中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。u2553_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

吸血鬼のおしごと―The Style of Vampires (電撃文庫) 文庫 – 2002/4

5つ星のうち 3.8 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

湯ヶ先町に住む月島亮史は、夜間バイトで生活費を稼ぐ何の変哲もない青年にして、その正体は吸血鬼。使い魔の猫・ツキと共に、それなりに平穏な毎日を送っていた。そこに突然現われた幽霊少女・雪村舞、そしてシスターのレレナ。居候同然に月島家に住みついてしまった二人の少女は、亮史を数々の騒動に巻きこんでしまう。さらに正体不明の化け物“蜘蛛”なるモノも現われて…。第8回電撃ゲーム小説大賞選考委員奨励賞受賞作。魅力的なキャラクター達が大活躍!期待の新人・鈴木鈴が贈るファンタジック・コメディ。


登録情報

  • 文庫: 311ページ
  • 出版社: メディアワークス (2002/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840220727
  • ISBN-13: 978-4840220729
  • 発売日: 2002/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,177,956位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
平安の時代から日本の闇を生きてきた吸血鬼、使い魔の黒い化猫、惨殺された少女の幽霊、そして魔物を狩ることを使命としたシスターの物語。こう書いてしまうと、間違ってはいなんだけど、この本の内容とは異なったイメージになってしまうのが、この本のおもしろいところかもしれない。
見た目は普通、というより青白い顔色が病気持ちのようにみえなくもない若い男がいちおう主人公。実は二千年の時を生きる吸血鬼だったりするんだけど、今は人のように生きていて、夜のバイトで日銭をかせぎ、24時間営業のコンビニができたことにうれしくて涙していたりする。昔はともかく、いまはやさしく、ぼけぼけな性格で、ぜんぜん吸血鬼っぽくない。
使い魔の黒猫は、化け猫のくせにあたりいったいのボス猫として君臨していて、人間の世界のわきで、猫のドラマが進んでいく。
魔物を狩りをめざすシスターは、箱入りで世間知らずな15歳の少女にすぎなくて、なりゆきで吸血鬼とはしらずに主人公の家に転がり込むことに。
前半は、ちょっと変わった登場人物たちのほのぼの?とした出会いと日常。そして徐々に忍び寄る非日常。主人公の力に引き寄せれた魔物にシスターの少女がさらわれて、ぼけた主人公が重い腰をあげて久しぶりにその力のすごさをみせつけたり、久しぶりにみる吸血鬼としての主人の姿に使い魔の黒猫くんが大喜びしたり。そして少し予定調
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 隠遁生活をしている吸血鬼、不幸な事故で幽霊になった美少女、ローマから来た箱入り娘のお嬢さん。
 設定からしてベタベタですが、そこらにゴロゴロ転がっているライトノベルとは違います。
 設定はしっかり構築されてあり、かつそれに溺れることもなく。
 文体は愉快この上なく、まさに「ライトノベルの面白さ」が存分に味わえる作品だと思います。
 途中で飽きさせない話の展開からして、作者の力量を感じます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 とりあえず、中身が何もありません。ただ猫がつまらない会話を交わしているだけであり、主人公は寝ているだけだし、ヒロインは道に迷っているだけです。

 しかも、ヒロインと主人公が本当に出会うのは最後の最後。おまけに展開としてもありきたりすぎて悲しくなります。明らかに続編を書こうとしていて、投稿したときとあからさまに話の内容が変わっているのがまるわかりです。

 ラノベもいいけど、上遠野浩平とか、秋山瑞人とか、古橋秀之とか、才能のレベルが違う人がたくさんいますしね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
久々に吸血鬼ものを手にとって読んでみたら、軽快な文章で
しかも、感情がストレートに伝わってくるので、キャラクターに
感情移入がしやすい、挿絵も綺麗だし、猫もででくるし
あたりの本でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
久々に吸血鬼ものを手にとって読んでみたら、軽快な文章で
しかも、感情がストレートに伝わってくるので、キャラクターに
感情移入がしやすい、挿絵も綺麗だし、猫もででくるし
あたりの本でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告