通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
君と会えたから・・・ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【外観】:可(小キズ、小シワあります) 【本文】:良() "ビニールで防水し、ゆうメールにて発送いたします。 記載ない限り帯や付属品、特典等はございません。 Amazon基準の範囲内で細かく状態を記載しておりますが当方のチェックミスやお客様の判断と異なった場合、ご相談ください。 その際はお手数ですがAmazonメールフォームよりご連絡くださいませ。"
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

君と会えたから・・・ 単行本 – 2006/7/10

5つ星のうち 4.6 136件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,469
¥ 1,469 ¥ 689

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 君と会えたから・・・
  • +
  • 「手紙屋」
  • +
  • 手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙〜
総額: ¥4,709
ポイントの合計: 144pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

将来に対する漠とした不安を抱えながらも、自分のやるべきこともやりたいことも見つけられずに何もせず、無気力に過ごしていた平凡な高校生の僕のもとに、ある夏の日、美しい女の子がやってきた。そして、彼女から、その後の僕の人生を変える教えを聞くことになる。いつしか彼女に恋心を募らせていた彼の前に次第に明らかになっていく彼女の秘密とは……

著者からのコメント

誰かの死を哀しいだけで終わらせてはいけない、生きることに振り替えなければ、そう言う想いからこの作品は生まれました。「あなたは今生きている、だからなんだってできるんだ!」僕は僕の身近にいたある人達からこのメッセージを受け取りました。そして、一度しかない人生だからこそ、自分らしい最高の一生をおくってほしいという僕なりのメッセージを込めてこの作品を書きました。この作品が少しでも、若い方たちが生き方について考えるきっかけになってくれれば嬉しいです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2006/7/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4887594801
  • ISBN-13: 978-4887594807
  • 発売日: 2006/7/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 136件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,998位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
職業柄たくさんの本を読む方だと思うのですが、最近の中でも本当に特別感動しました。

「○○の教え」とか「自己啓発書」なんて本の帯に書いてあると、それをみて敬遠したくなる人も多いのではないかと思うのですが、そんな風に肩肘張って読むものではないと思います。読み始めると普通に途中で止められなくなって一気に読み終えてしまうと思います。ちなみに私は渋滞の車中で読み切っちゃいました(笑)。

読後ものすごいエネルギーが体の中に宿っている感覚を味わいました。

今までこのようなレビューを書いたことはないのですが、なんだか一人でも多くの人にこの感覚を味わってほしくて書いてみました。興味があって迷っているなら私は本当にオススメします。

筆者の喜多川泰さん本当にありがとうございます。

少なくとも1360回はありがとうって言いたい気持ちです(笑)
コメント 160人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本との出会いがきっかけで

私の人生はかなり大きく変わったといっても過言ではありません。

年齢を問わず、絶対に人生のバイブルとなりうる本だと思います。

男性が書いたとは思えないほど、やさしい語調。

それでも、とても説得力のあるものです。

特に、人生これからという中高生には絶対お勧めの一冊です。
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今まで数々の自己啓発系の本を読みましたが、この本が一番良い。
なぜなら、実現可能だからだ。
筆者の魂の叫びを聴いた気がした。
とにかく最高の一冊でした。

めったに読み返さないのに、読み返している。
いつまでも手元に置きたいバイブルである。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本の素晴らしいさは、商品説明や、ここに書いてある皆さんの書評からもうかがえることだと思います。

本書の著者喜多川さんは高校生など若い人に、いかに素晴らしい人生を送ってもらうかをテーマに本を書いているとありますが、

私はあえて本書を世で働く中高年のお父様方に読んでもらいたいと思います。

若いころは自分の夢を持ちそれを語り、追いかけ、「いつかきっと・・・」という思いで過ごしてきたと思いますが、

社会に飛び立って忙しい日々に追われ現実の厳しさを知り、いつの間にか自分の「夢」を口にすることが無くなってしまった今現在。

もう一度あの若かりし日に見た眩しい未来を、胸の高鳴りを思い出す意味で本書を読んでみてはどうでしょうか。

夢を追うのに年齢は関係ないと思います。本書でうたわれている手法は自己啓発の中では確かなものです。

本書の中に出てくる7つの教えの一つである「人生で確実なことは死ぬこと」が示しているように、それ以外のことはすべて不確実です。

自分の夢が叶うことも不確実ですが、その逆に叶わないという事もないのです。

いや、叶うことを諦めなければ、夢はいづれ自分の手の中に納められると思います。
...続きを読む ›
コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「君と会えたから」は私が喜多川作品を知ったきっかけの本です。
友人から勧められて何気なく手に取ったのですが、一気にハマってしまいました。
一人ダダ泣きしながら2度読みした事を思い出します。
いまでも大切な人にはこの本をプレゼントしています。大人も子供も楽しめる一冊です。
中高生にももちろんオススメなのですが、子を持つ親世代にも読んでいただきたいと思います。
喜多川先生の良さがグッと詰まった一冊です。
心からお勧めします。「賢者の書」とともに喜多川さん原点の作品です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一気に読んでしましました。
多分1時間くらいだと思います。
これまで「手紙屋‐蛍雪編」を読んでいますが、喜多川泰さんの本は爽やかな空気が流れている気がします。
登場人物ハルカが魅力的です。
主人公ヨウスケとハルカの会話は赤線を引きたくなる箇所が多々ありました。
後半は涙が出てきて、泣きながら読みました。
なかなかこんなことはありません。
「もしドラ」よりもずっと泣いていました。
「自己啓発本」の一言ではではすませたくないような、あくまでも自発的に、今すぐにでもできる方法が書かれています。
自分との葛藤や、生きる意味について悩んでいる人を助けてくれると思います。
自分が高校時代に読んでいたら…と思ってしまいました。
でも、今の自分にこそ必要だったんだと感じます。
これは電子書籍ではなく、本(紙)で読みたい作品です。
ふさわしいおまけがついていて、これが効いています。

本とは出会う時期があるといいますが、私にとって人生で出会えて良かった一冊になりました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー