通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
君の膵臓をたべたい がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

君の膵臓をたべたい 単行本 – 2015/6/17

5つ星のうち 3.8 332件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 807

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 君の膵臓をたべたい
  • +
  • また、同じ夢を見ていた
  • +
  • よるのばけもの
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。
それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。
【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語。
全ての予想を裏切る結末まで、一気読み必至!

内容(「BOOK」データベースより)

偶然、僕が拾った1冊の文庫本。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった―圧倒的デビュー作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 双葉社 (2015/6/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575239054
  • ISBN-13: 978-4575239058
  • 発売日: 2015/6/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 332件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 394位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
いろいろ中途半端でしたね・・・。
主人公の名前を伏せてる特別な意味があるのかと思いきや・・・。
旅先の地名を伏せる意味も分からないし、その方法も雑。
タイトルの「君の膵臓を食べたい」が何度も出てきて興ざめ。
良く分からない日本語もしょっちゅう出てくる。
張られた伏線を回収できていない。
そもそも病気だという割にはずいぶん元気なようだし・・・。
自費出版ならともかくこれが編集者がついて出した本で良いのか? という印象。
中・高生向けの恋愛小説だと思えば十分な内容かも。
コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 あらすじや帯の感動や号泣の文字から何となく嫌な予感はしたもののタイトルに惹かれ拝読。
 正直に言って、『君の膵臓をたべたい』というフレーズを考えついた時点で著者の成功は確定していた作品だと言えるだろう。逆を言えば、中身が全くタイトルに追いついていない。
 タイトル・装丁・あらすじから、大方予想できる通りの、『恋空』や『世界の中心で~』、に代表されるような【難病モノ】である。それ以上でもそれ以下でもなく、こちらの想像の域を超えてくれなかった。
 正直、物語序盤で使用される「君の膵臓をたべたい」という一文が、終盤で全く違う意味を持つのでは?という、それ一点だけを期待して読んでいたのだが、それもなかった。
 あえて言えば、ヒロインの最期の扱いについては少し予想外ではあったが、だからといって特段物語に重要であったかというとNOである。
「君の膵臓をたべたい」というこのフレーズだけで引っ張っている作品なので、その他に特筆して語るべきところがない。
 むしろ、登場人物達の描写の酷さが際立つ。主人公もヒロインも、私には彼らの魅力が理解出来ず、感情移入出来ない。何故、彼が彼女がお互いに惹かれたのだろうか。主人公は特に酷く、素人が書いた出来損ないのラノベ主人公ような性格であり好意も共感も持てない。まぁ、こいつなら学校で友達もいないだろうな
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ストーリーは良いしタイトルも俊逸。しかしながら文章が恐ろしく下手。
句読点の滅茶苦茶な文章、純文学もどきの表現にラノベを融合させた文体。
例えるなら、良い曲を作ったけど音痴だったミュージシャン
書店に並んでいる小説は読みやすくて当然だという自分の固定観念を打ち破ってくれた一冊です。
数多のプロの作家さんは文章が上手だったのだと改めて気付かされました。
でも作者は悪くありません。何度も小説のコンテストに落ち続けたのに、それでもこの作品は皆に読んでもらいたいという熱意と作品愛から無料でネット公開されていたそうですので、むしろ良心的で好感が持てます。
ストーリーは万人受けする内容ですから映画化やアニメ化、コミカライズのどれもが成功する事でしょう。
 では何に対して憤っているのか?
それは出版社に対してです。
担当編集者がいるはずなのですが、何故コンテストに落選していたのかを指摘してあげた上で大幅な改訂を作家と一緒になってやらなかったんだ!
この作品をそのまま出版した双葉社は小説という物を愛して無いのでしょうか?
より良い作品にして世の中に送り出そうという良心は無いのでしょうか?
低評価の人を批判している星5評価が多かったので疑問に感じて調べてみると双葉社の社員数が164人
 そういうことか・・・
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
好きな人に勧められて読みましたが、あまり面白くなかったです。若干ご都合主義気味。内容も描写もとても浅いです。身内がすい臓がんで亡くなっており、一緒にはできないとは思うのですが、病気をタイトルにもしているのにちっともその病気にリアリティがなく、ファッションとしての病気を感じました。ティーンノベルのような感じは読みやすく若者受けするのかもしれませんが、ある程度の物語を読んでいる人にはかなり物足りない作品だと思いました。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
敢えての星3つです。以下は個人的な意見ですので御参考程度に。先ず、他の方も言っているように、タイトルは良いです。ですが、それ以上でも以下でも無いです。他のレビューに、読み終わってタイトルを見たら鳥肌が立つという意見がありましたが、私は全く立ちませんでした。ラノベ調の青春小説に、病気や生死をテーマに入れたような内容です。文章は余り凝った表現が無く、良く言えばわかりやすく、悪く言えばありきたりです。その部分はデビュー作ということもあってまあ大目に見れます。また、後半から文章力も少し付いたように(偉そうにすみません)感じるので、途中からは然程気になりません。生死に関しても、この人は近くにこういう人が居たのか、取材をしたのだろうか?と思える程には心揺さぶられる言葉が綴られていました。生きるということ、死ぬということ、少し私の中でも考え方が変わるような一冊でした。ですので、途中迄は評価5.4を付けてもいいかな…?と思う作品だったのですが、最後の展開にガッカリです。ネタバレになりますが、通り魔は伏線があったので誰か身近な人が被害に…?とは思っていたのですが、まさかこうなるとは。悪い意味で、期待を裏切られましたね。作者さんが伝えたかったことはわかるのですが、この二人にはもう少し違った結末があったのでは…?この二人には、もっと他に伝えられる形があったはずだと勝手ながらに思います。実に勿体無い展開。...続きを読む ›
コメント 218人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック