告白 【DVD特別価格版】 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

5つ星のうち 3.8 323件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 2,190 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 834 (28%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で告白を今すぐ観る ¥ 300 より

DVD・ブルーレイ冬の大セール 50%OFF以上多数(2017年1月31日まで)
セール対象商品はこちら: 70%OFF以上50%OFF~70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1,000円以下ブルーレイ 1枚1,500円以下1月のおすすめ BOX商品セール ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 告白 【DVD特別価格版】 [DVD]
  • +
  • 悪の教典 DVD スタンダード・エディション
総額: ¥5,172
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 松たか子, 岡田将生, 木村佳乃
  • 監督: 中島哲也
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2011/01/28
  • 時間: 106 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 323件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0046ZSS2C
  • EAN: 4988104063168
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 11,673位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

2010年最大の衝撃作、遂にリリース!

[R15+]破格の大ヒット!興行収入38億円突破!公開4週連続第1位!
『下妻物語』『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』の中島哲也監督作品歴代No1の興収を記録!
286万部突破のベストセラーを中島監督と松たか子、そして37人の13歳がDVDで告白!

【キャスト】
松たか子 岡田将生 木村佳乃
【スタッフ】
監督・脚本:中島哲也/原作:湊かなえ「告白」(双葉社刊)/主題歌:Radiohead 「Last Flowers」
【ストーリー】
ある中学校、雑然とした教室。
終業式のホームルーム。1年B組、37人の13歳。
教壇に立つ担任・森口悠子が語りだす。
「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、
娘は事故で死んだのではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです」
一瞬、静寂に包まれる教室。
物語は「告白」から始まる。

【映像特典】予告・特報

(C)2010「告白」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『嫌われ松子の一生』などの話題作を世に送り出す奇才・中島哲也監督が、湊かなえのベストセラー小説を映画化。「生徒に娘を殺された」という女教師の告白から始まり、殺人事件に関わった登場人物たちの独白形式で構成される衝撃作。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
この映画は誰にでもある狂気を極限まで高め表現している。
特に、松たか子の演技は素晴らしかった。極限まで高められた狂気を実にうまく演じている。

そもそも、復讐というのは標的の大切ものを知らなければならない。なぜなら、それを失うことで相手は絶望するからだ。間違っても、安易に相手を殺していけない。なぜなら、皆が、自分の命が大切なわけではないからだ。
相手を知り、想い、破壊する。この過程を映画だからできる手法で表現している。

コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
シングルマザー教師の復讐劇…という内容にひかれなかったので劇場へは足を運びませんでしたが、ソフトになった機会に鑑賞して作品の質の高さにビックリしました。

登場人物たちに「告白」で紡がれる本編は静かでありながら最後まで息を緊迫した一級のサスペンスです。
予想外だったのは「犯人を見つけ出す」のではなく、冒頭から犯人が分かっていて、松たか子の復讐が始まることです。

派手なアクションや奇抜なミステリーによるサスペンス映画はよくありますが、本作のように静かなミステリーは初めてです。
復讐を企む松たか子の終始淡々とした語り口調が映画の雰囲気を盛り上げています。

脚本、演出にはよく練り上げられていて僅かな手落ちも感じません。
アメリカでのアカデミー賞では外国映画部門のノミネートは逃したようですが、日本アカデミー賞で作品、監督の両賞を受賞したのも当然でしょう。

松たか子の演技は秀逸です。知性と理性そして狂気と内に秘めた怒りを同時に演じています。
ハリウッドのリメイクオファーがきているとのことですが、松たか子の雰囲気を出せる女優は残念ながらハリウッドにはいないのではないかと思います。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
映画で観ましたが全体的には良作だと思います。
ですが分かりやすさを追求しているのか?、所々抽象的に表現しすぎていて「命」をテーマにした作品なのに少し現実味が足りないように感じられました。ようは話を端折ると女教師の復讐劇です。何度も観たいとは思わないですが;加害者の少年やクラスの生徒たち、罪とは殺人とはどういうことか、ストーリーはなかなか考えさせられるものがあるので今度は小説を読んでみたいです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
少女公開が近づいてきたので同じ湊かなえの本作品を視聴。
原作は読んでいません。

告白というタイトルが合っている。
1つの殺人事件に潜んだ様々な真実や思惑をそれぞれの人物の視点からの告白により徐々に明らかにしていく構成。
本当のことが分からない学校生活という狭いようで底の見えない舞台設定が、人が抱く悪意の告白に恐ろしさを感じさせる助けになっている。
雰囲気は冷静さと大胆さが両立していて私の好きな感じ。

森口先生の人物像はなかなか凄みがある。少年法の適用を避け、より犯罪者を苦しみに追い込む執念深さ。けれど、人が悪者に対して望む措置ってけっこうみんなこういうことなんじゃないかとは思ったなぁ。

橋本愛がかなり画になっている。彼女が映るだけで体感で2度ほど涼しくなるようなクールさ笑

話の構成も見事で演者も申し分なし。ラストは衝撃。邦画の魅力が存分に出てる良作でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」
我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。

TVのCMを観て面白そうだなと思ったので観てみました。

受け持っているクラスの生徒に娘を殺されたという「告白」から始まる冒頭の展開の緊張感がすでにクライマックスのようで、
「この先どうなるのか?」と思いながらも「犯人は実は違う人だったという展開なのか?」と言った先入観が働く面白さがある。

話自体は、淡々としながらも心理的な動揺を使った巧妙なる復讐劇なのですが、
松たか子と言う配役だけでなく、生徒や、生徒の親である木村佳乃の演技や配役、
表情やテンションなども現実味があって良かった。

先生が放つ、最後の「なんてね」という言葉の意味について、
牛乳に入れたというHIV感染の血が嘘だったように、
最後の爆発も嘘だったのではないかと感じられる。
「命の重さ」について、「大切に思ってる命は軽くない」という意味に捉えられた。

飽きさせないための演出で生徒が踊りながら歌を歌ったり、
温かみのある懐かしい青春映画のような描写で日々を綴ったりと
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック