中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 り.えこ書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご検討ありがとうございます。全体的に良好状態です。表面など中品ですので多少のダメージが残っている場合があります。ご理解の上検討お願いします。☆通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

告白 単行本 – 2005/10/8

5つ星のうち 4.4 54件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

告白
 拉致被害者・曽我ひとみさんの夫の半生記。米軍兵として駐留していた韓国から北朝鮮へ渡った理由、曽我さんとの出会い、北朝鮮からの出国などを記す。横田めぐみさんら、他の拉致被害者に関する貴重な証言も出てくる。

 「特権的な暮らしを享受していたとさえ言える」著者だが、それでも、寒さと空腹と不衛生と戦う日々だった。兵士が物ごいに来たり、学校の備品が盗まれないよう、生徒が交代で見張りに立つなど、困窮した北朝鮮社会の実情を振り返る描写が生々しい。

 今の望みは夫婦2人、佐渡で幸せな日々を送ること、娘たちが幸せで充実した人生を歩むことという。「選択の自由がある社会で暮らしていることをありがたく思う」との言葉に実感がこもっている。


(日経ビジネス 2005/12/05 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

韓国駐留の米軍兵だった彼が北朝鮮へ渡った理由、曽我ひとみさんとの運命の出会い、拉致の実態と他の被害者の消息、等々…。沈黙を破り、すべてを明らかにするノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 角川書店 (2005/10/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047915106
  • ISBN-13: 978-4047915107
  • 発売日: 2005/10/8
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 54件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 517,560位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ジェンキンス氏や北朝鮮に対する感想は、他のレビューと一緒。
というわけで、心に残った小さな場面を一つ。

妻が日本へ帰国し、自らも日本へ行くのか朝鮮へ残るか迷うジェンキンス。
そんな彼に、空港へ向かう車に同乗した北の監視員が、家族を愛することへの理解を示す。

ここがずっと頭に残っている。

確かに北朝鮮は、国内・国外情報や世界情勢などを照らし合わせてみると、『異常』としか言いようが無い。
夕方のニュースも「今週の北朝鮮」などの特集で、不気味な人民を映し出している。
いくつかは、何年も前の映像資料だったりするのだが。

私達は昔と比べ『北朝鮮』について多少の知識は持ったものの、『北朝鮮人』についての知識は
無意識のうちに知ろうともしなかったのではなかろうか?

もちろん、北の犯罪や異常な外交姿勢は絶対に許されるべきではない。

ただ、ジェンキンス氏の本の中で、上記のエピソードを含めて『北朝鮮人の人間らしさ』を感じることができた。
ほんの微量だが、希望を見出せた気がする。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
すっと読めるので読みやすいです。ただ、知っている内容とか想像に難くないことばかりだったので普通と評価しました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2006/1/14
形式: 単行本
北朝鮮を覆う貧困や飢え、寒さなどに加え、日常の生活を

監視する指導員の存在など、実際に現地で暮らしてみなければ

決してわからないであろう過酷な生活模様が記されている。

そして、北朝鮮という国がいかに我々の常識から

かけ離れた“異世界”であるかが痛感できる。

ジェンキンス氏、及び彼の娘さんたちと、小泉首相を始めとする

日本側代表団が初めて会った際の激しいやり取り、

そして小泉首相がジェンキンス氏に手書きのメモを渡す場面が

印象的だった。

拉致されたり、騙されたりして北朝鮮に連れてこられた方々の

状況が好転し、それぞれの母国へ一日も早く帰られる日が

来る事を、願ってやまない。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 なかなか公開されなかった拉致の実態をここまで赤裸々に記述した本はない。北朝鮮に40年拘束された本人の直筆による人生がここに記されている。アメリカの貧しい家庭に生まれ軍隊に入り、北朝鮮入りしたジェンキンスさんは、当時、国家ぐるみの監獄に入れられるとは考えていなかったらしい。
 この本の中で登場するジェンキンスさんの妻、曽我ひとみさんの拉致の実態も、ジェンキンスさんの口で生々しく語られている。この本を読めば、北朝鮮の体制がいかに非合理で理不尽かということがよくわかる。北朝鮮に蔓延する賄賂、汚職、収容所の実態、歪みまくった指導者達の考え方と、その中で行き場を失った合理主義者米国人の生き様のコントラストがでていて興味深い。麻酔なしで皮をはぐ手術、同じ米国人に仲間同士を殴らせる洗脳教育など、ジェンキンスさんをして40年もの間「ここは本当の世界ではない」と言わしめた国家の実態がここにある。朝起きると、「コップの水が凍っていた」、「大便を貯めるバケツで飲料の水くみをさせられた」など、生々しい生活の実態も事細かく描写されている。
 急いで出版したからか、ジェンキンスさんの文章がまずいのか、ところどころ幼稚な表現や意味不明な言い回しがあったりしている箇所が、逆に一層リアリティーを増している。一人でも多くの人に読んでもらいたい本だ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ジェンキンス氏のことを快く思わない人も多いかと思います。でも、近代の北朝鮮で何が行われているのかを知るには良い資料と思います。加えて、敢えて誤解を恐れずに言うならば、小説として読むにしてもとても手応えありました。現代の浦島太郎物語と言えると思います。一気に読めます。たんたんとした記述、翻訳にありがちな意味の不明さもなく、その点では気持ち良く読めました。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を読むたびに北朝鮮のニュース映画に映し出された政府専用機の前で風に吹かれる小泉総理や夕暮れのジャカルタの空港での曽我ひとみさんの過激な愛情表現などの出来事が走馬燈のように脳裏によみがえってきます。つい数年前には「北朝鮮が拉致した」という仮説自体がタブー視されていたこと自体日本人として情けなくなります。

北朝鮮の上層部の暴虐非道ぶりや飼い犬同然となった脱走兵仲間との関係、窮乏生活、曽我ひとみさんとの出会いと太い絆で結ばれた信頼関係などがリアルに書かれています。素朴な印象の曽我さんのジャカルタでの過激すぎる行動に驚かれた方もこの本を読めば理由がわかります。まだ拉致被害者も多数残留しておられるようなので割愛された内容もあるようです。無事解決の折には続編が読めますように・・。お幸せに。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー