告白 【DVD特別価格版】 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,798
通常配送無料 詳細
発売元: くじらRecords【土日祝日も休まず発送しまッス!!】
カートに入れる
¥ 2,798
通常配送無料 詳細
発売元: 前田本舗 メーカー直送
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

5つ星のうち 3.8 338件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 2,798 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 226 (7%)
ポイント: 34pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、media pandaが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 2,722より 中古品の出品:21¥ 760より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で告白を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 告白 【DVD特別価格版】 [DVD]
  • +
  • 白ゆき姫殺人事件 [DVD]
総額: ¥5,261
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 松たか子, 岡田将生, 木村佳乃
  • 監督: 中島哲也
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2011/01/28
  • 時間: 106 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 338件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0046ZSS2C
  • JAN: 4988104063168
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 2,628位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

2010年最大の衝撃作、遂にリリース!

[R15+]破格の大ヒット!興行収入38億円突破!公開4週連続第1位!
『下妻物語』『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』の中島哲也監督作品歴代No1の興収を記録!
286万部突破のベストセラーを中島監督と松たか子、そして37人の13歳がDVDで告白!

【キャスト】
松たか子 岡田将生 木村佳乃
【スタッフ】
監督・脚本:中島哲也/原作:湊かなえ「告白」(双葉社刊)/主題歌:Radiohead 「Last Flowers」
【ストーリー】
ある中学校、雑然とした教室。
終業式のホームルーム。1年B組、37人の13歳。
教壇に立つ担任・森口悠子が語りだす。
「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、
娘は事故で死んだのではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです」
一瞬、静寂に包まれる教室。
物語は「告白」から始まる。

【映像特典】予告・特報

(C)2010「告白」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『嫌われ松子の一生』などの話題作を世に送り出す奇才・中島哲也監督が、湊かなえのベストセラー小説を映画化。「生徒に娘を殺された」という女教師の告白から始まり、殺人事件に関わった登場人物たちの独白形式で構成される衝撃作。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
やや奇をてらってる感がある。湊かなえらしさが出ていて面白い。

ちなみに、リバースなどと異なり、この作品の主人公らに最後まで救いは全くない。
ダークな作品になっているので、見る人もそれ相応の気持ちでみた方が良いと思う。

いじめの描写にせよ、マザコンにせよ、承認欲求にせよ、かなり誇張されている。
その意味で、この映画はフィクションである。
こぎみよいフィクションが、良いテンポで進んでいく映画。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
最後の最後に、こんな大どんでん返しが待っているなんて!!!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
湊かなえ原作、松たか子主演ということ以外何の基礎知識も無しに鑑賞しました。

何だかJ-POPのPVみたいな幻想的で現実離れした映像。
ストーリーも、人が次々に殺されるけど警察があまり出て来ないという非現実的な感じで、一種のイメージ映像かという印象。

松たか子は無表情で淡々とセリフを語る役どころで演技が上手いのか下手なのかよく分からない。
殺人を犯した生徒2名の母親役はどちらも名演技。
途中から出てくる「ウェルテル」という教師もあまりに戯画的で現実味が無い。

ただ後半からの畳みかけるような展開にはやはり引き込まれ、映像的にも美しかった。
残酷シーン(殺人・いじめ)やHIVに対する偏見を助長するような場面があるので、中学生以下の子供には見せない方が良いでしょう。

エンドロールで生徒役に「能年玲奈」の名を見つけ、慌てて冒頭から早送りで探したが、顔が出るのは一瞬でした(^^;)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 爆破シーンの映像の美しさは一見の価値ありです。
 スローモーション映像が逆回転され時間を遡っていくその映像の美しさ、そして時計がとまり再び時間が進行していく過程の描かれ方はゾクゾクするほどの映像美です。
 本作は、原作を随分昔に読んでストーリーを知ったうえでの鑑賞となりましたが、ストーリーを知っていても十分映画の世界に浸ることができます。
 上記の爆破シーンや松たか子の静かながらも切れた目の演技なども勘案すると原作以上の出来映えといえます。
 松たか子は、最近DVDで観た「夢売る二人」での演技に感心し、彼女の出演している他の作品を観てみたいと思い本作にたどり着いたのですが、本作での出番は他の主演映画に比べると少ないものの、彼女が登場するだけで映画が映える存在感がありますね。
 主題歌に使われたレディオヘッドの「Last Flower」も映画の雰囲気によくあっています。
 レディオヘッドの曲は結構いろんな映画で使われているように思いますが、トム・ヨークの歌声に映像喚起力があるのでしょうね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
復習や愛、集団心理、人間の心理など引き込まれる90分弱でした
同じ思いを味合わせる、そんなことをしても意味がない、でもこのまま終われない、成し遂げても虚しさが残る
そもそもそんな感情が馬鹿馬鹿しい…いろんな思いが混ざり合って森口は復讐を果たす
見ていて陰湿で爽快で残酷で心臓がギュッとなる映画でした
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
松たか子の語り口がとても印象に残る作品。家族や人との関わりを考えさせられる映画です。決して楽しい話ではないのですが後味の良い終わり方だと感じました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mike 投稿日 2016/7/16
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
娘を殺された怒りが最後の最後まで続き、昨今のクソ生意気な中学生に仕返しするところが、スッキリしました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
湊かなえ『告白』を監督中島哲也が映像化した作品。

【下記ネタバレを含みます】

スローシーンが多いなぁという印象。あと液体が飛び散るシーンのなんと多い事。監督が個性を出すのはいいのですが、しつこいと映画は長いから観辛いです。前半スローシーンを控えておけば、ラストに母親が爆破に巻き込まれてしまう個所が引き立ったのに、もったいない。

松たか子の演技が良かったです。前半早々からの長台詞。ワンシーンで撮ってるわけじゃないけど、まだ温まっていない観客を言葉だけで映画の中に引きずり込んでいくのはそう簡単ではないはず。「こんなクラス、普通無い。」ってくらいナメられてる先生ですが、最後まで観ると教師として、母として、周囲の人間を巧みに操り自分の思う結果に持って行ったところは崇高ですらある。

木村佳乃はこういう気品があって、綺麗で、でもなんかズレてて無力な役をやらせると右に出る者は居ない嵌り役。 芦田愛菜ちゃんは無駄遣いじゃないかって位個性が出てないけど、2010年にはドラマ『Mother』を撮ってたから、こっちは「出てるだけ」って感じだったのかも。

森口が小さな子供に飴を渡され、後に涙するところ。子供と指が触れたか触れなかったかは分からないけど、目の前に娘と同じ柔らかさがあって、でも永遠に掴めない苦しさ。あれは辛いね。。。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。dvd 邦画

関連商品を探す