通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
君の膵臓をたべたい (双葉文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ひらすま書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2017年1刷カバー帯つき。カバーに若干のスレはありますが、その他は概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

君の膵臓をたべたい (双葉文庫) 文庫 – 2017/4/27

5つ星のうち 3.3 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 590

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 君の膵臓をたべたい (双葉文庫)
  • +
  • 虚ろな十字架 (光文社文庫)
  • +
  • リバース (講談社文庫)
総額: ¥2,102
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。
それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。
読後、きっとこのタイトルに涙する。デビュー作にして2016年本屋大賞・堂々の第2位、
75万部突破のベストセラー待望の文庫化!

内容(「BOOK」データベースより)

ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて―。読後、きっとこのタイトルに涙する。「名前のない僕」と「日常のない彼女」が織りなす、大ベストセラー青春小説!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 328ページ
  • 出版社: 双葉社 (2017/4/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575519944
  • ISBN-13: 978-4575519945
  • 発売日: 2017/4/27
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 127位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
主人公が人と余り関わりたく無い系の典型的ラノベの主人公。
ヒロインが病気で余命宣告。
恋愛を知らない主人公が知らないうちに惹かれている(推測)のは面白かったです。
竹宮ゆゆことか好きな人にはいいかも?
主人公が本能の赴くままにぶち犯していたら星5でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
文章が恐ろしく稚拙。ライトノベルよりも陳腐な表現ばかり。
大人が読むものではない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
生きるとは何か、今過ごしている日常は当たり前ではなく、キセキの連続なのかもしれないと考えさせられる作品でした。とても心に響く作品です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この小説を落とした出版社の目は正しいと思います。
とても評判が良く期待して読んだけどつまらなすぎて100ページ辺りで読み進めることが出来なくなりました。
登場する高校生がみんな幼すぎて中学生にしか見えないのは作者の精神年齢が中学生で止まってるからでしょうか?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
【僕】の名前を明かさない意味はなんだったのか分からず、、
他の方のレビュー見たら皆さんそこには突っ込んでないので私だけかな、、
ラストも【僕】がどのようにして変わったのかもう少し詳しく知りたい。心境の変化が突然に感じたし、自分を変えたいと願った【僕】が具体的にどういう行動をとって恭子やガムの子と仲良くなったのかすごく気になる!

あんまりスッキリしないのに悲しい終わり方だったな〜

あとあんまり関係ないけどタイトル「食べたい」じゃなくて「たべたい」なの意味があるのかな〜

わからん!

読み終わってから余韻に浸るような作品ではなかったな〜
2 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
それから判断してください。ブームになった理由は分かる。私的には好きではない。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 望都 VINE メンバー 投稿日 2017/5/2
形式: 文庫 Amazonで購入
いわゆるラノベもセカチューも読んだことはない一読者ですが、タイトルに惹かれて購入。ネタバレは避けるとして、「このタイトルに涙する」(帯より)ことはありませんでしたし(そもそも文中で最初から何度も出てくる表現なので)、二人の関係性や様々な状況設定をはじめとして構造的に、人間関係論的に「薄い」或いは「弱い」と思われる部分が多かったのもその通りかとは思いますが、253頁以降は素直に何度も涙がこぼれました。不条理とは正にこういうことを云うのではと・・・・・・

「・・・・・・そうじゃなくて、春を選んで咲く花の名前は、出会いや出来事を偶然じゃなく選択だと考えてる。君の名前にぴったりだって思ったんだ」(216頁)

傍から又は本人から見て「偶然」と思えることであっても、選択の結果としてそこに立ち至ったのであればそれはある意味「必然」である、ということについても改めて考えさせられましたね。こういう小説、私は好きです。

それにしても、文中では「食べたい」という表記なのに(例えば、4~6頁、178頁、239頁)、書名では「たべたい」となっているのには何か意味でもあるんでしょうか。妙なところが気になりました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
稀有な設定がありきたりな日常に紛れ込んでいて、重たいテーマが際立つこともなく、いつの間にかストーリーを追うことに夢中になっていた。
特に二人の会話は、得てして高校生の時は誰もがそうであるように、回りくどさがなく直接的で、むず痒くなるかのように共感出来た。

この物語に従うならば、これは恋愛小説でもなければ、感動小説でもないのであろう。
それでも、読者は恋の気配を感じているし、いつの間にか涙している自分に気付く。

「仲良し君」が言っていたように、誰もが小説や映画のように最終章を迎えるわけではないことが、まさにこの本の全てではなかろうか。
読後、若干の消化不良はあるものの、それもまた、終わりがどこか分からない、そんな死生観を綴ったこの物語らしさなのではないか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前半は誰しもが経験のある女の子とのイチャイチャ特にホテルでの一夜は高校時代に誰もが経験する内容で、昔の記憶が呼び起こされるようでした。そういった経験のない方だと、もしかすると途端に読めなくなるのかもしれませんね。
後半に関してはタイトルがそう繋がるのか、といった感心もありなかなか楽しめました。
大人でも若い頃の感情が思い出されて気軽に楽しめる本だと思いますが、青春真っ只中の中高校生に特におすすめの小説ですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告