Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 880

¥ 70の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[室谷克実]の呆韓論
Kindle App Ad

呆韓論 Kindle版

5つ星のうち 4.3 120件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 880
新書
"もう一度試してください。"
¥ 950 ¥ 1

紙の本の長さ: 256ページ 呆韓論と類似の本

商品の説明

内容紹介

「ジャパン・ディスカウント」運動はいったいいつまで続くのか。そもそもあの国は「自由と民主主義」の価値を同じくする国ではない。
正統性が疑われる朴槿惠政権、両班根性丸出しの国連事務総長、対馬の領有をも主張しはじめた「脳内ファンタジー史」……“外華内貧”に象徴される日本人には理解しがたい“文化”と“感覚”をかの国の報道からつまびらかにする。
妄想と暴走に振り回されないために知るあの国の病巣。

内容(「BOOK」データベースより)

“普通の国”だと思ったら大間違い!これでもまだあの国につき合いますか?すべての問題の根源と責任はかの国の病にある!ベストセラー『悪韓論』の著者最新作。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 13252 KB
  • 紙の本の長さ: 256 ページ
  • 出版社: 産経新聞出版 (2013/12/9)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00LJKE3O4
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 120件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 90,435位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 アメショのチロ #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/12/6
形式: 新書
夕方、近所の大型書店に足を運ぶと、本書が平積み3列で並べてありました。
「日本の空気もずいぶん変わったものだな」
閣僚の発言に韓国が噛みつき、責任を取らされ辞任を繰り返していた
そんな不毛な時期を知っているだけに、幾らか感慨深いものがあります。

時事通信のソウル特派員として1980年から駐在し、軍事独裁政権真っ只中の
韓国を知る室谷克実氏。その軽妙な文体で描かれる悲喜こもごもの韓国人のメンタリティー。
前著「悪韓論」は韓国の公式データ、新聞発表の数字の引用が多く、ある程度彼らへの知識がないと
スンナリと理解するには難しい内容だったかと思うのですが、今回は著者が実際に体験した事柄、
古代からの文献、大手紙の社説、記事などからの引用で構築されているため、
「奇妙な隣国」をこれから知ろうとする読者にも取っつきやすい内容だと思います。

それにしても日本に対する非常識な言動、行動、国家単位での
無礼千万の数々を引き起こすエネルギーはどこから湧いてくるのだろうか。

オ・ソンファ氏も指摘しているけれど、小中華思想による甘えからきているのではないか
中国は長兄として反発はしにくいが、日本には歪んだ優越感を抱いている
...続きを読む ›
3 コメント 953人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mana 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2013/12/16
形式: 新書 Amazonで購入
本当は現在の韓国のような国は相手にしないのが一番いいのでしょうが、
隣国ともなるとそうもいきません。
また、現在の韓国のように積極的かつ組織的に日本に対するネガティブキャンペーンを展開している場合には、
これに反論していかなくてはそれが世界の常識になってしまうという頭の痛い問題もあります。
(無関係な国で慰安婦像を乱立させているのがいい例です。その国にとっても迷惑極まりない話でしょうが…)

但し、韓国のことを書いた本の中には嫌韓のあまりに正確でない記述が多いものも見受けられますので、
そういった意味では、室谷氏の本は比較的冷静で(時にユーモアを交えていますが)、可能な限り論拠も示しているので、
韓国がどういう国か知るのに適していると思います。

そして内容を読んでみると……案の定、実態はひどいです。
他の方が既に色々書かれているので割愛しますが、
私が一番ひどいと思ったのは日本海の呼称を東海(トンヘ)と強引に変えようとしている点です。
このようなことが許されるなら、世界中で類似の紛争や領土問題が起こりかねません。
一体どのような理由で、歴史的伝統的に世界中で使われてきた地名の呼称を一方的に変える権限が韓国にあるというのでしょうか?
...続きを読む ›
2 コメント 159人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
以前は、中国や韓国のことを悪く言えば、歴史を知らないとか
隣国を蔑むのは駄目とか。民族差別とか
まあ、要するにともかく許されないって空気があった。
そして最後に出るのは、お互いをよく理解しあうことが大切だとの言葉だ
非常に良識的な意見かも知れないが、しかし考えてみるがよい
人間同士、例え家族であっても、何の争いもなく理解し合うことが出来るかどうか。
そもそも相手の悪いところを知る事が出来ない人間に、相手の長所を理解する事が出来ようか
隣国を知るとは、相手の悪いところも良いところもちゃんと語る事が必要ではないでしょうか
そのように論じたい。

一般のメディアや世論が、上記のような、一つの強迫観念にも似た
良識論に染まり。韓国などの隣国を悪くいえない空気が出来てしまっていた
その反発としてネット上で、嫌韓・反中が広がった。
特に嫌韓が著しい広がりを見せたのは、韓国のやり方のあまりの幼稚な姿を知ったからだろう

韓国では反日なら、どんな嘘でも行為でも許される空気がある。
そのために歴史捏造など常に行っている。
対馬が韓国領土との主張など最たるものだ
歴史的に対馬が韓国の領土になった事は一度もない。ただ、朝鮮半島
...続きを読む ›
コメント 769人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 森  雄吉 投稿日 2014/2/26
形式: 新書 Amazonで購入
時宜を得た本です。ベストセラーは当然でしょう。この英訳を米国で販売したら日本が売春婦問題で怒っているのが分かるでしょう。都合の良い幻想で歴史を作る韓国であることを米国も認識すべきです。
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover