この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


周助が犇る―但馬の牛の物語 (日本語) 単行本 – 2008/6/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2008/6/1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

山間の但馬に住む人々の貧しさに心を寄せ、牛を改良して現金収入の道を拓き、ついにウィーンの万国博覧会(明治5年)出品にまでこぎつけた―。名牛、但馬牛の改良、繁殖に一身を投げ打った前田周助の波乱の生涯を描く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

前田/利家
1937年兵庫県生まれ。県立香住高等学校を経て、兵庫農科大学畜産科(現・神戸大学農学部応用動物学科)卒。神戸女子大学、神戸女子短期大学助手、専任講師(食品学実験実習担当)、近畿大学付属豊岡女子短期大学講師(食品加工、化学担当)を経て、現在は創造性開発研究所主宰。この間、大豆とナットウの起源を求めて、中国南部、北タイランド、ミャンマーのシヤン高原、インドのアッサム、ブータン王国、ネパール王国などを踏査(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません