通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
向ヒ兎堂日記 1 (BUNCH COMICS) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

向ヒ兎堂日記 1 (BUNCH COMICS) コミックス – 2012/11/9

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 向ヒ兎堂日記 1 (BUNCH COMICS)
  • +
  • 向ヒ兎堂日記 2 (BUNCH COMICS)
  • +
  • 向ヒ兎堂日記  3 (BUNCH COMICS)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 187ページ
  • 出版社: 新潮社 (2012/11/9)
  • ISBN-10: 4107716848
  • ISBN-13: 978-4107716842
  • 発売日: 2012/11/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
ここ数年で一番ハマった超絶おススメ作品です。

個人的には雰囲気が「乙女妖怪ざくろ」と「夏目友人帳」に似てると思いました。
内容的にもこれら作品と共通する部分があったり、絵の雰囲気とか、各話で伝えたいこと、とか。

もちろん、上記にあげた作品とこの作品は全く違うもの。
この作品は貸本屋が舞台。
明治文明開化、でも妖怪関連を取り締まる動きが強まっている、少し不思議な時代。
そんな中、妖怪が見える店主と、彼の店にいるいろんなタイプの妖怪たち。
そして、そこを訪れたり、彼らが出会う人々。

一話一話に、何か訴えたいようなメッセージぽいものがあり、読むたびに気持ちが温かくなり、そしてちょっと悲しくなったり。

このマンガに出会えてよかった〜と、心底思える一冊でした。
今後も長く続いて欲しいです。

空きぺージに描かれているラフ画がどれも可愛いです!
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 satoru 投稿日 2012/11/12
形式: コミック
 妖物の漫画といえば最近では夏目友人帳が有名ですが、この作品は一つ一つの物語に謎がつまっていて飽きないです。ほっこりする物語というよりは、謎、謎と話を読めば謎ばかり増えていきます。ですのでまだ一巻ですがとても先が気になります。絵は好みの問題ですが時代が明治ということで作風にあっていると思います。妖物中心に読んでいる方はありきたりと思うかもしれませんが個人的にはよかったです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この作家さんは、ねこぱんちで知りました。
絵柄が可愛らしく好みです。
お話は一話一話はあっさりしているようで、謎が詰まっている、読み応えがあります。
登場人物も謎が多く、続きが気になります!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告