通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
君が泣くなら最後まで (角川文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし、カバーに多少スレキズあります。メール便で発送いたします。 店舗併売につき売り切れの場合はご容赦ください。その際はご注文をキャンセルさせていただきます。お客様ご都合のご返品の場合、送料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

君が泣くなら最後まで (角川文庫) 文庫 – 2012/9/25

5つ星のうち 1.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 555
¥ 555 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 君が泣くなら最後まで (角川文庫)
  • +
  • 君の中で果てるまで (角川文庫)
  • +
  • 君がやめてとねだるまで (角川文庫)
総額: ¥1,665
ポイントの合計: 27pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

佐内朋貴、十八歳。家庭教師の梨乃と上京してから、セックスに溺れる日々が続いていた。引きこもりだった朋貴を救った梨乃だが、実は叔父の功児とも関係を持っていて……。破滅と官能の三部作、堂々の完結編。

内容(「BOOK」データベースより)

佐内朋貴、19歳。引きこもりの朋貴にとって、若き家庭教師・梨乃は唯一の救いだった。ある日、衝動を抑えきれず梨乃を押し倒そうとした朋貴はあっさりと反撃にあい、彼女の目の前で自慰を強要される。恥ずかしくて死にそうだったのも束の間、やがてやみつきの快感を覚え、朋貴は性の奴隷となってゆく。淫らな梨乃の登場で、一見平和だった佐内家は軋み始め、破滅へと突き進む。オリジナル官能シリーズ第3弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 246ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012/9/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041004748
  • ISBN-13: 978-4041004746
  • 発売日: 2012/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 421,703位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
1
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
申し訳ないですが、人物描写とかあまりにも稚拙だと思いました。官能小説なので感情の機微みたいなものは重視されないのかもしれませんが、肝心の性行為の表現も文学的な素養を感じませんでした。 これがシリーズものというのが疑問です。家族を題材にしたところは良いと思います。しかし、せっかくのいい設定を活かしきれていなかったかなというのが感想です。 世の中にはもっと優れた作品がたくさんあります。どんなジャンルであれ素晴らしい本だと言えるものを世に伝えるのが出版社の仕事ではないでしょうか。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告