通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯無し】中古としては使用感は少なく概ね良好な状態です。●Amazon専用在庫 ●全品簡易クリーニング済 ●防水ビニール包装発送 ●通常ポスト投函、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり) ●付属品はある場合にのみその旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ●シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ●Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ●コンディション記載と著しく違う際は返金・交換対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2) 文庫 – 2016/6/23

5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 6
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)
  • +
  • 僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)
  • +
  • 拝啓、十年後の君へ。 (メディアワークス文庫)
総額: ¥1,956
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に揺れ動いていることが実証された世界―― 両親の離婚を経て父親と暮らす日高暦(ひだか・こよみ)は、父の勤務する虚質科学研究所で佐藤栞(さとう・しおり)という少女に出会う。 たがいにほのかな恋心を抱くふたりだったが、親同士の再婚話がすべてを一変させた。 もう結ばれないと思い込んだ暦と栞は、兄妹にならない世界に跳ぼうとするが…… 彼女がいない世界に意味はなかった。『僕が愛したすべての君へ』と同時刊行

内容(「BOOK」データベースより)

人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に揺れ動いていることが実証された世界―両親の離婚を経て父親と暮らす日高暦は、父の勤務する虚質科学研究所で佐藤栞という少女に出会う。たがいにほのかな恋心をを抱くふたりだったが、親同士の再婚話がすべてを一変させた。もう結ばれないと思い込んだ暦と栞は、兄妹にならない世界へ跳ぼうとするが…彼女がいない世界に意味はなかった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 253ページ
  • 出版社: 早川書房 (2016/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150312346
  • ISBN-13: 978-4150312343
  • 発売日: 2016/6/23
  • 梱包サイズ: 15.9 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,131位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
並行世界が人々に認識されている世界観と言うのが素敵でした。
途中主人公の一途さがちょっと怖かったですけど…交差点で待たされている彼女の事を考えれば当たり前なんでしょうね。
SFが苦手な方でも、ビールの泡の例えで並行世界への行き来の仕組みを説明されているのでとても分かりやすいです。パラレルワールド物は大好きなのでとても楽しめました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「僕が~」と「君を~」がお互いを補完しあっており、ストーリー・設定、共によかったです。
オススメです!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
些細な違いから大きな違いまで、平行世界があると分かっていく世界でのお話。

こちらはただひたすらに目的を貫くお話。
一途な思いが人を狂信的にさせるさまをマジマジと見せられました。
リアリティがあり、狂信故に周りが見えていない様が1冊でも十分に伝わりましたが、もう1冊読んだ後の今は更に感じました。

もう1冊の「僕が愛したすべての君へ」を先に読むかこちらを先に読むかで感想が変わってくると思います。
私はこちらを先に読んだので、「僕が愛したすべての君へ」はエピローグのような気持ちで読めましたが、逆から読むとまた違った感想になると思います。
両方にそれぞれの(わかりやすい)伏線もあるので片方読んだ方はもう1冊も読んでみてはいかがでしょうか。

個人的には、こちらを先に読むとSFチックな楽しみ方が、僕が愛したすべての君へを先に読むと恋愛系の楽しみがあるのではと思います。
続き物として上下としてないのはそういう楽しみ方を想定されているのではないでしょうか。
レビューのすすめにしたがって読むのもいいですが、今回は自分の好きな方から読むのはいかがでしょうか。

ちなみに、記憶を消して読みたいというのは激しく同意します。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 私の場合こちらをあとに読みました.
主人公アクセル全開です.
話のテンポがスムースにという訳ではありませんが,やみくもに,我武者羅に全開という印象を受けました.
この物語,対になる別な物語,そこにIPという装置が出来ています.
絶対的な併行世界の位置を示すものではなく元いた場所をゼロとするというのが面白いです.
ツッコみどころはありますが,楽しませてもらいました.
「不可避の事象半径」とはよく言ったものです.この表現が面白いと感じました.

 誠実であるがゆえ,切実さを感じさせるという意味ではこちらの本に分があると感じました.
「僕が愛したすべての君へ」を読んでしまっているからかも知れません.
但し,どちらを先に読んでも面白いと思います.
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 JackD 投稿日 2017/4/15
形式: 文庫
詐欺ってほどじゃないんだけども。事件がおこったSIPを考えると範囲内にいる僕は同じ行動をとるわけだから「君を愛した(ある範囲の)すべての僕へ」になるはずだよね。
どっちを先に読むかとか帯にありますがぶっちゃけ1冊1日あれば余裕で読めますのでそんなにこだわらなくてOKです。上下巻(違うのか)とも読みましたが合本で1100円税込ぐらいが適正価格かと思います。この手のものは読んでいて「ああ、これが次巻に関係するんだな」「伏線回収!」とわかってしまうのが欠点。あまりその辺の隠し方がうまくないくバレバレなのでめくるめくパラレルワールド世界を想像されると肩透かしをくらいます。読後感はいいですよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
私は初読の時は「君を・・・」を先に、再読の時は「僕が・・・」を先に読みました。順番はどちらでも良いかなと思いますが、他の方が書いてるように、こちらを先に読むと、作中に出てくる用語などの理解度が高まります。2冊とも恋愛小説プラスちょっとハードSFといったところでしょうか。主人公の、ほぼ一生涯に渡って書かれているので、私のようなオッサン(笑)でも感情移入できます。老若男女関係なく、切なくなれるのではないでしょうか、おススメです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー