Kindle Unlimited読み放題の対象です
中古品:
¥7
お届け日 (配送料: ¥250 ): 9月27日 - 29日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆◆◆おおむね良好な状態です。中古商品のため若干のスレ、日焼け、使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

吸血鬼のひめごと3THE Secret of the Wish (電撃文庫) 文庫 – 2008/7/10

5つ星のうち5.0 1個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥7
¥1

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

かつての湯ヶ崎での生活を取り戻すため、舞はレレナを手に入れようと学校生活に入り込んできた。そして、レレナが自分のもとに来なければ、日常を壊すと宣言する。大切な人を失いたくないレレナだが、舞の言葉に従うこともまたできないのだった。そんな時、ツキシマがレレナと朧にあるゲームを持ちかけてくる。それは、戦いの決着を朧とツキシマの『命』によって付けようというものだった。哀しき過去に立ち向かうレレナが下す決断とは!?『吸血鬼のおしごと』続編、激動のクライマックス。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ アスキーメディアワークス (2008/7/10)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2008/7/10
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 文庫 ‏ : ‎ 337ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4048671332
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4048671330
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2008年7月9日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 3巻にして驚きの完結。
ユーザー名: 綾宮琴葉、日付: 2008年7月9日
もう完結?!と、短くて驚きました。もう少し読みたかった。
今作は“願い”をテーマに最後まで書き綴ったシナリオもさることながら、とても悲愴的であり情熱的であり人間くさいというか、ともかく難しい作品になった印象があります。
シリーズの締めとしては十分な内容の一冊だと想います。作者曰く「一応」シリーズ完結だそうです。続編は”今”は考えてないとか(笑)

内容は貧サイドとレレナと朧サイドの決着。レレナを追い詰めれば自分をすがってくると貧(雪村舞)は考え、ツキシマをレレナにけしかけた・・・。
「『ゲーム』をしようじゃないか。」
レレナの前に突然現れたツキシマは言った。
「それで決着を付けよう。」(レレナ君を傷付けないために・・・。)
貧によって創造され逆らえないツキシマは、レレナを守るために命令をゆがめて実行。レレナと朧に向かってそう提案した。

レレナと雪村舞と月島亮史。彼女たちは2年前仲間だった。二人が亡くなるまでは。
貧は雪村舞の死骸と一つとなり、それによって二人は歪んで蘇った。過去に引きずられつつも決着を付けなくては、今を生きるレレナは先を生きていくことができなかった。

サイドキャラクターたちもとても色々な物語があって、前作「吸血鬼のおしごと」のSP(短編集)のようにスピンオフ作品が欲しい所です。
青磁を時田の屋敷から託されて、立派な男子に育てると決めたたまの想い。
千霧の顎に隠された食べ物への執念と青磁に抱き始めた恋心。
レレナをはじめ、貧(舞)やツキシマの願いなど色々と考えたりもしましたが、予想よりもだいぶ綺麗な形で終わったのには驚かされました。しかしとても悲しいお話になってしまったと思います。
この完結の仕方は賛否両論になりそうですが、私はこの終わり方は必然といいますか、これしかなかったかと思います。多少無理やりではあったと思いますが・・・。
少しだけですが、ツキ(猫)が出てきたのは嬉しかったです。次回作楽しみにしています。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告