通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
呆れた哀れな隣人・韓国 (WAC BUNKO 24... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。クリーニング済!24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。【検品担当者より】丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。日本郵便ゆうメールにて毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

呆れた哀れな隣人・韓国 (WAC BUNKO 248) 新書 – 2016/12/24

5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2016/12/24
"もう一度試してください。"
¥ 994
¥ 994 ¥ 88

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 呆れた哀れな隣人・韓国 (WAC BUNKO 248)
  • +
  • 「トランプ大統領」から始まる中国大乱
総額: ¥2,074
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

利権と占いの大統領「朴槿惠よ、お前もか」
かつて『醜い韓国人』の刊行に関与し、韓国の文化・政治にも詳しい加瀬英明さんと、韓国生まれで、日本の大学に学び、日韓文化の違いを身をもって体験し、『攘夷の韓国開国の日本』で山本七平賞を受賞している呉善花さん。そんな二人が、スキャンダルまみれで朴槿恵大統領が辞任する背景にある、韓国の歴史・文化の根深い恥部・後進性を徹底解剖。

呉善花
「韓国は表面上は日本のようだけれども、消費社会の皮を一枚剥がすと北朝鮮そっくり。朴槿恵は百年以上昔の閔妃の再来のようなもの」

加瀬英明
「『反日』を愛国心のシンボルにするしか生きていけない韓国は、まるでアンデルセンの『裸の王様』みたいな国。滑稽というしかない」

はじめに──占い政治で韓国を愚弄した朴槿惠………………………呉 善花

第1章 「反省」が嫌い、「一番」が好きな韓国人の哀しい性
韓国ドラマは刹那的快楽そのもの
日本をウサギのウンチに見立てて喜ぶ
「何が何でも、日本に勝ちたい」
韓国はどこから独立したかも知らない韓国人
誇れない歴史から日本憎悪に走る
スターリンもびっくり? 「親日反民族法」
そして誰もいなくなる?

第2章 韓国は「肩書」が大好き
泣き方が足りないと非難される
馴れ馴れしくなれない日本人は冷たい?
親しき仲なら、人の弁当に手を出す
爆弾酒に射精酒、そして「一緒に死ぬまで飲もう」
「竹島くらいくれてもいいでしょう」
「慰安婦像」は賠償金をもらう手段
両班は二階に昇れない
「社長」と呼ばれたい韓国人
金父子は李朝の王様、李氏朝鮮にそっくり

第3章 「見かけ」がすべての韓流
韓国では「見かけ」が勝負
韓国人にとっての「恋愛の世界標準」とは
「口説き」はストーカーでやってくる
「負けるが勝ち」は理解できない韓国人
アッと驚く結婚後の豹変
「初夢は豚」が理想
「祭祀をすること」の重み
苦労の門が、ほのぼのと見えてくる
それは怖すぎる──「独身の霊」「処女鬼神」

第4章 「整形」「造花」が大好きな韓国人
左右対称が一番美しい
一流レストランでも什器はプラスチック
韓国に老舗がない理由、山に木がない理由
茶道は半島から伝わったというのはウソ
大統領も二重まぶたに整形する国
「八方美人」は最高の褒め言葉
中間色(日本)vs原色(韓国)

第5章 韓国人は「ハングル」に固執し文化滅亡
ハングルが愛国の柱
日本語なくして韓国語は喋れない
でも〝愛国〟も日本語ですよ
韓国文化の破壊は進む一方
ハングルを普及させたのは日本人
「対馬」はダメでも「独島」くらいくれる?
韓国人の価値観は常に「オンリー・ワン」

第6章 「ガツン」と一発言わないと聞く耳持たない韓国人の傲慢
政治的につくられた奇妙な反日感情
醜い〝良心的日本人〟が日韓関係を歪めた
チンピラヤクザみたいな政治的主張
もっとガツンと言って欲しい!
親日と反日が同居する矛盾
「反日」は韓国人の〝ドリンク剤〟

第7章 忘恩の彼方──朴槿惠政権に期待せずで正解
朴正熙政権が反日教育をした
「安倍首相はshameful」「韓国は売春大国」と主張する米国紙
「漢江の奇跡」は日本の援助のおかげ
「鳥もネズミも知らない内に」
「ハシタ金では足りない。もっとよこせ」
韓国では「匠」は尊敬されない?

第8章 韓国は「賄賂天国」「自殺大国」「売春立国」
典型的な反日世代だった朴槿惠
亡母・陸英修に似せてみたものの
北朝鮮がうらやましい理由
強者への憧れと尊敬
父・母&祖父・父の三位一体
ワイロがはびこるのは国民性
韓国も北朝鮮も〝子供の国〟
〝性売買〟に熱心なのはどっちだ?
「竹島を北の核基地にすればいい」
「聖地コンプレックス」に悩む韓国人
儒教の国なのに自殺率世界一
もはや「裸の王様」

第9章 いずれエラそうに泣きつくクセに……
安倍総理を操る黒幕と呼ばれて
悪魔の黒幕・呉善花
処女を拉致、慰安婦にした?
米軍基地村の「洋公主」
ベトナムには韓国兵が生ませた子が数万人もいる
年間七千万ドルの国家産業
カラオケボックスでも売春
美を磨くために性産業に進出
身体障害者にツバを吐く

第10章 親日派を売国奴と呼ぶのが唯一の「元気の素」
韓国国歌作者は「親日派」だった
〝ムード〟に動かされやすい
韓国には『WiLL』がない
安倍総理はスーパー毛虫扱い
「親北朝鮮=反日」を唱えだした
韓国の北朝鮮化がすすんでいった
「反日をすること」自体が目的
「間」をおくことができない

おわりに──「不思議の国・韓国」が李朝を復活すれば…… ……加瀬英明

著者について

呉 善花(お・そんふぁ)
1956年、韓国生まれ。拓殖大学国際学部教授。大東文化大学卒業。東京外国語大学地域研究科修士課程修了。韓国時代に四年間の女子軍隊体験がある。大学院時代に発表した『スカートの風』がベストセラーに。『攘夷の韓国開国の日本』で山本七平賞を受賞。著書『私はいかにして「日本教徒」となったか』『「見かけ」がすべての韓流』(ワック)ほか多数。
加瀬英明(かせ・ひであき)
1936年、東京生まれ。評論家。慶應大学経済学部卒業後、エール大学、コロンビア大学に学ぶ。『ブリタニカ国際大百科事典』初代編集長を経て、評論家として活動。映画『プライド 運命の瞬間』(1998年)、『ムルデカ 17805』(2001年)の監修も担当した。著書『中国人韓国人にはなぜ「心」がないのか』『いま誇るべき日本人の精神』(ベスト新書)ほか多数。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 232ページ
  • 出版社: ワック (2016/12/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4898317480
  • ISBN-13: 978-4898317488
  • 発売日: 2016/12/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.3 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 43,728位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 韓国出身で日本に帰化した呉善花氏と、国際問題について幅広い知識を有する加瀬氏が、韓国人の幼稚で歪んだ感情や、日本人とは大きく懸け離れた国民性などにつき、縦横に語り合った一冊。巻末の断りによると、2011年11月から2013年11月まで「歴史通」に掲載された対談をまとめて加筆修正したものとのことであるが、古さはなく、ごく最近行われたもののような感じすらある。呉善花氏が、相変わらず「侮日」という言葉を繰り返し口にしている点には違和感を覚えるものの、両氏の呼吸が合い、両氏の間に終始和気藹々たる雰囲気が流れており、最後まで面白く通読することが出来た。
 本書を読み、改めて思ったのは、日本人とあの国の人間とでは、感受性や考え方があまりにも隔たっているために、一般に思われているよりもはるかに広い場面で互いの間で誤解や無理解や擦れ違いが生じているようだ、ということである。一例を挙げると、所謂「慰安婦問題」で、日本側は、丸く収めようという意図のもと、お詫びの言葉を述べ、頭を下げ、金を払い、これで相手はこちらの誠意を受け留め、納得してくれるだろう、と考える。しかし本書によるとあの国の人間は、相手に下手(したて)に出られ、労せずして金を貢いでもらえるということは、それだけ自分に人望があり、周囲の尊敬を集めている証拠だ、と考えるため、日本側の意図は全く通じない。それどころか、日頃の劣等感を癒
...続きを読む ›
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
日本で一時期よりは減ったものの、TV欄を見れば今なお韓国ドラマがいくつか放映されている。
ドラマに登場するおしゃれなカフェ、美男美女(いずれも整形)の恋物語あるいは、歴史上の勇敢な(勇敢だということにしてある)登場人物などなど、これだけ見ていたら、現実の韓国のことはわからない。韓国紙幣にもなってる偉大な王様テワン・セジョンだって、本当のところは・・・?!
そして今、北の脅威そっちのけで、パク大統領弾劾にやいのやいのお祭り騒ぎの本質も、TV新聞からだけではわからない!
さらに過去を振り返って、この国の救い難い問題点、おぞましさを検証し、現在進行形の話題にも及ぶ渾身の一冊!
日本に帰化した呉さんと、近代外交史の大御所加瀬さんが韓国を徹底分析。読めば読むほどに、あの国には呆れ、哀れを覚えました。
あとがきで加瀬さんが「日本から天皇がいなくなるようなことがあれば日本は韓国のような国になる」と書かれている。天皇陛下おられればこそ日本は日本であることを、ひしひしと感じる読後感でした。

追記・陛下から紫綬褒章を賜りながらその後、自分のコンサートで陛下を侮辱した男性歌手がいることに、私はショックを受けた。
この歌手は勲章を自分の尻ポケットから取り出して、オークションにかける真似をしたり国旗に×印を入れた事が動画からも
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
韓国関係で必ず出てくるのは
その異様な国民性と長い間中国の属国であったため
文化も歴史もないところから来るコンプレックス
最近は、美容整形、韓国ドラマ、K-POPなど
韓国関係の本を読めば、他の国とは違い
政治的な要素も歴史的な要素も学問的な要素も
少なく、非常にお粗末な国と言う印象だけでしたが、
この本はやんわりと韓国と言う国の本質的な問題を
指摘してありましたが、
日韓合意での韓国側のあまりにも稚拙なやり方は
もはやこの国には一切関りたくない
もうたくさんであり、呆れたとか哀れとかと言うレベルではなく
面倒で厄介な国であり、日本人には全く理解できない国だと言う事が
よく分かりました。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
外交評論家の加瀬氏と韓国系で現在拓大(?)の先生の呉さんの共著、内容的には日本と比較すればいろいろ非常識なことだろうけど、あの民族と意識して読めば大体日本社会で人口に膾炙する常識範囲内。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
韓国通で売られる加瀬氏と、元韓国人でもある呉善花さんとの自由闊達な対談集だ。占いや整形にこだわる民族性など、個人の趣味の範囲内かもしれないが、それが公的な政治の領域にまで進出してくると、いささか疑問を抱かざるを得ない。中国と日本にはさまれ、ある意味での劣等感や優越感を対日心理として持ち続けてきている韓国に対しては、やはり「呆れる」ことも多い。「哀れな」と思わざるもえない。もちろん、それに比べて日本人が優秀というわけでもないが、「他山の石」として眺めつつも、こういう民度の国にはならないように自戒したいものだと思った。朴大統領に代わって、左翼リベラルというか親北朝鮮派の大統領が生まれる危険性も指摘されている。呆れてばかりはいられない。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー