通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
告発 児童相談所が子供を殺す (文春新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、概ね良好なコンディションです。コンディションガイドラインに沿って販売、比較的状態の良いものを選んで販売しております。●消毒後に防水封筒もしくはOPP封筒等にて防水加工した状態で送付いたします。原則2営業日以内に出荷致します。日曜・祭日、連休は不定期で出荷します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

告発 児童相談所が子供を殺す (文春新書) 単行本 – 2016/9/21

5つ星のうち 2.3 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 311

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 告発 児童相談所が子供を殺す (文春新書)
  • +
  • 徹底調査 子供の貧困が日本を滅ぼす 社会的損失40兆円の衝撃 (文春新書)
  • +
  • ルポ 保健室 子どもの貧困・虐待・性のリアル (朝日新書)
総額: ¥2,526
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【最後のセーフティーネットは穴だらけ――元職員が覚悟の告発!】
全国207カ所の児童相談所(児相)が2014年度に対応した児童虐待の件数は、前年度比1万5129件(20.4%)増の8万8931件に上ります。1990年度の調査開始以来24年連続で過去最多を更新。死亡したのは36例39人。心中が33人、それ以外が36人となります。
虐待された子どもの「最後のとりで」となるのが児童相談所です。必要があれば親と引き離したり、一時保護所で預かったり、訪問やカウンセリングをして安全を確保する役所―ーのはずなのに、「児童相談所に何度も通報していたのに虐待死してしまった」という例が後を絶ちません。なぜ、〝最後のセーフティーネット〟は虐待を見過ごしてしまうのでしょうか?
児童相談所の多忙、人手不足、専門家の不足、ハード面の限界は各メディアでも言われていますが、それは本質的な問題ではありません。本書で取り上げる問題の一例は――。
・心理的虐待、ネグレクトなどの相談終了の判断基準は「死ぬことはないから」
・虐待は手間と時間がかり責任を負いたくないので、学校、保育園などに押し付ける
・役所の中で児相は超不人気部署。“お役所体質”の問題が凝縮
・相模原市の児相談所が女子9人を全裸にして身体検査した事件は他でも起こり得る
なぜ虐待が起きるのか、見過ごされるのか、どうしたらいいのか? 著者は19年にわたり心理司として児相に勤め、2000人以上の家族と接してきたプロフェッショナル。15万部のベストセラー『教室の悪魔』を記したカウンセラーが、子どもたちの悲痛なか細い声を交えながら、満を持して問題のすべてを論じます。

内容(「BOOK」データベースより)

何度も通報されていたのに、虐待が見逃されるのはなぜなのか?最後のセーフティーネットであるはずの児童相談所は今、子供を救う場所ではなくなっている。親の言うなりになる児童福祉司、いつも満員で入れない一時保護所、虐待親の心理など、元職員が非情な現場を告発する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/9/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166610902
  • ISBN-13: 978-4166610907
  • 発売日: 2016/9/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 128,574位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
児童福祉司として某自治体で働いています。
読ませていただいて、著者は子どもを思う気持ちが児相としての組織決定に反映されず、日々憤りを感じていたのだろうと感じました。
文中から熱い気持ちが伝わってきました。児童心理司として、子どもの代弁者として熱意をもって働かれていたんでしょうね。

東京ほどの規模だと児童福祉司の担当するケースは膨大で多忙を極めると思います。おそらく家庭生活に支障が出る程度の残業が続いている職員が多いのではないでしょうか。
そのような状況のなかでは、児童福祉司が熱意や希望をもって仕事をするのは困難だと思います。結果として離職率が高くなり専門技能が職場に蓄積されず、さらに虐待対応が甘くなる…悪循環になっているのではないかと思います。

違和感を感じたのは、そうした状況に憤りを感じながら児相で管理職を目指さずにカウンセラーとして開業をされた点です。

それほどの熱意があるならば児童福祉司を経験し、いずれは児相幹部になり、児相の組織を変えていただきたかったです。それが児相に関わる子どもを一番多く救う方法なのではないでしょうか。
児童福祉司を経験していないのに(していたらごめんなさい)児童福祉司の失敗例を寄せ集めにして簡単に批判し過ぎています。

児童福祉
...続きを読む ›
1 コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
児童相談所といっしょに仕事をすることもある医療職です。現在の問題点や提言が書いてあるのかと思いきや。ひどすぎます。ひたすら「児相」は無能でやる気なくてだめな役所、私だけが子供の味方というスタンスで驚きました。この人は「自分が失敗した」と思うケースがなかったとでもいうのでしょうか。
「先生だけが味方だった」と尋ねてきてくれだとか。「心理検査と心理職が一番」といわんばかりの書き方も「心理真理教」で納得いきません。不幸にして帰宅させたところ亡くなった子供、などのケースは何も心理の先生でなくとも皆後悔と「ではどうすればよかったのか」という思い、親と時には対立してでも子供を守りたいという思い(この辺自分以外は皆親の味方、といわんばかりですが)などを痛恨の思いで抱えながらも次々に対応を迫られるケースの山・・
親とかかわる立場の人と子供にかかわる立場の人の役割分担の見直し、人員不足を何とかすることなど具体的な対策にはあまり触れられていません。
殴りこんでくるような親もいれば絶対親子分離を拒絶する親もいます。ある程度強権発動できるような体制と、その後の職員と子供の保護ということも考えるべきです。
ここまで児相「のみ」責めて自分は美化する姿勢に驚きましたが、ご自分のカウンセリングルームをお開きになったとのことでなるほどこれは「営業」だ、と
納得いきました。この本を読んだ方にお願いします。うのみにしないでください。あと児相は訴訟起こしてもよいくらいのレベルだと思います。
2 コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
インパクトあるタイトルで手にとってみましたが、内容は読む価値がないなと思いました

児相の職員が印象だけで虐待の重篤さなどを判断してる、もっと専門的に判断すべき、と訴えています。
しかしその根拠は、私はこんな職員を見たから、周りにこんな職員ばかりだったから、という統計的根拠もない、それこそ著者の印象、主観レベルのお話に過ぎません

著者は、これを皆が読めば、子供を救う方向に日本が進むと本気で思っているのでしょうか?
私にはこの本と著者からは、そんな未来は見えませんでした
1 コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ふわとろオムライス トップ1000レビュアー 投稿日 2016/10/16
形式: 単行本 Amazonで購入
著者は心理学の専門家を気取っているが、専門家ではない。
あくまでただの「元・公務員」に過ぎない。(児童心理司という資格はない。そして著者は臨床心理士を取得できてすらいない)

本書を一言でいえば、著者の「怒り」だ。
自分の言うことを聞いてくれなかった同僚の「児童福祉司」らに対する、愚痴がベースとなっている。
わかりやすく言うなら、「私の話聞いてよ!」、「私の言うことに従ってればいいのよ!」
それ故に残念な作品となってしまった。

曲がりなりにも公務員として児相を経験した著者なので、著者しか書けないことはあったと思う。また、心理屋としてセンスを感じさせる記述も散見される。そんな著者だからこそ、児童相談所をよりよくするためにもっと書けたことがあったはずだ。書き方というものがあったはずだ。

だが、自身の病理にひきづられ、「児童福祉士がいかに無能」で、「児童心理司である自分がいかに有能で正しかったか」を証明することが真の目的となってしまった。著者自身も気づいていないだろうけど。

本当に心理学のプロであれば、「心理検査をすれば虐待されているかどうかは一発でわかる」なんて発言はしないし、してはならないだろう。

本当に恐ろしいのは、このような人物を即刻
...続きを読む ›
1 コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー