を超えたコンテンツ。複数のスポット(線守稲荷、廃ラブホ、小机城址、将門首塚)を巡るが、ロケ時期不明ながら、全編浴衣でレポートするのが割りと良い雰
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告