Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 200

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[如月 遊季]の告知屋 ~君が見た運命、僕が見る未来~ (impress QuickBooks)

告知屋 ~君が見た運命、僕が見る未来~ (impress QuickBooks) Kindle版

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2014/5/15
"もう一度試してください。"
¥ 200

【無料配信】
東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック。知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な“防災アクション”を多く掲載。Kindle版でいつでもどこでもチェック可能! 今すぐチェック
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

「ライトなラノベコンテスト(※)」二次審査通過作品!
※livedoor Blog&impress QuickBooks主催・2014年3月結果発表。
応募時よりもさらにパワーアップした作品をお楽しみください☆
本文にも表紙イラストを収録。挿絵は未収録です。

●告知屋
   ~君が見た運命、僕が見る未来~

<あらすじ>
何処にでも居るような、何の取り柄もない妄想男。会田美和(よしかず)二七才

そんな彼は、ある日行きつけの喫茶店で不思議な美少女と出会う。
信じがたい事に、この女の子は他人の運命が見えると言う。

果たして彼女に見えた運命とは。そして彼が新たに見る未来とは。

死へと向かう運命に逆らって、美和は三度目の命を拾うべく行動に移るのだが……。


<審査時の講評より>
舞台設定が明確で、分かりやすいです。
ある種の王道設定だが、主人公のフェチズムなどで他作品との明確な分け方が出来ている。特にヤクザ三人のキャラクター設定は、三人共に華をもたせているあたりが本当にうまい。

<著者>
如月 遊季〈きさらぎ ゆき〉
横浜生まれ。横浜育ち。
2014年3月 著書「いつかした、約束を~Another Life~」文芸社 にてデヴュー。
横浜の片隅で、居酒屋と言う名に隠された秘密基地を営む。
お酒の力を操り、社会の裏側を鋭く傍観する小さな独裁者。
その生意気で子供のままの性質は、何時まで経ってもその成長を見ないと他人は云う。

<表紙イラスト>
suama

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2085 KB
  • 紙の本の長さ: 110 ページ
  • 出版社: インプレス (2014/5/15)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00K1E1YVY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 141,224位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
人の死に様が見えてしまう女子高生リサ。
知ってしまったからには救いたい(のに…)

彼女が見た「美和」「弘美」「誠治」「美優紀」の運命をめぐる四章の構成。

主人公の美和(よしかず)は妄想ばかりしている男。
その内面には、幼い頃の辛く苦しい経験により脆さを秘めている。
リサもまた、深い哀しみを持った女の子。
ふたりが出会い、共に「告知屋」としての人生を始めるお話。

以上はざっくりとしたあらすじ。
深いところ、とびきりわくわくする展開をぜひ読んで味わってみてください。
素晴らしい作品でした。

(感想)
お話は、美和の語りで綴られていて
その心を映し出す表現にぐっと感情を持っていかれる。
第一章では、本当に泣けてしまって。。

でもそれだけじゃない
美和の可笑しな妄想や、ユーモアをふんだんに盛り込んで
クスクスと笑えてしまうことは
お話に惹き付けられる要素でもあったけれど、もうひとつ
読者の心を救ってくれているような気もした。

面白かった
ラスボスの誠治さん、好きだな

美和、その調子
リサ、よかったネ

生きる力って
信頼できる者との出会いなんだね
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover