中古品:
¥97
お届け日 (配送料: ¥257 ): 5月20日 - 21日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 1997年1刷 帯付(すれ) カバー付 比較的きれいな商品です。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


告白の記 逢いたい―夫・石原裕次郎と生きて… (日本語) 単行本 – 1997/7/1

5つ星のうち4.0 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本 ¥1
単行本, 1997/7/1
¥97
¥88
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「自分史が書けたら…」かつて石原は、そういったことがあります。日記を付けていたのは、いずれ書くつもりだった、自分史の貴重な資料にするつもりだったのかもしれません。もし書いていたら、どんな本になっていたことでしょう。石原が果たせなかった自分史の夢を、なにかの方法で探れないものだろうか。その思いが、再び私に筆をとらせるきっかけとなったのです。日記のほかに、未公開の個人アルバムもあります。この日記とアルバムを繋げることによって、石原の自分史の輪郭が、少しでもイメージ出来るかもしれません。どう石原が生きてきたかを…。そうすることによって、いまも石原を愛して下さっている皆様方に、素顔の石原をもっと身近に知っていただくことが出来るかもしれません。日記の行間と、セピアの写真に写った石原の心情をご説明できますのは、その時代を共に生きた私の務めでもあるような気がするのです。石原が何を考え、何を求め、どのような人生を過ごしてきたかを、私の言葉で伝え残してあげられないものだろうか。私自身の自分史に重ねながら…。それが“告白の記”に至る経過だったのです。

内容(「MARC」データベースより)

夫・裕次郎との思い出を豊富な写真とともに偲ぶ。青春時代の素顔が詰まった『裕次郎記念アルバム集』、昭和36年の骨折事故での入院中の日記、昭和46年の胸部疾患での入院中の闘病日誌や、ハワイの別荘「天国の家」も公開。

登録情報

  • 出版社 : 主婦と生活社; 新装版 (1997/7/1)
  • 発売日 : 1997/7/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 215ページ
  • ISBN-10 : 4391120577
  • ISBN-13 : 978-4391120578
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
3 件のグローバル評価
星5つ
66%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
34%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年1月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年7月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入