君がそばで(通常盤) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 971
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: LILY TREE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

君がそばで(通常盤) Single, Maxi

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,080
価格: ¥ 974 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 106 (10%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 971より 中古品の出品:7¥ 249より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 華原朋美 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 君がそばで(通常盤)
  • +
  • 君がそばで(初回限定盤)
総額: ¥2,265
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2016/5/11)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Single, Maxi
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック
  • 収録時間: 20 分
  • ASIN: B01CT5NQIQ
  • JAN: 4988031145708
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 211,798位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 君がそばで
  2. 風の色
  3. 君がそばで (Instrumental)
  4. 風の色 (Instrumental)

商品の説明

メディア掲載レビューほか

華原朋美の2016年第1弾となる作品は、約1年ぶりのオリジナル・シングル。タイトル曲は、『猟奇的な彼女』のヒットで知られる韓国の巨匠クァク・ジェヨン監督によるラブコメディ映画『更年奇的な彼女』の日本版主題歌。20年という活動を経て、今だからこそ歌うことができるどこまでも真っ直ぐで純真な愛情表現が込められた、涙腺を震わすラヴ・バラード。カップリング曲「風の色」は、同じくクァク・ジェヨン監督の映画『風の色』の主題歌。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
朋ちゃんの新曲は極上のバラードでめちゃくちゃいい曲です。                                                            ぜひ聴いて見てください。今の朋ちゃん最高です。 
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
まず前置きとして、こちらではなく、初回限定盤を買わないと損をすることを記しておく。

復帰して『夢やぶれて』が素晴らしかった彼女。たぶん理由は「別れの歌」であったと考えられる。小室サウンドでどんどん高い音域を歌わされた頃の時代はそれでよかった。しかし、今は「癒やし」を求められる時代である。例を挙げると手嶌葵のように、歌が押しつけにならない歌唱法である。また、白鳥英美子のように、アカペラで「アメイジング・グレイス」を歌える歌唱力。
カヴァーアルバムを出し続けていたが、山下達郎氏曰く「オリジナルとケンカして勝てるっていうのが僕がカヴァーするときの条件ですね。オリジナルと勝負して完敗するようなのはダメ」
彼女のカヴァーアルバムは、はっきり言うが、完敗していた。アレンジもひどいものであった。これが本人の希望だったのか、プロデューサーか、武部聡志氏のものなのかわからないが、全く方向性を間違っていた。
Superflyが『The water is wide』をカヴァーしているのも、とてもカーラ・ボノフにはかなわない。完全に完敗である。
カヴァーアルバムを続けて出した理由は、彼女にとってのリハビリか、もしくはこれから進むべき方向性を模索していたのではないかと思う。それならそれでも良いのだが、アレンジが騒がしすぎて、聴いていて疲れてくる。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す